いよいよ2015年のホリデーシーズン到来!
ということで、「前篇」「後篇」の2回にわたり
クリスマスやサンタクロースに関連した「コカ・コーラ」グッズをご紹介します。
撮影にご協力いただいたのは、
世界屈指の「コカ・コーラ」グッズコレクター下山好誼しもやまよしみ)さん。
下山さんが所有する約2万5,000点のコレクションの中から、
セレクションしました!


語り=下山好誼
文=金山靖
写真=野村正治


ボートハウス』『キャプテンサンタ』など人気ファッションブランドを次々と生み出した、ジョイマークデザイン代表の下山好誼さん。そんな下山さんは、実業家としての顔だけでなく、日本で初めて全米の「コカ・コーラ」コレクタークラブへの加入を認められた「コカ・コーラ」グッズコレクターとしての顔も持っています。20歳代のころ「コカ・コーラ」ロゴのかっこう良さに衝撃を受け、旅先のアメリカで手に入れた「コカ・コーラ」の缶をそのまま日本に持って帰ったことがコレクションのきっかけになりました。

取材時にはコカ・コーラ社のヴィンテージワークパンツを着用して現れた下山さん。クリスマスの「コカ・コーラ」グッズに惹かれた理由を、次のように熱く語ってくれました。

「白いヒゲをたくわえた笑顔のサンタクロースに初めて赤い服を着せたのは『コカ・コーラ』なんですよ。サンタクロースをコマーシャルに登場させるにあたり『コカ・コーラ』レッドの服を着せたんです。僕はそれを聞いたときに感動して、『コカ・コーラ』のサンタクロースを集めようと思ったんです」

珍しいコレクションや貴重品がたくさん。さあ、下山さんのコレクションの数々をご覧いただきましょう!


■グッズその1. 「コカ・コーラ」のコンツアーボトル型のオブジェ

世界的コレクターが宝物殿をご開帳。
レア度100%!な、「コカ・コーラ」クリスマスグッズ15選 
[前篇]

縦に2つに開くとサンタが現れ、閉じると「コカ・コーラ」のコンツアーボトルとなるオブジェ。約20年前、ラスベガスにある「ワールド オブ コカ・コーラ ストア」で買ったものだそうです。「サンタクロースのほかにも世界中のボトラー社(『コカ・コーラ』の販売会社)がつくったノベルティグッズが色々売り出されていましたね」(下山さん)。


■グッズその2. 「コカ・コーラ」を右手に持ったサンタクロースの人形

世界的コレクターが宝物殿をご開帳。
レア度100%!な、「コカ・コーラ」クリスマスグッズ15選 
[前篇]

アトランタで購入した人形。下山さんのコレクションのほとんどは「コカ・コーラ」グッズを売っているアンティークショップで購入したものだそう。「うちの社員と一緒に車に乗ってアメリカを旅しながら、日本人があまり来ない穴場の店を探すんです(笑)」(下山さん)。


■グッズその3. サンタクロースのトレイ

世界的コレクターが宝物殿をご開帳。
レア度100%!な、「コカ・コーラ」クリスマスグッズ15選 
[前篇]

200枚近く所有しているトレイの中から選んだ1枚。ほとんどのトレイには製造された年代が入っているので、コレクター心をくすぐるのだそう。こちらのトレイは「Coke is it!(コークと呼ぼう!)」という1985~86年に使われたキャッチフレーズがプリントされているのが特徴です。「サンタクロースは小さいころから好きだったんだけど、サンタが来ている赤い服の由来を聞いて、さらに好きになりましたね」(下山さん)。


■グッズその4. サンタクロースがプリントされたカレンダー

世界的コレクターが宝物殿をご開帳。
レア度100%!な、「コカ・コーラ」クリスマスグッズ15選 
[前篇]

おそらく、当時の「コカ・コーラ」販売店に対して配られたノベルティグッズであろうとのこと。「コカ・コーラ」グッズはすべて、数に限りがあるノベルティ。なかなか手に入らないからこそ、価値があるのです。「持っているカレンダーでは、1895年ぐらいのものが一番古いですね。その頃から『コカ・コーラ』のノベルティのデザインは優れていました。すばらしいです」(下山さん)。


■グッズその5. ニューオーリンズの遺跡から見つかった「コカ・コーラ」ボトル

世界的コレクターが宝物殿をご開帳。
レア度100%!な、「コカ・コーラ」クリスマスグッズ15選 
[前篇]

牡蠣が付着したままになっている“コンツアーボトル”の名で知られる「コカ・コーラ」ボトル。製造年月日は1923年の12月25日。年代物であるのに加え、クリスマスに製造されたボトルだということで俄然興味が湧いたそう。「アンティーク屋のウインドウに1本だけ飾られていたんです。ホテルを延泊し、2日間通い詰めてやっと入手できました」(下山さん)。


■グッズその6. プラスチック製のカップ

世界的コレクターが宝物殿をご開帳。
レア度100%!な、「コカ・コーラ」クリスマスグッズ15選 
[前篇]

1992年製のカップ。カリフォルニア州パサデナにあるローズボウルという競技場で使われていたものだろうとのこと。店でセット販売されていたものを買ったそうです。「それにしても、どうして『コカ・コーラ』のサンタクロースってこんなにかわいいんだろうね。年代によって顔が違うのも面白い」(下山さん)。


■グッズその7、8、9. サンタクロースの店頭ポップ

世界的コレクターが宝物殿をご開帳。
レア度100%!な、「コカ・コーラ」クリスマスグッズ15選 
[前篇]

世界的コレクターが宝物殿をご開帳。
レア度100%!な、「コカ・コーラ」クリスマスグッズ15選 
[前篇]

机上に置くタイプから高さ約1.5mにもなる巨大なものまで、サイズと用途の異なる店頭ポップたち。「コカ・コーラ」のサンタの緑に使われているのはジョージアグリーンという緑色なのだそう。「コカ・コーラ社の本社があるジョージア州は森が多いから、そういう名前なんです。この赤と緑の絶妙な配色は、アメリカ人だから出せた色だと思う」(下山さん)。


[コレクター紹介]
世界的コレクターが宝物殿をご開帳。
レア度100%!な、「コカ・コーラ」クリスマスグッズ15選 
[前篇]

しもやま・よしみ / 1947年岡山県生まれ。ジョイマークデザイン代表取締役。69年に22歳でジョイマークデザイン社を設立。79年にはブランド『ボートハウス』を発表、青山の店舗に2,000人の行列をつくるほどの大ブームとなる。その後も『キャプテンサンタ』などさまざまなブランドを手がけ活躍。身近な人からはキャプテンの愛称で親しまれている。
株式会社 ジョイマークデザイン ホームページ
http://www.joymark-design.co.jp/