こんにちは。

さて私たち日本コカ・コーラ株式会社はこのたび、東京都渋谷区渋谷4丁目に完成した新社屋に移転し、725日(月)より業務を開始しました(Google MAPこちら)。

729日(金)には、渋谷区長 長谷部 健様、北島康介さんにもお越しいただき、報道関係者をお招きしてのお披露目イベントを開催させていただきました。

.jpg

.jpg

 今日はオープンしたばかりの私たちの新しい職場を、特徴的な数字とともにご紹介します。

●渋谷でビジネスを開始させていただいてから46年目

私どもは1970年の旧社屋竣工から、この渋谷の地で事業を展開させていただいております。ちなみに旧社屋を建設いただいたのも、新社屋と同じ大成建設様でした。

 ●ビルの高さ…36.22=コンツアーボトル約184

新社屋は、地上7階、地下1階建て。ビルの最も高いところは36.22mです。コカ・コーラのコンツアーボトル(高さ197mm)をタテにならべると、約184本分となります。

新社屋外観①

 ●使用されているガラスの総量…約187t=コンツアーボトル約506755

コカ・コーラのコンツアーボトルを想起させるジョージア・グリーンの外観も、新社屋の特徴のひとつです。新社屋には、コンツアーボトル(重量369g)に換算して50万本分以上のガラスが使用されています。

.jpg

 ●使用されているコンツアーボトル…約1890

新社屋には、随所にコンツアーボトルが使用され、私たち従業員のブランドへの意識を高めてくれます。社内でも好評なのは、このランプシェード。

.jpg

それから、エントランスの床。よ~くご覧いただくと、人造大理石の中に、輪切りにしたコンツアーボトルが埋め込まれています!

.jpg

●使用されているクラウン(王冠)…12000

1Fのエレベーターホール周辺には、炭酸の“シュワシュワ”をイメージしたこんなデコレーションが。1万個以上のクラウンを、ひとつひとつ内側から接着しています。

.jpg

.jpg

うち、7F お客様エリア壁面あるコカ・コーラロゴに用いられているクラウンの数は、約1400個。

7f

7f

●建築期間中に現場の自動販売機で販売された飲料累計…約122000

建築期間中(20141月~20166月)、現場には合計5台の自動販売機が設置されました。その販売累計はなんと12万本以上。

ちなみに最も飲み物のニーズが高かったのは、竣工直前の20164月(約17000本)でした。まさに、「世界は誰かの仕事でできている」ですね!

.jpg

※こちらは竣工後に設置されたもの。社屋前には3台の「Coke ON」対応自動販売機が設置されておりますので、お近くにお立ち寄りの際はぜひご利用ください!

●年間節水量…い・ろ・は・す 555ml PETボトルで約431万本

コカ・コーラシステムでは、製品に使った量と同じ量の水を自然に還元する「ウォーターニュートラリティー」を推進しています。その考え方は、新しい本社ビルにもしっかり適用されています。

たとえば、外構散水やお手洗いなどで使用する水の一部は、雨水をろ過して再利用。また節水型器具を多く使用することで、水道水の使用量を削減しています。建物内での節水量は、米国の法定基準値(Energy Policy Act)と比較して64%削減を計画しています。年間の節水計画量は約239万リットル。おなじみ「い・ろ・は・す」 555ml PETボトルで換算すると、約431万本分になります。

.jpg

.jpg

●建物全体のCO2削減量…杉の木28000

水だけでなく、エネルギー消費量の削減にも力を入れています。オフィスエリアの照明にはLEDを全面採用しており、照度もこれまでより低めに設定しました。加えて、高効率の空調機器も採用しています。

これにより建物全体の使用エネルギーを基準値(ASHRAE)と比較し38%8,396,581.21 kWh/年の削減を計画しています。これにより、建物全体のCO2排出量も、基準値(※)と比較して31%削減を見込んでいます。

.jpg

※削減率の算出について:CASBEE2014年)におけるリファレンス建物のエネルギー消費量1930MJ/m2CO2排出量に換算した数値を基準値としています。また杉の木の本数換算については、林野庁による杉の木1本当たりのCO2吸収量 (14kg)に基づきます。

 ●個人用ゴミ箱…0

すでに私たちのオフィスには、個人用のゴミ箱がありません。その代わり、集約型ゴミ箱を各フロアの両端に設けることで、不要な印刷物を減らし、ペーパーレス化を推進するとともに、従業員の歩行とコミュニケーションを自然に促す、という狙いもあります。 

.JPG

いかがでしたでしょうか? オフィスビルという性質上、一般開放はしておりませんが、雰囲気だけでもお伝えできれば幸いです。

私たちはこれから渋谷の新しいランドマークとなるこの社屋とともに、長く地域の皆様に愛される会社を目指して事業を展開してまいります。近隣の皆様、お取引先の皆様、今後ともどうぞよろしくお願いします。

 なお大変申し訳ございませんが、社屋の一般のお客様のご見学、ご来社などは承っておりません。コカ・コーラシステムでは、全国各地の工場にて工場見学プログラムを実施しております。詳細は以下のページをご覧ください。

 ハロー!コカ・コーラ工場見学