新年明けましておめでとうございます。
コカ・コーラ社およびコカ・コーラシステムは、およそ60年にわたり、幅広いカテゴリーの清涼飲料製品を通じて、日本のみなさまに、おいしさと、さわやかさをお届けしてまいりました。
同時に、日々、店舗や自動販売機の間を駆け巡っているコカ・コーラのフレンドリーな営業スタッフは、みなさまにさわやかな製品をお届けするビジネスパーソンであるだけでなく、時に子供の親として、スポーツチームのコーチとして、そして地域のボランティアとして、良き地域社会の一員でもあり続けてきました。
いよいよ2015年が幕を開け、約2万3千人の日本のコカ・コーラシステムの従業員たちは、全国各地で品質の高い製品の製造・販売に従事し続けるのはもちろん、これまで同様、地域社会がさらにハッピーで元気になれるよう努めていきます。
それらのミッションを果たすために、本年も、新しい取り組みを進めてまいります。新しい生産ライン、インフラ、イノベーションに対してコカ・コーラシステム全体で数十億円を投資し、日本のみなさまやビジネスパートナーの方々に、より良い製品・サービスを提供してまいります。
特に、本年には、最も歴史あるイノベーションの一つ「コカ・コーラ」を象徴するコンツアーボトルが、100周年の節目を迎えます。私たちは100周年という節目を、歴史ある「コカ・コーラ」の伝説的なイノベーションを振り返る機会としてだけでなく、未来に向けた革新的な製品やパッケージを生み出すためのインスピレーションを得る機会としても捉えています。そしてもちろん、みなさまにこれまで以上のハッピーをお届けできる機会にもなり得ると確信しています。
イノベーションの根幹である新製品開発では、昨年新たに導入した「からだすこやか茶W」、「綾鷹まろやか仕立て」、「い・ろ・は・す スパークリング」は、いずれも消費者のみなさまからご好評を頂いております。今年も引き続き、みなさまのあらゆるライフスタイルやニーズに合わせた製品を新たに展開してまいります。 また、「ジョージア」ブランドが味を進化させてご好評を頂きましたように、これからも東京を拠点とする研究開発チームが継続して日本のみなさまの嗜好に合わせた品質の高い製品の開発を手掛けてまいります。
“イノベーション”は、製品まわりに留まりません。私たちが誇りをもって事業を展開している地域社会において、本年、サスティナビリティー支援を目的とした新しい取り組みも開始する予定です。まず、米国本社をはじめとする世界各地で既に展開している「5by20(ファイブ バイ トウェンティ)」プログラムを日本でも展開します。これは2020年までに、全世界の女性500万人の経済力向上を支援するためのプログラムで、コカ・コーラのサプライチェーンに関わる女性たちを日本でも支援していきます。 また、2020年までに日本を含めた全世界200ヵ国以上で、製品製造などで使用した量と同等量の水を自然に還元できるよう推進していきます。さらに、これまで同様、ビジネスパートナーとの協働のもとに、全国のコカ・コーラの自動販売機の半数以上に革新的なピークシフト技術の採用することを目指し、清涼飲料販売のピーク時間帯におけるエネルギー消費のさらなる削減に向けて取り組んでまいります。
みなさまに優れた製品とサービスを提供できるよう尽力する地域のボトリングシステム、そして、我々コカ・コーラシステムと地域社会との強固な絆こそがコカ・コーラの事業の中核を成しています。北海道コカ・コーラボトリング株式会社、みちのくコカ・コーラボトリング株式会社、仙台コカ・コーラボトリング株式会社、北陸コカ・コーラボトリング株式会社、コカ・コーラ イーストジャパン株式会社、コカ・コーラ ウエスト株式会社、四国コカ・コーラボトリング株式会社、沖縄コカ・コーラボトリング株式会社の国内8つのボトリング会社は、今年も事業を展開する地域社会に積極的な投資を行います。私たちの事業は、地域社会、ビジネスパートナーとみなさまが健全であれば我々のビジネスも健全であるという共通の信念のもと、こうした投資を行っています。
顧客のみなさまにとって、2015年が健やかで実り多い1年となるようお祈り申し上げます。コカ・コーラは、顧客のみなさまとのより良い関係を築くことができるような取り組みを展開していく上で、みなさまのご意見やご提案に耳を傾けてまいります。
最後に、日頃よりコカ・コーラ製品を購入し、ご愛飲してくださっている日本のすべての消費者のみなさまに心からの感謝の意を表します。みなさまの毎日の生活の中に当社ブランドを取り入れていただけることを大変嬉しく思います。日本最大の清涼飲料メーカーであることはコカ・コーラの誇りです。すべての当社ブランドが、みなさまから期待される高い品質基準を満たしたおいしい製品をお届けできるよう、今後もたゆまぬ努力を続けてまいります。
日本全国のコカ・コーラシステム各社を代表し、本年もみなさまのご多幸、ご健康、ご繁栄をお祈り申し上げます。