冬は、空気の乾燥により体から水分が失われやすいのに加え、喉が渇きにくいなどの理由で夏場に比べて飲料摂取が少なくなることから、日常的に脱水のリスクにさらされています。日常生活では、白湯などで水分を意識的にとり、大量に汗をかいたときはスポーツドリンクで水分と塩分を補給しましょう。特に小児や高齢者では脱水症のリスクが高く、注意が必要です。


■冬の脱水とは?
●日常の乾燥と水分補給不足が脱水を招く
脱水というと、夏のイメージが強いかもしれませんが、実は冬でも脱水を引き起こすリスクがあります。冬の日常生活において脱水が生じる機序を、体の周りの環境(外的環境)と体の内側の環境(内的環境)に分けて説明します(図1)。

外的環境による機序として、まず空気の乾燥が挙げられます。現代の住宅は気密性が高く、エアコンなどの暖房器具の使用により、さらに湿度が下がります。湿度をコントロールする役割も果たすふすまや畳などの使用が減っていることもその一因です。乾燥した環境では、皮膚や粘膜、あるいは呼気から、特に自覚がないまま水分が失われる「不感蒸泄」が増えます。つまり冬場では、日常的に生活するなかで、知らず知らずのうちに体から水分が失われる量が増えていることになります。

一方、冬の脱水には、内的環境による機序も関与します。冬は水分を失っている自覚が少ないため、夏場に比べ飲料の摂取が減りがちです。体感温度が低いと喉の渇きを感じにくいことも理由のひとつですが、体を冷やしたくないなどの理由で飲料の摂取を控える場合もあります。また、冬の運動時においても、適切な水分摂取が足りていないとの報告もあります1)

このように、外気の乾燥による不感蒸泄*の増加と水分摂取量の減少が同時に起こりうる冬は、日常的に脱水のリスクと隣り合わせでいることに注意が必要です。

* 普段感じることのない水分の喪失。呼気に含まれる水分や皮膚や粘膜から蒸発する水分を合わせたもの。

図1 冬にみられる脱水の要因


ウイルス感染などによる嘔吐、下痢、発汗も脱水症を来す
また、冬に流行する感染症もさらなる脱水を来し、脱水症の発症原因のひとつとなります。ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎を発症すると、激しい嘔吐や下痢などを繰り返します。通常時、小児で約70%、成人で約60%、高齢者で約50%を占める体液が、嘔吐や下痢によって大量に体外に放出されると、体液に含まれる電解質(ナトリウム、ミネラルなど)も失われます。そのため、嘔吐や下痢を起こした際は日常よりも脱水症に陥るリスクが高まります。そのほか、インフルエンザなどを発症して高熱が出た場合も、体温調節のために発汗することから、体液を失いがちです。

冬の日常的な脱水のリスクに加え、ウイルス感染による嘔吐や下痢、発熱によって生じうる脱水症のリスクには、特に注意が必要となります。

■冬場の脱水の予防・改善策
●冬も早めの水分補給で脱水予防
暖房の効いた部屋で長時間過ごすときなどは、喉の渇きを感じる前のこまめな水分補給を心がけることが重要です。不感蒸泄では電解質はあまり失われないため、日常生活における脱水予防としては、温かい白湯など、体を温めつつ水分を補える飲料が適しています。

●水分を失ったら電解質を補給して脱水症予防
感染性胃腸炎の原因となるノロウイルスやロタウイルスに効果的な抗ウイルス剤はないため、主な治療法は水分補給による脱水症予防となります2)。しかし、嘔吐や下痢の症状があったり、高熱で大量の汗をかいたりしたときは、水分と共にナトリウムやカリウムなどの電解質も失っているため、水を大量に飲むだけでは適切な水分補給はできません。水だけを大量に飲んだ場合、一旦は体液量が増えます。しかし、体液に含まれる電解質の濃度が下がり、体液濃度を一定に保とうとする体の働きによって水分のみが排出されるため、脱水状態から回復できなくなってしまいます。水分と共に電解質を失ったときは、水だけを飲むのではなく、電解質を含む飲料によって水分補給をすることが重要です(図2)。

