こんにちは。そろそろ、楽しい夏がきますね。海に行く?それとも、山に行く?など、夏休みの計画を立てている方も多いのではないでしょうか?そして、忘れてはならない今年の夏のビッグイベントがリオデジャネイロオリンピック!私も今から楽しみで、ワクワクします。

 

この度、日本コカ・コーラは、リオデジャネイロオリンピック、そしてその先の2020年の東京オリンピックに向けて第一歩となる「コカ・コーラ」サマーキャンペーン2016を、620日(月)から全国一斉にスタートしました!

キービジュアル

このキャンペーンでは、『“ゴールドな瞬間”を、「コカ・コーラ」で味わおう。』をコンセプトに、ゴールドメダルをイメージしたラベルに、スポーツに関連する100種類以上の言葉をあしらったRIO 2016限定デザイン「コカ・コーラ」

ゴールドボトルを全国で発売開始しているんです!!

ゴールドボトル

 また同キャンペーンでは、620日(月)から「コカ・コーラ」スリムボトル オリンピックイヤーデザインのリオバージョンと東京バージョンの2種類を全国のコンビニエンスストア(一部)で期間限定発売しています。

スリムボトル

 さらに!!

 リオデジャネイロオリンピックが一層楽しめるアイテムや東京2020オリンピック観戦権利が抽選で当たるプロモーション活動を展開しています。東京オリンピックの観戦権利が当たるチャンスは、そうそうないですよね。

 

詳しいキャンペーンの情報はこちらのからご確認くださいね!

また現在、日本コカ・コーラの公式Twitterアカウントでは、“ゴールドな瞬間をたたえよう”と題し、ゴールドボトルに記載された100種類のワードを使用して、「#みんなにもきっとある」「#THATSGOLD」の2つのハッシュタグと共に、様々な投稿をしています。

 たとえば・・・

BBQの火起こしが異常にウマいアイツに『神技』」や
「線香花火が最後まで残ったあの子に『安定感』」など、

みなさんにもきっとあるようなシーンに、ぴったりな言葉をゴールドボトルで贈っています。

.png

.png

 ゴールドボトルで言葉を贈り合うのも、普段と違ってうれしいですよね。
ぜひみなさんも家族や友人へ贈ってみてくださいね!

 公式アカウントの詳細はこちらからチェック!

 そして今回、キャンペーンの開始を記念して、621日(火)に「コカ・コーラ」サマーキャンペーン2016キックオフ記念ベントを開催しました。

 会場入り口には、北島康介さんのパネルとゴールドボトルやスリムボトルがずらりと並び、来場者を華やかに出迎えしました。

003

 イベントには、『コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサー』に就任した北島康介さんが、ゲストとして登場。

  

dsc-6773

 北島さんは今後、『コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサー』として、当社と一緒にオリンピックムーブメントを推進し、スポーツ振興や次世代育成などに取り組みに参加していただく予定です。

今後の活動も是非ご期待くださいね!

 就任した意気込みについて、北島さんは「まずは、リオデジャネイロオリンピックに向けて、オリンピックに出場する日本代表選手団のみなさんにとって、“ゴールドな瞬間”が訪れるよう全力で応援したいです!そして、地元で開催される2020年の東京オリンピックを盛り上げるため、『コカ・コーラ』のオリンピックの『顔』としてオリンピックムーブメントを盛り上げていきたいです」と、力強くコメントしました。

 さらにもう一組ゲストとして、人気お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之さん、蛍原徹さんが登場し、

北島さんと雨上がり決死隊の3人で「コカ・コーラ」ゴールドボトルで、「ゴールドな瞬間に」乾杯すると3人からは「うまい!」「ゴールドメダルをイメージしたデザインやメッセージが良いね!」などの声が上がりました!

dsc-0114

dsc-0095

 宮迫さんから「高校生の息子が『コカ・コーラ』めっちゃ飲んでいます」と話があると、蛍原さんから「うちの父親なんて、もう80歳前なのに本当に『コカ・コーラ』が大好きで、いまだに毎日2L飲んでいます。

