※上記の社名は、コカ・コーライーストジャパン株式会社との経営統合前の社名となります。
2012年度みちのくコカ・コーラボトリング 森林(もり)と水にふれあう集い2012

活動実施日
2012年10月13日(土)
小雨まじりにもかかわらず、「豊沢川の森」で、みんな元気に植林を体験
みちのくコカ・コーラボトリング株式会社では、10月13日、岩手県花巻市西部を流れる豊沢川の上流にある「豊沢川の森 」で、コカ・コーラ「森に学ぼう」プロジェクト【森林(もり)と水にふれあう集い2012 】を実施しました。
今回は、豊沢ダム竣工50周年を記念して開催された、花巻市主催のイベントに、みちのくコカ・コーラボトリング(株)が後援として参加したものです。参加にあたっては、地域農業の振興などを行なっている、地元の水土里(みどり)ネットと共同で参加者を募集、子どもたちと保護者の皆様、大勢に集まっていただきました。豊沢川は東北地方有数の大河である北上川の支流です。みちのくコカ・コーラプロダクツ花巻工場の採水源であり、また花巻市周辺地域の貴重な水瓶です。この豊沢川をせき止めて作られたダム湖が豊沢湖です。今年、東北地方は例年にない晴天続きで渇水状態となり、水量の少ない豊沢湖を見て参加者は水の大切さと、水源確保に森が果たす重要な役割を改めて認識していました。
当日は、あいにくの小雨まじりの天候でしたが、植樹、間伐材の裁断、コースター作り、チェーンソーアート、ペットボトルロケットの打ち上げ、ペットボトルアートと写真撮影など、多彩なプログラムを楽しんでいました。また、まもなく訪れる冬を前に、紅葉し始めた周辺の木々も、参加者の目を惹いていました。
植樹活動では、実際に自分の手で木を植える楽しさ、大変さを体験
今回の植樹は豊沢ダム上流域にある「県民の森」の一部を使用しました。苗木ではなく、幼木を使っての植樹のため、子どもたちには少しきつい作業となりました。すでに、植樹場所には穴が掘られていたのですが、1ヵ所あたり3~4人がかりでの作業です。しっかり木を固定して埋めていかないと、まっすぐに植えることができません。1人が木を固定して残り2~3人で穴を埋めていきます。埋め終わっても、周りの土をしっかり固めないと風で倒れてしまいます。全員でしっかり踏み固めていました。木の種類は、オオヤマザクラ、ウリハラカエデ、ヤマモミジ、コブシなどです。全体で、100本の植樹を行いました。
2012年度みちのくコカ・コーラボトリング 森林(もり)と水にふれあう集い2012 01-木を支えてもらって、2人がかりで埋め戻し。

木を支えてもらって、2人がかりで埋め戻し。
2012年度みちのくコカ・コーラボトリング 森林(もり)と水にふれあう集い2012 02-この根っこジャマだなぁ。引き抜いちゃえ。セーノ! それ!

この根っこジャマだなぁ。引き抜いちゃえ。セーノ! それ!
2012年度みちのくコカ・コーラボトリング 森林(もり)と水にふれあう集い2012 03-大きな木は、4人がかりの大仕事。

大きな木は、4人がかりの大仕事。
2012年度みちのくコカ・コーラボトリング 森林(もり)と水にふれあう集い2012 04-植え終わった所で、チーム全員でハイ! ポーズ。

植え終わった所で、チーム全員でハイ! ポーズ。
2012年度みちのくコカ・コーラボトリング 森林(もり)と水にふれあう集い2012 05-シャベル片手に、颯爽と、さあ、次行ってみようか!

シャベル片手に、颯爽と、さあ、次行ってみようか!

1 2 3 4