コカ・コーラ社に殺到したファンレターを公開!

チャーリー・ブラウン・クリスマス」の放映後、コカ・コーラ社のもとには感激した視聴者からの手紙が殺到しました。以下はコカ・コーラ社が受け取った手紙の一部です。

各位
私はこれまで52年間、なかなか充実した人生を送ってきましたが、御社がテレビ番組「チャーリー・ブラウン・クリスマス」のスポンサーを務められたことへの賛辞を贈るため、生まれて初めてのファンレターを書いています。テレビ番組がこれほど多くの大人と子どもを感動させた例を他に知りませんし、この番組を観た多くの人が言っているように、御社が今後もチャーリー・ブラウンの番組スポンサーを続けられることを切に望んでいます。
グランドラピッズ在住 ミック

コカ・コーラ社 御中
御社がスポンサーを務められたテレビ番組、「ピーナッツ」シリーズが放映されたことへの感謝の意をお伝えしたいと思います。
御社が提供した娯楽作品は、御社の製品と同様、さわやかな魅力が際立っています。しばしば偽の精神によってかき消されてしまいがちなクリスマスの本当の精神を、健全な思想でもって前面に出していただいたこと、御社とシュルツ様に誠に感謝しています。私たちは「ピーナッツ」がテレビの世界で恒久的な居場所を得られることを願っています。この価値ある取り組みに貢献されたコカ・コーラ社の皆様に祝福が訪れますように。
ペンシルバニア州 ベル・バーノン
聖フランシスコ会のシスターたち
私自身も、「チャーリー・ブラウン・クリスマス」の長年のファンで、ホリデーシーズンにこの番組を家族と一緒に観るのが毎年の恒例行事です。聖フランシスコ会のシスターたちが書いてくれたように、「ピーナッツ」の仲間たちが今後も長らく視聴者を魅了し続けることを望んでいます。
*筆者のテッド・ライアンは、ザ コカ・コーラ カンパニー(米国本社)でヘリテージ・コミュニケーション部門のディレクターを務めています。