大量に汗をかいた場合には、塩分濃度が0.1~0.2%の飲料の摂取が推奨されています3),4)。スポーツドリンクはこの範囲の塩分を含み、日常生活での水分補給や脱水症になる前の予防に有効です。ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなど汗で失われた成分を含むだけでなく、適度な糖分を含むので血中の水分保持率が高く、飲みやすい味の電解質量・糖質量で作られているので十分に水分量が補給できます。

図2 水だけを飲んだ場合と適切な水分補給をした場合の体液の変化

●脱水症の改善には経口補水液
大量に汗をかいたときや脱水症の予防にはスポーツドリンクが有効ですが、脱水症に陥った場合の改善には水分吸収速度が速い経口補水液が適しています。経口補水液はスポーツドリンクと同様、電解質に加え糖分も含んでいます(図3)が、スポーツドリンクに比べナトリウム量が多く糖分が少ないため、迅速に水分を補給できるのが特徴です。脱水の「予防」と「改善」では、水分補給のための飲料の選択が異なることを理解しましょう。そして、冬の脱水症対策として経口補水液を常備しておくとよいでしょう。

経口補水液を用いる際は一度に飲むのではなく、少量ずつゆっくりと飲むのがポイントです。特に嘔気があるときは少量で試し、摂れるようであれば回数を増やして失った分を補給していくことが大切です。また、体を冷やしたくない場合には、少し温めて摂取します。

図3 スポーツドリンクおよび経口補水液の成分とその働き

脱水症のリスクが高い小児と高齢者に注意
脱水症のリスクに関して特に注意が必要なのが小児と高齢者です。小児は、水分や電解質の再吸収が行われる腎機能が未発達であり、成人に比べ水分の出入りが多いことなどから、脱水症になりやすいという特徴があります。また、自分の意思で水分補給ができない乳幼児には、周囲の大人が気を配らなくてはなりません。

小児が嘔吐や下痢をしているときは、発症後3~4時間で50~100mL程度の経口補水液を少量ずつ与えます。そして嘔吐または下痢による排泄の都度、失った水分量を確認しながら、1時間あたり体重に応じて60~240mL程度を3~5分おきに少量ずつ補給します。

一方、高齢者は喉の渇きを自覚しにくかったり、普段の食事量が不足しがちであったりする場合があり、日頃から脱水症になりやすい状態といえます。脱水により持病が悪化することもあるため、嘔吐や下痢の症状が出始めたら、速やかに経口補水液を摂ることが大切です5)。最初は1~5分おきに与え、嘔吐が止まれば、適量を補給していきます。高齢者は嚥下機能が低下している場合もあるため、ゼリータイプの経口補水液を用いるのもひとつの方法です。

■まとめ
冬は、外気の乾燥により体から水分が失われやすいことに加え、喉の渇きを自覚しにくいなどの理由から水分補給を怠りがちになり、脱水になるリスクが高まります。さらに、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎は冬に多くみられ、その際、嘔吐や下痢が続くと脱水が進行し、脱水症を引き起こします。

日常的な脱水予防には、白湯などの飲料を意識して摂ることが大切です。また、大量に汗をかいたときなど水分の排出が多い場合は、水分と共に電解質も排出されてしまうので、その際は、電解質や糖分を含むスポーツドリンクが適しています。

そして、感染性胃腸炎による嘔吐や下痢、大量の発汗などで脱水症になってしまった場合の改善には、水分の吸収速度が高い経口補水液が有用です。特に小児と高齢者は脱水症のリスクが高いため、嘔吐や下痢の症状があらわれたら速やかに経口補水液を与え、少量ずつゆっくりと補給することが重要です。

参考文献
1)     Sawka MN, et al. Med Sci Sports Exerc 39: 377-390, 2007.
2)     厚生労働省. ノロウイルスに関するQ&A.
3)     環境省、熱中症環境保健マニュアル2014.
4)     全国清涼飲料工業会、「熱中症対策」表示ガイドライン, 2012.
5)     一般社団法人日本老年医学会. 在宅医療に関するエビデンス: 系統的レビュー

監修:済生会横浜市東部病院 周術期支援センター センター長 谷口 英喜 先生