2017年に創立60周年を迎える日本コカ・コーラ株式会社
それを記念して、大型連載「日本におけるコカ・コーラビジネスの歴史」をスタートさせることになりました。
この連載では、日本コカ・コーラの社史と清涼飲料「コカ・コーラ」の日本市場での歴史を、イラストを用いて分かりやすくご紹介していきます。
第1回目は、「コカ・コーラ」日本初上陸のお話です。

イラスト=宮内大樹

 

コカ・コーラ」は、大正時代にはすでに日本でも販売されていました。

日本コカ・コーラの歴史 第1回「コカ・コーラ」の日本上陸

 

1914年(大正3年)に詩人の高村光太郎が発表した詩集『道程』に収められている「狂者の詩」や、

日本コカ・コーラの歴史 第1回「コカ・コーラ」の日本上陸

 

1919年(大正8年)に明治屋が発行したPR誌『嗜好』に掲載されている宣伝文や、

日本コカ・コーラの歴史 第1回「コカ・コーラ」の日本上陸

 

1925年(大正14年)に作家の芥川龍之介がしたためた手紙の一節から

日本コカ・コーラの歴史 第1回「コカ・コーラ」の日本上陸

 

一部の都会人の間で「コカ・コーラ」が飲まれていたことがうかがい知れます。

日本コカ・コーラの歴史 第1回「コカ・コーラ」の日本上陸

 

……とは言っても、庶民にとって「コカ・コーラ」はまだまだ贅沢品でした。

日本コカ・コーラの歴史 第1回「コカ・コーラ」の日本上陸

 

その後、一旦姿を消し、再び日本に登場するのは戦後に入ってからのこと……。

日本コカ・コーラの歴史 第1回「コカ・コーラ」の日本上陸

 

終戦からひと月が経ったころ、世界各地で「コカ・コーラ」ビジネスを展開していた、ザ コカ・コーラ エクスポート コーポレーション(*1)の代表者が来日します。

*1 ザ コカ・コーラ カンパニー(米国本社)の100%子会社として1930年に発足した、コカ・コーラ社の海外部門。

日本コカ・コーラの歴史 第1回「コカ・コーラ」の日本上陸

 

ザ コカ・コーラ エクスポート コーポレーションは驚くべきスピードで開業準備を進め、1945年(昭和20年)10月には、横浜に日本支社が発足しました。

日本コカ・コーラの歴史 第1回「コカ・コーラ」の日本上陸

 

そして1946年(昭和21年)から52年(昭和27年)にかけてのわずか7年のうちに、国内6ヵ所にボトリング工場(*2)が次々と設置され、「コカ・コーラ」が日本国内で生産できるようになります。

*2 「コカ・コーラ」の瓶詰めを行う工場。

日本コカ・コーラの歴史 第1回「コカ・コーラ」の日本上陸

 

国内生産された「コカ・コーラ」は、進駐軍(第二次世界大戦後、日本に進駐した連合国軍)関係者に提供されていました。

日本コカ・コーラの歴史 第1回「コカ・コーラ」の日本上陸

 

とは言っても、これは一般の日本人はあまり知らないこと……。

日本コカ・コーラの歴史 第1回「コカ・コーラ」の日本上陸

 

次回は、「コカ・コーラ」がどのようにして日本の一般消費者向けに販売されるようになったのかを、描いていきます。

(つづく)

*つづきはこちら
第2回 日本の消費者と「コカ・コーラ」の出会い
第3回「コカ・コーラ」事業自由化までの道のり
第4回 事業を発展させた技術革新と営業活動
第5回 コカ・コーラ社と1964年東京オリンピック
第6回「コカ・コーラ」の広告ヒストリー
第7回 コカ・コーラ社製品の多様化 その1
第8回 コカ・コーラ社製品の多様化 その2

*企業年表はこちら