コカ・コーラ黎明期

1886年 │ 米国ジョージア州アトランタで「コカ・コーラ」誕生


年表から見るコカ・コーラの歴史<br>【コカ・コーラの歴史】_01

薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士が新しい飲み物を発明、友人のフランク・M・ロビンソンが「コカ・コーラ」と名付ける。当時アトランタに4軒あったソーダファウンテンで、1杯5セントで販売された。
1887年 │ 「コカ・コーラ」の試飲クーポンを配布
年表から見るコカ・コーラの歴史【コカ・コーラの歴史】_02

まずは「コカ・コーラ」のおいしさを味わってほしいと考えたペンバートン博士は、無料試飲クーポンを開発、広く配布して販売促進に努めた。
1892年│ザ コカ・コーラ カンパニー設立
年表から見るコカ・コーラの歴史【コカ・コーラの歴史】_03

コカ・コーラの製造販売権を前年に買い取ったエイサ・G・キャンドラーは、ザ コカ・コーラ カンパニーを設立、精力的に広報活動と販促活動を展開した。
1895年│米国全州で「コカ・コーラ」を販売
1895年│米国全州で「コカ・コーラ」を販売

流通網の拡大と積極的なマーケティングにより、「コカ・コーラ」は米国のあらゆる州で手に入れることのできる国民的飲料となる。
 

“いつでも、どこでも、だれにでも”

1906年│米国国外初のびん詰め工場が登場
1906年│米国国外初のびん詰め工場が登場

海外初のびん詰め(ボトリング)工場が、キューバ、カナダ、パナマなどに建設される。 以降、1929年までに28ヵ国で製造が行われるようになる。(写真はパナマ)
1924年 │ 携帯用6本入りカートン発売、大人気となる
1924年 │ 携帯用6本入りカートン発売、大人気となる

1923年に社長就任したロバート・ウッドラフは、“いつでも、どこでも、だれにでも” 「コカ・コーラ」をお届けするために、積極的に市場展開を行った。 当時発売された6本入りカートンは、家庭でのニーズを取り込み大人気に。  
1928年 │ アムステルダムオリンピックでオリンピック史上初めて 「コカ・コーラ」を販売
1928年 │ アムステルダムオリンピックでオリンピック史上初めて「コカ・コーラ」を販売

米国選手団とともに、船で1,000ケースのコカ・コーラがオランダに運ばれ、 長きにわたるオリンピック支援がスタートした(写真は、1928年アムステルダムオリンピック)。

【関連コンテンツ】
コカ・コーラにまつわる話
[コカ・コーラとオリンピック
]  
1931年 │ クリスマス用広告に初めてサンタクロースが登場
1931年 │ クリスマス用広告に初めてサンタクロースが登場

クリスマス用広告に、ハッドン・サンドブロムが描くサンタクロースが登場、「白いあごヒゲの陽気な紳士」というサンタクロースのイメージを定着させる。

【関連コンテンツ】
コカ・コーラにまつわる話
[サンタクロースとコカ・コーラ
]  
1935年 │ 米国でコイン式自動販売機を開発
1935年 │ 米国でコイン式自動販売機を開発

ガソリンスタンドに備えつけのクーラーボックスの代わりとして、自動販売機が登場。 ドリンクのセルフサービスが可能となった。  
 

世界に広がるコカ・コーラ

1950年 │ 『タイム』誌の表紙に「コカ・コーラ」が登場
1950年 │ 『タイム』誌の表紙に「コカ・コーラ」が登場

1950年5月15日付『タイム』誌に、“世界の友だち”と題された「コカ・コーラ」の特集が掲載された。  
1960年 │ 米国で缶入り「コカ・コーラ」が登場
1960年 │ 米国で缶入り「コカ・コーラ」が登場

米国で缶入り「コカ・コーラ」が登場  
1964年 │ 初のプルトップ缶入り「コカ・コーラ」を発売
1964年 │ 初のプルトップ缶入り「コカ・コーラ」を発売

ふた(タブ)を引いて開ける缶の導入により、 缶切りを必要としない手軽さが多くの人々に受け入れられた。  
1972年 │ オリンピック公式清涼飲料となる
1972年 │ オリンピック公式清涼飲料となる

1928年のアムステルダム大会に始まったオリンピックとコカ・コーラとのパートナーシップ。 1972年ミュンヘン大会から公式清涼飲料として認定される。  
 

コカ・コーラ 新世紀と未来

1978年 │ 中国で清涼飲料販売を許可される
1978年 │ 中国で清涼飲料販売を許可される

中国において清涼飲料の販売を許される、唯一の会社に選ばれた。  
1982年 │ 「ダイエット コカ・コーラ」発売
1982年 │ 「ダイエット コカ・コーラ」発売

ライフスタイルの多様化や好みの変化を背景に、低カロリーの「コカ・コーラ」を発売。  
1986年 │ 「コカ・コーラ」誕生100周年
1986年 │ 「コカ・コーラ」誕生100周年

「コカ・コーラ」誕生100周年を記念して、本社があるアトランタをはじめ、 世界中でさまざまな催しが華やかに繰り広げられた。  
1993年 │ ポーラーベアがコカ・コーラの広告に初登場
1993年 │ ポーラーベアがコカ・コーラの広告に初登場

“Always Coca-Cola”の広告にポーラーベアが初登場。 「コカ・コーラ」の広告シンボルとして愛される存在となる。  
2006年 │ 「コカ・コーラ」誕生120周年
2006年 │ 「コカ・コーラ」誕生120周年

「コカ・コーラ」120年の歴史が生み出した数々のカルチャーを振り返り、 世界各地で120年を祝したイベントが開催された。  
2010年│「い・ろ・は・す(I LOHAS)」にプラントボトル™を採用
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_17

「プラントボトル」は、植物由来の素材を一部(5~30%)に使用した国内製造のPETボトルです。
素材の一部を植物由来とすることで、非再生資源である石油への依存を低減します。
従来のPETボトルと形状、重量、強度の違いは全く無く、従来のPETボトルと同様、PETボトルリサイクル工場で100%リサイクルすることができます。