※下記の社名は、コカ・コーラウエスト株式会社との経営統合前の社名となります。
2010年度みちのくコカ・コーラボトリング ネイチャリング in 立田山

南九州コカ・コーラボトリング株式会社では、10月30日、熊本県熊本市郊外にある立田山でネイチャリング in 立田山を開催しました。立田山は市街地に近くにありながら貴重で豊かな自然が残されており、市民からも憩いの場として親しまれている自然公園です。

イ ベントでは立田山自然散策、アースアート作り、さわやかコンサートを行いました。自然散策では、焼いたドングリを食べたり、薬になる木のにおいをかいだ り、草で10円玉をピカピカにしたりと、森と人間のつながり、昔の人の暮らしぶりを想像しながら歩きました。アースアート作りは、立田山で拾った落ち葉や 枝、木の実などを使って大きな絵を書く体験です。参加者は、森で見つけたさまざまな色、おもしろい形の葉っぱや枝などを組み合わせながら、想像力を広げて いろいろな絵を作っていきました。最後は、ギターやフルートなど電気を使わないアコースティックな楽器を使ったコンサート。子どもたちに人気のアニメソン グなどを演奏しました。子どもたちもステージに集まって合唱しました。

普段なかなか接することの難しい自然を、家族で満喫できた一日になりました。

活動実施日
2010年10月30日(日)

2010年度みちのくコカ・コーラボトリング ネイチャリング in 立田山 01-インストラクターに教わりながら、森の中を散策。

インストラクターに教わりながら、森の中を散策。
2010年度みちのくコカ・コーラボトリング ネイチャリング in 立田山 02-焼いたドングリを試食。恐る恐る口に入れてみる子ども、勢いよくかじりつく子どもも。

焼いたドングリを試食。恐る恐る口に入れてみる子ども、勢いよくかじりつく子どもも。
2010年度みちのくコカ・コーラボトリング ネイチャリング in 立田山 03-いろいろな色、形の葉っぱや枝を探してきて、思い思いのアートを創作。

いろいろな色、形の葉っぱや枝を探してきて、思い思いのアートを創作。
2010年度みちのくコカ・コーラボトリング ネイチャリング in 立田山 04-電気を使わずに奏でる楽器を使ってのコンサート。

電気を使わずに奏でる楽器を使ってのコンサート。

南九州コカ・コーラボトリング「森まな」リーダーインタビュー
2010年度みちのくコカ・コーラボトリング ネイチャリング in 立田山 01-南九州コカ・コーラボトリング 益田さん

南九州コカ・コーラボトリング益田さん
2010年度みちのくコカ・コーラボトリング ネイチャリング in 立田山 02-森に関するクイズに正解した子どもたちには、「森の博士」認定証を進呈。

森に関するクイズに正解した子どもたちには、「森の博士」認定証を進呈。


Q:このイベントを開催した立田山は、どのような場所なのですか?

A:立田山は、熊本市の中心市街地にも近い自然豊かな山です。昭和60年代の高度成長期には、伐採して宅地化する計画もあったのですが、市民、県民の強い要望から「立田山憩の森」(生活環境保全林)として残されました。熊本市民にとって、身近に自然と触れ合える貴重な場所であるとともに、憩いの場として親しまれています。また、森が持つ自然の貯水能力は天然のダム機能として熊本市民の生活を守っています。

Q:この「ネイチャリング in 立田山」を毎年開いている目的は何ですか?

A:次世代を担う子どもたちを対象に、森について「知る」「学ぶ」、環境保全活動に参加し「体験する」ことで、自然保護の大切さを「理解する」ことを目指しています。今回、立田山という身近な自然の大切さを感じてもらうとともに、日頃、なかなか家族団らんの時間が持てないという家族に、"ふれあい"の時間をもってほしいとの思いから開催しています。今年で10回目を迎えるこのイベントは、小さな子どもさんから大人の参加者まで楽しんでいただいています。

Q:このイベントを通して参加者に伝えたかったこと、感じてほしいことは何ですか?

A:本物の自然の中で体験できることは格別です。自然を見て、味わって、聴いて、遊んで学ぶことの大切さ……。例えば今回、森林散策の際に、焼いたドングリを食べてもらいましたが、体験した子どもたちは木の実にはいろいろな種類があり、味もさまざまであることを、自分の体で知っていただけたと思います。このように、楽しみながら家族で森の良さを感じてもらうことで、自然を大切にする心を養ってほしいと願っています。

Q:イベントを終えた今の気持ち、感想を聞かせてください。

A:子どもたちが新しい発見に瞳をきらきらと輝かせてくれた様子、親御さんと一緒にいろいろなことにチャレンジしてくれたことが、強く印象に残っています。今日という一日が、自然に触れ森に学びながら楽しんでいただけた思い出に残る日になったのではないでしょうか。企画したものとして、とても嬉しく感じています。このイベントの企画は「喜んでもらえるかな?」「楽しんでもらえるかな?」と、参加くださる皆さまの笑顔を想像しながら進めてきました。私たちスタッフにとっても、参加していただいた方々の満面の笑顔にほっと癒された一日でした。

●過去の活動レポート
【2015年度】
熊本県
滋賀県
広島県
鳥取県
兵庫県
宮崎県01
宮崎県02
京都府
佐賀県

【2014年度】
熊本県01
滋賀県
熊本県02
広島県
熊本県03
鳥取県
兵庫県
宮崎県01
宮崎県02
京都府
佐賀県

【2012年度】
鳥取県
熊本県

【2011年度】
京都府、広島県、鳥取県
熊本県

【2010年度】
岡山県
熊本県

【2009年度】
活動レポート

【2008年度】
活動レポート

【2007年度】
活動レポート

【2006年度】
活動レポート

●ウェブ写真集
【2011年度】
京都府、広島県、鳥取県
熊本県

【2010年度】
岡山県
熊本県