今年100周年を迎えたコカ・コーラコンツアーボトル
100周年を迎えるまでの間、その歴史はいろいろな出来事に彩られてきました。
今、改めて11の出来事と共に歴史を振り返ってみます。

文=テッド・ライアン

[出来事その1]

1915年、模造品対策としてコンツアーボトルが誕生

初期のコカ・コーラは普通の直線的デザイン構造のガラス瓶に詰めて販売されており、瓶の形やサイズ、色もバラバラでした。「コンツアーボトル」と呼ばれる、コカ・コーラといえばだれもが思い出すあの曲線構造の形が誕生したのは1915年。コカ・コーラの模造品の流通を食い止めるため、コカ・コーラのシンボルとなるものをつくりあげることが目的でした。その特徴的なデザイン構造から、暗いところで触ってもすぐわかり、地面で砕け散っていても見分けがつくといわれています。このボトルはインディアナ州のルート・グラス社を権利者として意匠登録されました。

[出来事その2]

1923年、コカ・コーラ社が清涼飲料の6本パックを発明

今では至るところで見られる清涼飲料の6本パックですが、そもそもの始まりは1923年にコカ・コーラ社が開発したものにあるということはご存知でしたか? 6本パックが開発された時期は、ちょうど家庭用の冷蔵庫が普及しだした時期でした。コカ・コーラのコンツアーボトルを家に持ち帰って冷蔵庫で冷やし、もっと飲んでもらおうという考えから生まれたのです。

[出来事その3]

1923年12月25日、「クリスマスボトル」が誕生

1923年、コンツアーボトルが改めて意匠登録されました。そして、ボトルの型のデザインは米国特許庁が1923年12月25日に発行した意匠公報に掲載されました。意匠公報は毎週火曜日に発行されており、1923年のクリスマスがたまたま火曜日にあたっていたため、1923年末から1937年にかけて製造された全てのコンツアーボトルには、意匠登録の日付としてクリスマスの日付が表記されることになりました。この時期のボトルは「クリスマスボトル」として親しまれています。

[出来事その4]

1928年、コカ・コーラの主役はソーダファウンテンからボトルに

この年、ボトルに詰めたコカ・コーラの販売量が初めてソーダファウンテンでグラス売りされるコカ・コーラの販売量を超えました。

[出来事その5]

1950年、『タイム』誌の表紙を飾り、世界の「顔」に

1950年には、コカ・コーラが詰められたコンツアーボトルが、商業製品として初めて『タイム』誌の表紙を飾りました。この出来事によって、コカ・コーラの国際的なブランドとしての地位はゆるぎないものとなりました。『タイム』誌はもともと、長年社長を務めてきたロバート・ウッドラフを表紙に掲載する意向でしたが、ウッドラフはこれを断り、重要なのはブランドだからコカ・コーラそのものを載せるべきだと主張したのです。

[出来事その6]

1955年、各種サイズを展開

1955年まで、コカ・コーラはソーダファウンテンでのグラス売りか、6.5オンス(190ml)のコンツアーボトル詰めのどちらかでしか購入できませんでした。キングサイズ(10・12オンス)とファミリーサイズ(26オンス)のコンツアーボトルがアメリカで発売されたのは1955年のこと。コカ・コーラ社にとって、消費者のニーズに合わせてパッケージも幅広く提供する方針を示す重要な一歩となりました。

[出来事その7]

1960年、コカ・コーラ缶がデビュー

コカ・コーラを缶に詰めるアイディアは第二次世界大戦前から検討されていましたが、戦時中の原料不足から商品化の試みが中止されていました。12オンスのコカ・コーラ缶がアメリカで発売されたのは1960年になってからのことです。缶の中身がボトルに詰められているコカ・コーラと同じものだとわかるように、初期の缶にはコンツアーボトルの絵が描かれていました。

[出来事その8]

1993年、ペットボトルタイプが登場

1993年にペットボトルタイプのコンツアーボトルが導入されました。これはガラス製のコンツアーボトルと同様、他の清涼飲料とコカ・コーラの見分けがつくようにと、独特のデザイン構造を採り入れたのです。

[出来事その9]

1996年、オリンピック期間中、フォークアートの題材に

幅広い人々からの人気を誇るコカ・コーラは、長年にわたりフォークアートの題材として採り上げられてきました。1996年にアトランタで開催された夏季オリンピックの会期中、コカ・コーラ社は併催イベントとしてフォークアートの展覧会を開催。54ヵ国のフォークアーティストが自国由来の材料を用いて、コンツアーボトルをテーマとする作品を発表しました。立体的な彫刻の作品の高さは、60cmから3.6mまで多岐にわたりました。

[出来事その10]

1997年、コンツアー缶を試験的に導入

1997年、コカ・コーラ社はガラス製のコンツアーボトルから着想を得た斬新なコンツアー缶のテストマーケティングを行いました。この缶は広く流通するには至りませんでしたが、パッケージをもう一歩差別化させようという意気込みは、今日のアルミ製のコンツアーボトルに引き継がれています。

[出来事その11]

2005年、アルミ製のコンツアーボトルがお披露目

コカ・コーラ社はアルミ製のコンツアーボトルを2005年に導入しました。コカ・コーラ社と世界の5大陸を代表するデザイン企業5社が提携して、新しいアルミのコンツアーボトルに多様なデザインを施した「M5Magnificent 5)」製品キャンペーンを打ち出しました。