おかげさまで、私たち、コカ・コーラシステムが製造している製品は今日も、世界中で愛されています。飲みものを作るために使う水は、地球からのおくりもの。限りある大切な資源です。世界中で飲料を製造しているコカ・コーラシステムでは、大切な水を守るために、製品に使った分と同じ量の水を製造した地域の自然に還す“Water Neutrality(ウォーター・ニュートラリティー)を地球規模で実現できるよう、さまざまな活動に取り組んでいます。
“Water Neutrality”を実現するための活動のひとつにコカ・コーラ「森に学ぼう」プロジェクト、があります。実は、水と森には深い関係があるのです。(知っていましたか?)このプロジェクトでは、これまで8年間にわたって地域のみなさんと一緒に植樹やネイチャープログラムを通じて自然とふれあい、森の豊かさ、人間とのつながりや水の大切さを学んできました。
あなたも、今度のお休みの日にコカ・コーラ「森に学ぼう」プロジェクトに参加してみませんか?
コカ・コーラのさまざまなCSR活動
自然の中での環境活動
参加した子どもたちに、植林や間伐、枝打ちといった森林保全、自然の中でのネイチャープログラムを体験していただき、自然の大切さ、環境保護の重要性を認識していただいています。
mod_csr_main_img_1

インターネットでの活動
本サイトコカ・コーラ「森に学ぼう」プロジェクトでは、弊社の活動を紹介するとともに、水や森など環境について学ぶことができるコンテンツやPDF教材を公開しています。
mod_csr_main_img_2

自然の中での環境活動
コカ・コーラシステムでは、1970年代以降全国各地で自治体やボランティア団体が行う清掃活動に、積極的に参加しています。2008年12月より全国で街の清浄活動を展開しているgreen birdを支援し、全国でボトラー社と共に清浄活動に参加しています。
image_mod_csr_main_img_3

私たちコカ・コーラは、安全・安心な製品をご提供していくことはもちろんのこと、より広い視点で企業の社会的責任(CSR: Corporate Social Responsibility)を果たしたいと考えています。