ついに全国デビュー!!

「ジョージア マックスコーヒー」

−2月16日(月)より販売エリアを全国に拡大−

コカ・コーラシステムは、缶コーヒー市場シェアナンバーワン*ブランド「ジョージア」の地域限定製品で、 千葉県、 茨城県、 栃木県などを中心に30年以上愛されてきた 「ジョージア マックスコーヒー」 の販売エリアを 2月16日(月) より全国に拡大いたします。


*)インテージMBI調べ 2008年1月-12月 缶コーヒーシェア



「ジョージア マックスコーヒー」


「ジョージア マックスコーヒー」
250g缶/メーカー希望小売価格 120円(消費税込)

1975年、 利根コカ・コーラボトリング の関連会社である利根ソフトドリンク株式会社は、 日本果実工業株式会社 おける 「マックスコーヒー」(1991年に製品名を「ジョージア マックスコーヒー」に変更)の委託製造を開始し、 千葉県、 茨城県で発売しました。「マックスコーヒー」は1978年に栃木県においても販売され、 千葉県、 茨城県、 栃木県、 その隣接県を中心に30年以上愛されてきましたが、このたび販売エリアを全国に拡大し、より多くの皆様においしさを お届け してまいります。


「ジョージア マックスコーヒー」は、乳分として練乳を100%使用し、ミルキーなおいしさを実現しました。その やみつきに なるおいしい甘さは根強い人気を誇り、販売エリアにおいてはご当地コーヒーとして愛されています。


パッケージには、1975年の発売当初から変わらない、インパクトのある黄色のベースと茶色の波線を活かした独特なデザインを採用しました。中心に「MAX COFFEE」という文字を大きく配し、売り場における製品名の視認性を高めたほか、製品名の下に「練乳入り」と表記することで、本製品の最大の特徴であるミルキーな、やみつきになる おいしい 甘さをわかりやすく表現したデザインとなっています。飲用シーンに応じて選んでいただけるように、缶と ペットボトル、 両方のパッケージをご用意しました。


2009年1月から「ジョージア マックスコーヒー」の全てがわかる公式サイト(maxcoffee.jp)を開設し、着実にファンを増やしています。また、全国への販売エリアの拡大にあわせて、公式サイトに加え、日常の中で仲間と 楽しく 過ごす 刺激やネタを探す20代〜30代の男性をターゲットに、TV-CM、ラジオ、交通広告、雑誌タイアップ 広告 を活用しながら、サーフィン、スキーとのタイアップなど彼らの趣味や嗜好にあわせたキャンペーン展開を 行います。


「ジョージア マックスコーヒー」は、疲れて甘いものが欲しいとき、仕事の合間にほっと一息つきたいときなど、日常の様々なシーンでお楽しみいただけます。「ジョージア」は 「ジョージア マックスコーヒー」の販売エリア拡大により、愛飲者のさらなる拡大を図り、20代〜30代の男性を中心としたすべてのユーザーが現在の先行き不透明な時代の中でも、毎日を前向きに楽しく過ごせるようサポートしてまいります。



<製品概要>

■製 品 名   ジョージア マックスコーヒー
■品  名 コーヒー飲料
■原材料名

加糖練乳、砂糖、コーヒー、香料、カラメル色素、乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)

■カロリー 48kcal/100g(190g缶、250g缶、250g缶×6缶マルチ)
50kcal/100ml(500ml PET)

■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税込)

  190g缶/100円、250g缶/120円、500ml PET/158円、250g缶×6缶マルチ/690円
■発 売 日 2009年2月16日(月)
■販売地域 全国