もうすぐゴールデンウィーク!
海外旅行や国内旅行、はたまた、近くの公園でピクニック……などなど、
おでかけの計画を立てている人も多いのではないでしょうか?
そんな春の行楽のお供にぴったりなお弁当レシピを、ご紹介します。
レシピを考案したのは、料理好きなことで有名なお笑い芸人の松橋周太呂さん。
3品にはそれぞれコカ・コーラ社製品を使っています。
ぜひお試しあれ!


料理監修=松橋周太呂
写真=鈴木慎平
文=コカ・コーラ ジャーニー編集部


■レシピ1:「カナダドライ ジンジャーエール」&カリカリ梅と、鶏肉の炊き込みご飯

カリカリ梅の赤とスナップエンドウの緑の彩りが春らしい、鶏肉の炊き込みご飯です。味の決め手は「カナダドライ ジンジャーエール」。ほんのりとした生姜風味は、大人も子どもも大好きなお味です。
調理に使ったコカ・コーラ社製品が“隠し味”♪
おいしさ満点、春の行楽弁当レシピ

・材料
鶏肉(モモでもムネでも可) 150g
米 2合
生姜 30g
鶏がらスープの素 大さじ2
カナダドライ ジンジャーエール」 150cc
水 250〜260ccほど(炊飯器の目盛りまで)
スナップエンドウ 50g
カリカリ梅 5〜6個分
しそ 数枚
ごま油 小さじ1
【A】
カナダドライ ジンジャーエール」 大さじ1
砂糖 小さじ1/3
塩 少々


・つくり方
1. 鶏肉をフォークで刺し、穴をたくさんあける。
2. ビニール袋に鶏肉と【A】を入れ、15分ほど置く。

[ポイント]カナダドライ ジンジャーエール」が、鶏肉にあけた穴から染みこんでいくのがミソ。砂糖には、水分を鶏肉の中に留まらせる効果があるので、しっとりジューシーに仕上がる。また、「カナダドライ ジンジャーエール」の風味が加わることで、旨味も増す。

3.炊飯器の釜に研いだ米と「カナダドライ ジンジャーエール」150ccを入れ、2合の目盛りまで水を入れる。その上に、ビニール袋から取り出し1cm角に切った鶏肉、みじん切りにした生姜、鶏がらスープの素を入れて炊く。
4. スナップエンドウは塩少々(分量外)を振って耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジで加熱(500Wで1分間)しておく。
5. ご飯が炊きあがったら、しゃもじで混ぜながら鶏肉をほぐす。

[ポイント]ここで、ごま油小さじ1を一緒に混ぜると、冷めても米粒同士がくっつかず、ほろっとした食感のご飯になる。

6. 刻んだスナップエンドウとスプーンで種を外してみじん切りにしたカリカリ梅を和える。 
7. 最後に千切りにしたしそを飾って完成。


■レシピ2:「爽健美茶」のチンジャオ“ころころ”ロースー

細長く切った具材を合わせてつくることが多いチンジャオロースーですが、具材をころころとした一口サイズに切ったことで、お弁当に入れても食べやすいおかずになりました。「爽健美茶」の香ばしい風味が、隠し味です。
調理に使ったコカ・コーラ社製品が“隠し味”♪
おいしさ満点、春の行楽弁当レシピ

・材料
豚肉(トンカツ用) 100g
たけのこ水煮 100g
アスパラ 50g
パプリカ 50g
ラード(なければサラダ油) 適量
片栗粉 適量
塩 適量
コショウ 適量
【A】
爽健美茶」 40cc
中華だしの素 小さじ2/3
オイスターソース 大さじ1
酒 大さじ2
醤油 小さじ2
砂糖 大さじ1


・つくり方
1. 豚肉を2cm角に切って、塩、コショウで下味をつけ、片栗粉をまぶしておく。
2. フライパンにラードを入れ、豚肉を炒めて火が通ったら、2cm角に切ったたけのこ水煮、アスパラ、パプリカを加え、火が通るまで炒める。

[ポイント]中華料理の味の決め手はラード! ラードによって、独特のコクと風味が加わる。家になければ手軽なチューブタイプをスーパーで買うことがおすすめ。

3. フライパンの余分な油をキッチンペーパーでふき取る。
4. あらかじめ混ぜておいた【A】を加えて、汁気がなくなるまで炒めたら完成。


■レシピ3:「コカ・コーラ」でつくるタコスミート卵焼き

みんな大好き卵焼き。中にひき肉でつくったタコスミートを入れてつくれば、食べ応えバツグンの副菜に。「コカ・コーラ」の甘みが、スパイシーなタコスミートの風味の良い引き立て役になっています。
調理に使ったコカ・コーラ社製品が“隠し味”♪
おいしさ満点、春の行楽弁当レシピ

・材料
<タコスミート> ※つくりやすい分量
豚ひき肉 100g
にんにく(チューブ) 小さじ1/2
塩 適量
あらびきコショウ 適量
オリーブオイル 適量
【A】
コカ・コーラ」 大さじ1
ケチャップ 大さじ3
中濃ソース 大さじ1
チリパウダー 少々(小さじ1/4ほど)

<卵焼き>
卵 3個
コカ・コーラ」 大さじ1
砂糖 小さじ1
塩 少々
サラダ油 適量
青のり 適量

・つくり方
1. フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて、香りが出るまで弱火で熱する。
2. ひき肉をフライパンに入れ、塩、あらびきコショウで味をつけて炒める。

[ポイント]ひき肉を炒めるときに泡立て器を使うと、よくほぐれて細かくなる。

3. 火が通ったら【A】を加えて、汁気がなくなるまで炒めたら、<タコスミート>完成。

4. ボウルに卵を割り入れ、「コカ・コーラ」、砂糖、塩を加えてよく混ぜる。
5. サラダ油をひいて中弱火で熱したフライパンに、卵液適量を流し、キッチンペーパーで軽く油を切っておいた<タコスミート>大さじ1程度を芯にして巻いていく。

[ポイント]巻くときにシリコンスパチュラ(100円均一ショップなどでも売っている)やフライ返しを使うと巻きやすい。多少途中で破れても修正可能なので、あきらめないことが大事!

6. 巻き終わったらフライパンに再びサラダ油をひき、卵液適量を流し入れ、再び巻いていく。卵液がなくなるまで繰り返す。

[ポイント]最後の一巻きの前に、残った卵液に青のりを加えてから巻くと、彩りが良くなり、見た目のアクセントにも◎。


<料理監修者プロフィール>
調理に使ったコカ・コーラ社製品が“隠し味”♪
おいしさ満点、春の行楽弁当レシピ

まつはし・しゅうたろ/ 日本テレビ系列『あのニュースで得する人損する人』で、話題の“家事えもん”として活躍。よしもと芸人でありながら、「掃除」「洗濯」「料理」の達人として、数々の家事の悩みを解決し、スゴ腕の料理術も披露。今回は、そのノウハウをふんだんに活用し、コカ・コーラ社製品を使った新しい料理レシピを生み出した。“家事えもん”の驚異の技をまとめたノウハウ本『すごい家事 - 人生の「掃除の時間」をグッと縮める』(ワニブックス)が大好評発売中。
公式Twitter:@matuhashishuuta/@matsushutaro



>>「カナダドライ ジンジャーエール」ブランドサイトはこちら!
>>「爽健美茶」ブランドサイトはこちら!
>>「コカ・コーラ」ブランドサイトはこちら!