2010年度沖縄コカ・コーラボトリング コカ・コーラ「森に学ぼう」 in 大宜味村

沖縄コカ・コーラボトリング株式会社では、11月23日、沖縄島北部にある大宜味村内の大保ダムで、コカ・コーラ「森に学ぼう」プロジェクト in 大宜味村を開催しました。沖縄島の北部はヤンバルと呼ばれる自然豊かな森に恵まれ、南部の市街にとっては水源にもなっています。

午前の植樹、育樹では、ツバキの苗木とタネ、およびダム育成苗木を植えました。ダム育成苗木は、ダム造成の際に育っていた苗木を一時的に別の場所に避難させていたものです。苗木とタネを交互に植えることで、苗木が日差しや風を遮り、タネから育つ芽の成長を助けます。

午 後は、それぞれ希望する活動を体験。ドラゴンボート体験では、龍の形の船に乗って、ダムを一周。自分の腕でオールをこぎながら、水上から湖水の風景や周辺 の自然を観察しました。紙スキでは、サトウキビの搾りカスであるバカスパルプを使って、思い思いの模様を付けた和紙を作りました。ほかにもエコバッグ作り やグラウンドゴルフ、環境クイズで楽しみました。

植樹、育樹などの自然保護活動や、自然との触れ合い、エコにつながる体験を通して、自然や人々の暮らしについてて考える一日となりました。

活動実施日
2010年11月23日(祝)

2010年度沖縄コカ・コーラボトリング コカ・コーラ「森に学ぼう」 in 大宜味村 01-道沿いに植えていったツバキの苗木やタネ。

道沿いに植えていったツバキの苗木やタネ。
2010年度沖縄コカ・コーラボトリング コカ・コーラ「森に学ぼう」 in 大宜味村 02-苗木とタネを交互に植えれば、タネが育つのを苗木が守ってくれます。

苗木とタネを交互に植えれば、タネが育つのを苗木が守ってくれます。
2010年度沖縄コカ・コーラボトリング コカ・コーラ「森に学ぼう」 in 大宜味村 03-ドラゴンボートから見える湖上の風景は絶景。参加者にとっても初めての体験。

ドラゴンボートから見える湖上の風景は絶景。参加者にとっても初めての体験。
2010年度沖縄コカ・コーラボトリング コカ・コーラ「森に学ぼう」 in 大宜味村 04-沖縄で育つサトウキビの絞りカスから作る和紙。

沖縄で育つサトウキビの絞りカスから作る和紙。

沖縄コカ・コーラボトリング「森まな」リーダーインタビュー
2010年度沖縄コカ・コーラボトリング コカ・コーラ「森に学ぼう」 in 大宜味村 01-沖縄コカ・コーラボトリング 比嘉さん

沖縄コカ・コーラボトリング比嘉さん
2010年度沖縄コカ・コーラボトリング コカ・コーラ「森に学ぼう」 in 大宜味村 02-ヤンバルの森が作った水をたたえた大保ダム。

ヤンバルの森が作った水をたたえた大保ダム。


Q:このコカ・コーラ「森に学ぼう」プロジェクト in 大宜味村を開いた目的は何ですか?

A:飲料を作るには水を使います。当社の主要な供給地は沖縄島北部のダム。ですから、その水源を守るための活動を2006年から展開しています。最初の3年間は国頭村で行いまして、そのとき植えた苗木は、今も育樹活動を続けています。
2009年からは大宜味村で植樹、育樹活動を行っています。このような活動を通して、森の水源涵養性(水を貯え浄化する役割)と多様性生物保存に貢献し、「美ら島」沖縄の環境保全活動の一助になればと考えています。
それに大保ダムは「環境ダム」として作られたため、環境教育の機会、場所の提供として最適な環境。子どもたちが自然に触れ合う場としては、ちょうどいい場所だと考えています。

Q:植樹活動と合わせて、ドラゴンボート体験、紙すき体験、エコバッグ作りなど、いろいろなプログラムが用意されていますが、どのようなつながりを考えたのですか?

A:一日の活動全体を通して、体全体、五感を使って自然を体感してほしいと思っています。参加した皆さんは普段から環境意識が高い方と思いますが、実際に森に来て自然に触れ合うことで、考えを深くすること、思いを新たにすることもあるでしょう。自然やエコに対する考えを見つめなおすきっかけになれば、たいへんうれしく思います。

Q:この一日のイベントを通して、参加した子どもたちに伝えたかったことは何ですか?

A:参加してくださったお子様たちの笑顔を見て、私たちも非常にうれしく感じています。自然を守るためには、自然と触れ合うことを「楽しい」「うれしい」と思ってもらうことがもっとも重要ですよね。そうすれば参加した方々が、友達や仲間に自然の大切さを伝えていただくことになるでしょう。そうやって森を守る輪がつながっていけばうれしいですね。

Q:イベントを終えた今の気持ち、感想を聞かせてください。

A:大宜味村の方々のご協力のほかに、県立辺土名高校の生徒さんに運営のサポートをしていただきました。ご協力いただいた皆様に非常に感謝しております。また若い方々の様子を拝見しながら、このような体験を通して次世代を担う人材育成にもつながるものと実感しました。 このイベントは私にとっても楽しみで、来年のプログラムをどういうふうにやっていこうかなぁ~なんて 頭の中は来年の事を考えていますよ。


●過去の活動レポート
【2015年度】
沖縄県

【2014年度】
沖縄県01
沖縄県02
沖縄県03

【2012年度】
沖縄県

【2011年度】
沖縄県

【2010年度】
沖縄県

【2009年度】
活動レポート

【2008年度】
活動レポート

【2007年度】
活動レポート

【2006年度】
活動レポート

●ウェブ写真集
【2011年度】
沖縄県

【2010年度】
沖縄県