※上記の社名は、コカ・コーライーストジャパン株式会社との経営統合前の社名となります。
2012年度東京コカ・コーラボトリング 青梅上成木環境保全活動

活動実施日
2012年10月13日(土)
秋晴れの中 青梅上成木の森で、水生動物観察と森林保護活動を実施
東京コカ・コーラボトリング株式会社では、10月13日に、コカ・コーラ「森に学ぼう」プロジェクト「青梅上成木 環境保全活動」を行いました。青梅上成木地区は、東京都青梅市北西部の高水山、岩茸石山、黒山を結んだ尾根の北側斜面部にある森林です。都心から車で約1時間半ほどの距離ですが、都内とは思えないほど豊かな自然が残っており、東京都の保全地域に指定されています。
この保全地域では間伐を行うことで豊かな森を守っています。今回の活動の主である間伐体験も、この保全活動の一環として行われました。また、近くには荒川の源流である、成木川が流れています。この川の流れに生息する水生動物を観察することでも、豊かな森が生み出す水のきれいさを実感することができます。
参加者は森に入る前に、「青梅上成木ふれあいの森」の指導員の方から説明を受けました。都内にもかかわらず、ニホンカモシカ、ニホンジカやウサギなどの野生動物に会える可能性もあると聞き、心躍らせて森へ入って行きました。
成木川の澄みきったきれいな水に生息する、水生生物を観察
山へ入る前に、参加者は3つのグループに分かれ、森林保護の学習と近くを流れる成木川の水生生物の観察を行いました。最初に指導者の方から、成木川の澄み切ったきれいな水の中に生息している水生生物の説明を受けてから、早速、アミで川の中を探っていました。
2012年度東京コカ・コーラボトリング 青梅上成木環境保全活動  01-指導者の方から、成木川に生息している水生生物の説明受ける参加者。

指導者の方から、成木川に生息している水生生物の説明受ける参加者。
2012年度東京コカ・コーラボトリング 青梅上成木環境保全活動  02-石のウラや岩場の影に潜んでいます。

石のウラや岩場の影に潜んでいます。
2012年度東京コカ・コーラボトリング 青梅上成木環境保全活動  03-サワガニなど水生生物が、アミですくえました。

サワガニなど水生生物が、アミですくえました。
指導者の方から"森の役割"の説明と作業の注意事項を聞き、準備OK
今回のメインの活動はスギ・ヒノキの間伐体験です。山に入る前に指導者の方から、“豊かな森がきれいな水を作ること”や、森林の保護活動の中で“間伐がいかに大切な作業”かの説明を受けました。
そして子どもたちもヘルメットを借り、万全の準備したうえで、いよいよ山に入ります。参加者全員、1列になり急斜面の山道を登って行きました。途中、休憩をはさんで約1時間ほどで間伐体験ポイントに無事到着しました。
2012年度東京コカ・コーラボトリング 青梅上成木環境保全活動  04-山に入る前に森林保護活動について指導者から説明。

山に入る前に森林保護活動について指導者から説明。
2012年度東京コカ・コーラボトリング 青梅上成木環境保全活動  05-子どもたちもヘルメットやノコギリを借りて準備万端です。

子どもたちもヘルメットやノコギリを借りて準備万端です。
2012年度東京コカ・コーラボトリング 青梅上成木環境保全活動  06-急斜面をどんどん登っていきます。

急斜面をどんどん登っていきます。

1 2