■「子どもと一緒のウェディング」もアリなんです

そして、ウエディングは夫婦の門出を祝うためだけではなく、「家族の記念」としても行われています。前出の石原さんが言います。

「経済的な事情などがあり、夫婦生活が落ち着いてしばらく経ってから、改めて結婚式を挙げる方がいらっしゃいます。最近では、結婚4年目で3人のお子さんを抱えるご夫婦が、『家族の記念に、親族だけの挙式を挙げたい』とプランニングを希望されました」


Happy Wedding!!
今どきのステキ結婚式に共通する3つのこと
記念としてのウエディングを挙げる家族も増えている

2人の希望は、「夫婦だけではなく、子どもたちと一緒にできるウエディング」。普通は子どもを親族に預けて行うものですが、こちらは5人家族みんなでヴァージンロードを歩き、誓いの言葉も家族一緒に交わすことができるようアレンジされました。

「特にこだわったのが、家族の誓いの証として用意したオーダーメードのリングですね。通常は夫婦2人だけが身につけますが、このご夫婦の場合は、3人のお子さんにもピンキーリングをそろえました。これは将来ネックレスにできるプラチナリングです。

いちばん下の子は生後8ヶ月くらいでしたので、式の様子は覚えていないでしょう。でも、成長したときにネックレスがあれば、こうして式を挙げたことが一生の思い出になる──。ご夫婦には、そういう思いがあったのです」(石原さん)


Happy Wedding!!
今どきのステキ結婚式に共通する3つのこと
子供用のピンキーリングはネックレスに




いかがでしたか? こちらで3パターンの個性的なウエディングを紹介してきましたが、これらは、ほんの一部に過ぎません。

「ウエディングとはこういうもの」というイメージにとらわれず、参加したゲストにとってもかけがえのない瞬間になるように、世のカップルたちはさまざまな工夫を凝らしています。ハッピーのかたちの分だけ、多様なウエディングが行われているのです。