『コカ・コーラ』のイベントに出られて、父親が喜びます」と軽快な家族トークで登場を盛り上げました。

 実は北島さんと宮迫さんはプライベートでは親交のあるものの、一緒にお仕事をすることが初めてだそうで、宮迫さんは「仕事現場で会うと、やっぱり世界のスパースターだなって思います。」と言うと普段とは違う北島さんの姿を見て感心している様子でした。

dsc-6817

今回新しくなったラベルには、オリンピックの頂点の象徴であるゴールドメダルをイメージしてデザインされていますが、スポーツ選手だけではなく、誰にでもゴールドメダルをもらうに値する輝かしい瞬間は、日常の中にたくさんありますよね。 

その一人一人の“ゴールドな瞬間”を「世界でいちばんの○○」という言葉で一緒に讃えたり、楽しめたりできるのが「コカ・コーラ」ゴールドボトルです。

 そこでゲストの3人には、「コカ・コーラ」ゴールドボトルを使用して「この夏、世界でいちばんの○○」を宣言してもらいました!

 北島さんが「これでしょ。この言葉からは逃げられない・・・」と言いながら選んだのは『チョー気持ちイイ』のメッセージが書かれたボトル。

dsc-0509

 選んだ理由について「現役を引退してから、トレーニングをしていないので、身体を鍛えて、この夏は、ナイスバディに挑戦したい」と説明。すると2004年アテネオリンピック大会で、睡眠を削って北島さんを応援していたという宮迫さんは、「当時『チョー気持ちイイ』を使いすぎて、滑っている芸人さんを何人も見てきましたが、本物はやっぱり違いますね」と、感動している様子でした。

一方蛍原さんは「スポーツ選手はヒーローですから、“あの金メダリストが目の前に”と思うと、年下の選手でも緊張してしまいますね」と北島さんを前に少々緊張した様子でした。

 続いて蛍原さんは、「頑張り」と書かれたボトルを手に取り「4歳の娘がいるんですけど、パパになつかず、ママにべったりなんですよ。この夏、もう一度娘に振り向いてもらえるように、世界で一番“頑張り”たい」と決意表明。

 するとそれを聞いた北島さんは、「完全燃焼」と書かれたゴールドボトルを選び、「蛍原さんに“完全燃焼”してもらいたいです。僕も2歳の娘がいて、なかなか一緒に過ごす時間がないので、気持ちが分かります。嫌われないように、一緒に頑張りましょう!!」と娘を持つ父親目線で、気持ちを共有すると、蛍原さんの緊張も少しほぐれているようでした。

dsc-6837

 日本代表選手団に向けてのメッセージを求められた宮迫さんは、北島さんの名言である「何も言えねぇ」がデザインされた「コカ・コーラ」ゴールドボトルを使って、「いろいろ言いたいけど、僕らからは、まさに『何も言えねぇですよ』、日本代表のみなさん、記憶に残る『スーパープレイ』を期待しています!」とエールを送りました。

 北島さんも「今井選手には世界で一番のヒロインになってほしい」と東京オリンピックでは平泳ぎでの出場にも期待がかかる今井選手にエールを送るとともにリオに出場する選手たちには、「真剣勝負で日本中を熱狂させてほしいし、僕も全力で応援したい」と日本代表選手団を激励しました。

dsc-6899

イベント後に報道陣から “ゴールドな瞬間”について質問があると、北島さんは「やっぱり金メダルを取った時ですね。でも金メダルを取る瞬間じゃない“ゴールドな瞬間”もあると思うし、今後は今までとは違う形の“ゴールドな瞬間”にしていきたいです。」と今までとは異なる、普段の生活の中にある“ゴールドな瞬間”について話していました。

 また、宮迫さんは自身の“ゴールドな瞬間”について「あの方に褒められた時ですね・・・。」と意味深に答えると、すかさず蛍原さんが「あの方って、あなたの嫁さんでしょ!!」と突っ込み、会場は大爆笑でした。

  最後に、『コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサー』に就任した北島さんが、新しくなった名刺を雨上がり決死隊のお2人に渡す一幕も。

dsc-0565

dsc-0557

 今年は、「コカ・コーラ」ゴールドボトルと共にリオデジャネイロオリンピックを応援して、家族や友人と一緒に“ゴールドな瞬間”を分かち合いながら「チョー気持ちイイ」夏を過ごしましょう!