1886年に誕生した当時、「コカ・コーラ」は街のソーダファウンテンでグラス売りされていました。
そのうち、いつでもどこでも飲めるように、びん詰めされて各地で販売されるようになります。
その頃の「コカ・コーラ」のボトルは、当時のほとんどの清涼飲料水と同じように直線的な形でした。
そこで、他社製品と区別し、「コカ・コーラ」のイメージを統一するために、コカ・コーラ社は独自デザインのボトルの開発を進めました。
コカ・コーラにまつわる話 世界中の人が知っている”コンツアーボトル”01

コカ・コーラにまつわる話 世界中の人が知っている”コンツアーボトル”_02

1915年、インディアナ州のルート・グラス社は、
「暗やみで触ってもコカ・コーラのボトルとわかるもの」という コカ・コーラ社のリクエストに応え、
“コンツアーボトル”を考案します。百科事典に載っていたカカオ豆の挿絵をヒントにしたというボトルは、真ん中がふくらみ底のほうにかけて細くなり、縦方向に溝が何本も走る独特の形をしていました。このボトルは、同年11月16日に特許を取得しました。
翌年の1916年、ジョージア・グリーンと呼ばれる緑色のグラスを使用した“コンツアーボトル”が市場に登場します。
以降“コンツアーボトル”は、雑誌や新聞広告をはじめ、芸術作品や映画などにもひんぱんに登場し、広く知られる存在となりました。

コカ・コーラにまつわる話 世界中の人が知っている”コンツアーボトル”_03


また、1960年には、パッケージデザインとしては初めて、コンツアーボトル自体が登録商標として認められました。
日本でも2008年に文字や図形が付されていない容器としては日本で初めて、形状そのものが「立体商標」として認められました。
誕生から約130年経った現在でも、その形は当時とほとんど変わることなく、爽やかさの象徴として、世界中の人々に親しみ愛され続けています。

コカ・コーラにまつわる話 世界中の人が知っている”コンツアーボトル”_04