緑茶ブランド「綾鷹」発売開始から10周年

新しくなった「綾鷹」、「綾鷹 にごりほのか

2017年3月20日発売

2017年3月1日

 

 コカ・コーラシステムは、急須でいれたような緑茶の味わいを目指す緑茶ブランド「綾鷹」の発売10周年を迎える今年、本格緑茶としてのさらなる進化を目指した新しい「綾鷹」と「綾鷹 にごりほのか」を、2017年3月20日(月)から全国で発売します。

綾鷹」 (高解像度画像はこちら)、
綾鷹 にごりほのか」 (高解像度画像はこちら
525ml PET

 「綾鷹」は、創業450年の歴史を誇る京都・宇治の老舗茶舗「上林春松本店」の協力のもと開発された、急須でいれたような緑茶の味わいを目指す緑茶ブランドです。2007年10月の発売以来、「急須でいれたようなにごりの旨み」をお楽しみいただける本格緑茶として、多くのお客様からご好評をいただいています。発売から10周年を迎え、よりいっそうの進化を目指します。

 

綾鷹
 発売以来、「にごりの旨み」をご評価いただいている「綾鷹」は、原点である「急須でいれたような緑茶の味わい」にさらに近づくために進化しました。上林春松本店の伝統の技である「合組(ごうぐみ、茶葉を組み合わせる技術)」によって「一番茶」(その年に最初に育った新芽から作ったお茶)の持つ旨み、渋み、苦みを、高い次元で調和。すでに高くご評価いただいている味に磨きをかけるとともに、緑茶を味わうのにふさわしい新「湯呑み型ボトル」を採用し、さらに本格的な緑茶の味わいをお楽しみいただけるよう仕上げました。

 

綾鷹 にごりほのか
 2016年に発売し、低温抽出による繊細な旨みと、苦みや渋みを抑えた飲みやすさでご好評をいただいている「綾鷹 にごりほのか」は、引き続きふだん緑茶を飲用する機会の少ない皆様に向けた訴求を継続します。「綾鷹」と同様、新「湯呑み型ボトル」を使い、和紙の灯り(あかり)が放つやわらかな光をモチーフにした新パッケージデザインで、繊細な味わいを表現しました。

 

<製品概要>
■製品名: 綾鷹
■品名: 緑茶(清涼飲料水)
■原材料名: 緑茶(国産)、ビタミンC
■栄養成分表示: 100ml当たり
エネルギー
たんぱく質
脂質
炭水化物
食塩相当量
0kcal
0g
0g
0g
0.02g

 

■製品名: 綾鷹 にごりほのか
■品名: 緑茶(清涼飲料水)
■原材料名: 緑茶(国産)、ビタミンC
■栄養成分表示: 100ml当たり
エネルギー
たんぱく質
脂質
炭水化物
食塩相当量
0kcal
0g
0g
0g
0.02g

 

■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜): 525ml PET/140円
■発売日: 2017年3月20日(月)
■販売地域: 全国
■URL: https://www.ayataka.jp/
■Twitter: https://twitter.com/ayatakajp

■「綾鷹」ブランドについて
 緑茶ブランド「綾鷹」は、にごりのある、急須でいれたような緑茶の味わいを目指し、450年の歴史をもつ宇治の老舗茶舗「上林春松本店(かんばやししゅんしょうほんてん)」の協力を得て開発されました。
 「綾鷹」「綾鷹 にごりほのか」の味わいは、(1)上林春松本店の伝統の技である「合組(ごうぐみ、茶葉を組み合わせる技術)」、(2)「綾鷹」独自のにごりの製法、(3)原材料として使用する茶葉の味わいと品質を上林春松本店とコカ・コーラ社で最終確認する“茶葉認定式”という3つの茶師のこだわりによって実現されています。2007年の発売以来、多くの皆様からご好評をいただき、緑茶ブランドとして海外でも支持を集めています。

 

【体験イベント開催について】

発売にともない、3月20日(月・祝)から3月22日(水)までの3日間、東京・六本木ミッドタウンにて、豊臣秀吉が客人をもてなすために開催した茶会「醍醐の花見」を約400年ぶりに再現した体験イベント「綾鷹 大花見茶会」を開催します。会場では、桜に見立てた100本以上の和傘と庭園を眺めながら、落ち着いた雰囲気の中で急須でいれた緑茶の飲み比べや、湯呑みでゆったりと味わう体験をお楽しみいただけます。

綾鷹 大花見茶会」実施イメージ

 

綾鷹 大花見茶会」概要
■日程: 2017年3月20日(月・祝)~ 3月22日(水)
■時間: 3月20日(月・祝)     14:30~20:00
3月21日(火)・22日(水)12:00~20:00
■場所: 六本木ミッドタウン アトリウム
■内容: 約400年前に豊臣秀吉が客人をもてなすために開催した茶会「醍醐の花見」を、「綾鷹 大花見茶会」として六本木ミッドタウンに再現。会場では桜に見立てた和傘と庭園を眺めながら急須でいれた緑茶のおいしさをお楽しみいただけます。