プレスセンター

  • シェアする

「コカ・コーラ」でクリスマスキャンペーンを実施!

2010/11/15
家族や友人、恋人など、大切な人と一緒に過ごす“ハッピーなひと時”に…Coca-Cola 2010 Christmas Campaignコカ・コーラとサンタクロースが、世界中の人々に届ける“Happy”クリスマスデザインパッケージ、11月15日(月)から限定発売!

コカ・コーラシステムでは、家族や友人、恋人など、大切な人たちと一緒に“ハッピーなひと時”を過ごすクリスマスシーズンの本格的到来に先駆けてこの11月より、「コカ・コーラ」ブランドで毎年恒例のクリスマスキャンペーンを実施しています。今年は、“Connection”(つながり)をテーマに据えて様々な活動を展開しており、『大切な人と集まり一緒に過ごすクリスマスの時期に「コカ・コーラ」をあけて飲んでいただくことで、ちょっとした幸せを感じてもらう』ということを強く訴求してまいります。


また、本クリスマスキャンペーンの一環として、11月15日(月)からは、今回のクリスマスキャンペーンTV-CMの世界観に合わせたスノードームを髣髴とさせるクリスマスデザインパッケージとして、350mlのスプラッシュボールボトルを全国で限定発売いたします。


この冬、「コカ・コーラ」とサンタクロースが演出するハッピーなクリスマスのひと時に、どうぞご期待ください。


コカ・コーラ
コカ・コーラ ゼロ
コカ・コーラ ゼロフリー
コカ・コーラ コカ・コーラ ゼロ コカ・コーラ ゼロフリー

スプラッシュボール350mlPET

【クリスマスキャンペーン 全体概要】


ハッピーをあけよう。

今回のキャンペーンにおけるクリエイティブでは、「コカ・コーラ」と「サンタクロース」というクリスマスを象徴する2つのシンボルが、世界中の人々にハッピーなひと時を届ける、ということを表現しています。

キービジュアルには「コカ・コーラ」を持ったサンタクロースが描かれており、スノードームを模した球体の中にはハッピーな瞬間を過ごす人々の様子が切り取られて描かれています。

TV-CMにおいても、サンタクロースがスノードーム内のハッピーを見守る温かいストーリーとなっている他、CMの楽曲にはグラミー賞受賞アーティスト、TRAINによる書き下ろしの楽曲「Shake Up Christmas」を起用し、映像と音楽でハッピーが伝わる内容となっています。

また、今回発売される350mlスプラッシュボールボトルの他にも、家族や友人たちと行うクリスマスパーティーにはぴったりの、クリスマスデザインの大型2.0LPETを限定で発売するほか、クリスマスギフトが当たる消費者プロモーションなども実施しています。


詳しくは「コカ・コーラ」クリスマスキャンペーンサイトURL(http://cocacola.jp/)をご参考ください。

【TV-CM 「スノードーム」篇 楽曲「Shake Up Christmas」(シェイク・アップ・クリスマス)】


common-imgs-news-news_20101115_02_05.gif

大ヒット・シングル「ヘイ、ソウル・シスター」が全世界で600万DLを記録し、米コロムビア・レコード史上歴代1位の記録を樹立したグラミー受賞アーティストTRAINの書下ろしによるオリジナル楽曲。「コカ・コーラ」のグローバルクリスマスキャンペーンソングとして、11月より世界90以上の国や地域において順次オンエアされています。

ボーカル、パット・モナハンは『今回の楽曲は僕の幼少期に家族と過ごした幸せな日々からインスパイアされているんだ。「コカ・コーラ」のキャンペーンに参加する事によって、より多くの人達とそういったハッピーな気持ちを共有できる事をうれしく思うよ。みんなの前でこの曲を演奏するのがすごく楽しみだね。』とコメントしています。


TRAINオフィシャルサイト:www.sonymusic.co.jp/train

【参考:「コカ・コーラ」とサンタクロースの深い関わり】


「コカ・コーラ」では1931年よりコカ・コーラ サンタを広告に登場させています。当時「コカ・コーラ」は、暑い夏の飲料と思われていた中、季節や温度・気候に関わらず、どの季節においても理想的な飲み物であることを伝えるため、冬の象徴であるサンタクロースを広告に起用しました。

当時のサンタクロースは国や地域によって全く異なるイメージで捉えられていた中、「コカ・コーラ」のクリスマスキャンペーンのイラストレーターに起用されたハッドン・サンドブロムが描くサンタクロースは、「コカ・コーラ」のブランドカラーでもある赤い服で身包み、白髭で陽気な表情を浮かべ、多くの人の支持を得ることとなりました。

その後は、「コカ・コーラ」そのものの世界進出とともに、このサンタクロースのイメージも世界に広がっていき、多くの人々にとってのサンタクロースのスタンダードとして、そして「コカ・コーラ」のクリスマスの象徴として長く定着することになりました。


※「現在のサンタクロースが赤い服を着ているのは、『コカ・コーラ』の広告が最初だというのはよくある誤解です。実際、サンドブロムが「コカ・コーラ」の広告用に絵を描く前から、サンタクロースは数々の文書やイラストに赤い服で登場していました。ただし、そのイメージは必ずしも現在定着しているようなものではなく、中にはもっとおどろおどろしい怪物のような外見で描かれていたものなどもあったとのことです。

【クリスマスキャンペーンTV-CM 「スノードーム」篇 ストーリーボード】


common-imgs-news-news_20101115_02_06.jpg