Fanta ist eine deutsche Erfindung: Fanta Brand Manager Winfried Brinkschulte

80年代、ファンタのブランドマネジャーを務めたヴィンフリート・ブリンクシュルティ氏


いつの時代も人生の楽しさとはじけるような遊び心を表現してきたファンタ。

長年にわたり世界中の人々に愛され続けているファンタですが、このブランドには、自分たちはアメリカ人よりも真面目だと考えるのが好きなドイツ人が知らないだろう事実が隠されています。それは、ファンタ誕生の地はアメリカではないということ。そうです、実は、ファンタは、ドイツの歴史ある飲み物なのです。

1980年代、エッセンでファンタのブランドマネジャーとして働いていたコカ・コーラ ドイツのヴィンフリート・ブリンクシュルティ氏に、ドイツ生まれのファンタがどのようにして世界的に人気のあるブランドになっていったのかについて話を伺いました。


Q. ドイツ人の多くは、ファンタがエッセンで生まれたことを知りません。他にも、ファンタについて知られていないような驚くべき事実はありますか?

A. ファンタには、他のブランドにはない誕生の由来があります。ファンタは第二次世界大戦中の1940年、ドイツで誕生し、導入されたのです。理由はこうです。ファンタが誕生する前、ドイツでもコカ·コーラは大人気製品でした。しかし、戦時中は、製造するのに必要な原材料が不足していました。そこで、当時のコカ·コーラ社のマネージングディレクターであったマックス・キース氏がチームの担当化学者に代替品の開発を依頼したのです。もちろん新しい飲料を開発するためには、戦時中でも容易に調達できる原材料を利用しなくてはならないため、選択肢は非常に限られていました。でも結果的に、窮すれば通ず、必要は発明の母、となりました。

Q. 当時、ドイツで登場したファンタの原材料は何ですか?

A. 主に乳清とリンゴの果肉からできていました。ご想像のとおり、現在ではお馴染みのファンタの味と共通する部分はほとんどありませんでしたが、大変人気がありました。

Q. ファンタの名前の由来は何ですか?

A.キース氏はエッセンの工場の従業員にこの新製品の名前の提案を持ちかけました。すると、皆が「ファンタスティック」(素晴らしい)、「ファンタジヴォル」(想像力に富んでいる)などと提案してきたため、それらの言葉を短くした「ファンタ」が良いだろう、ということになったのです。

Q. 戦時中という厳しい時期に、ファンタが一大旋風を起こしたのはなぜなのでしょうか?

A. それはもちろん、ファンタという製品が素晴らしくて、想像力に富んでいたからですよ!戦後、エッセンの工場の再建や流通システムの復活によって、ファンタはその存在を確固たるものにしました。地域の町のお祭りやスポーツイベントなどでも楽しまれるようになりました。

Q. もともと乳清とリンゴの味であったファンタが、どのようにして今のように進化したのですか?

A. 1955年のイタリアでのことです。イタリアナポリのボトラー社は、The Coca-Cola Companyの傘下でオレンジフレーバーのソフトドリンクを製造したいと考えていました。結局その飲料は1959年にドイツで導入され、Fanta Klarという名で販売されました。その製品は後に改良を加えられ、1964年、ファンタとして発売されました。それが、私たちが今日慣れ親しんでいる味のファンタなのです。

Q. ある時期から、ファンタは色々なフレーバーで販売されていましたね。

A. 個人的に最も記憶に残っている製品についてお話ししましょう。それは、80年代初頭に導入されたフレーバーたちです。当時のフレーバー群は、後にドンドン誕生する多様性に富んだ製品の先駆けで、マンゴー、ビターオレンジ、ピンクグレープフルーツ、ワイルドベリー、フレッシュレモンなど、数多くのフレーバーが導入されたのです。ちなみに、ミントとチョコレートは、当時の開発者の嗜好にはあまり合わなかったようですが()。 

Q. これからのファンタには何が期待できますか?

A. ファンタは今でも多様性があり、かつ時代とともに変化していきます。例えば現在のファンタには、合成着色料や合成香料が使用されていません。。一方、時代とともに変化しながらも、変わらない部分もあります。ファンタはファンタであり続けるということです。ファンタを手にすれば、その意味することが分かりますよ!