仕事を頑張る自分に、愛するあの人のために、楽しい行楽のお供に……。
手軽にさっとつくることができて、時間がたってもおいしさはそのままの、
コカ・コーラ社の製品とぴったり合うお弁当レシピを紹介する短期連載。
今回は、遠足やピクニックにおすすめのお弁当レシピです。
コカ・コーラ」と「カナダドライ ジンジャーエール」との相性抜群ですよ!

料理監修=山田英季
写真=福尾美雪
文=『Coca-Cola Journey』編集部

■レシピその1 「コカ・コーラ」に合う「ナポリタンパン弁当」

どこかなつかしいおかずパンと、アスパラとレモンを使ったつけ合わせで、食べごたえのある彩りの良いお弁当に。さわやかな「コカ・コーラ」との相性が抜群です。
コカ・コーラ社製品とぴったりなお弁当レシピ
秋の遠足 篇

コカ・コーラ社製品とぴったりなお弁当レシピ
秋の遠足 篇

・調理時間30分
・材料(つくりやすい分量)
【ナポリタンパン】
コッペパン 1本
スパゲッティ 100g
バター 20g
ピーマン 2個
玉ねぎ 1/4個
ソーセージ 2本
粉チーズ 適量


【A】
スパゲッティのゆで汁 50ml
ケチャップ 大さじ3
塩 1つまみ
砂糖 1つまみ


【アスパラのレモンマリネ】
アスパラ 6本
レモン 1/4個

【B】
オリーブオイル 小さじ1
メープルシロップ 小さじ1/2
塩 1つまみ
黒胡椒 適量

・つくり方
【ナポリタンパン】
1. 玉ねぎとピーマンは縦に5mmの薄切りにしておく。
2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、1%の塩を入れ、スパゲッティとソーセージを入れる。スパゲッティの袋の表示時間通りをゆで、ざるにあげる。
3. フライパンでバター10gを熱し、玉ねぎとピーマンを入れ、中火でしんなりするまで炒め、スパゲッティを加える。
4. 【A】を加えて全体を混ぜ炒めたら、火をとめてバター5gを絡め、皿にあげる。
5. コッペパンに切れ目を入れ縦半分に切る。内側に少量のバターを塗り、ソーセージをはさむ。その上に【4】を盛りつけ、上から粉チーズを振りかける。
【アスパラのレモンマリネ】
1.アスパラは下のほうの堅い部分を切り落とし、下半分の皮をピーラーでむく。鍋に湯を沸かして約3.5%の塩を加え、歯応えが少し残る程度にゆで、氷水にとって冷ます。水けをきり、3cmの長さに切る。
2. 薄切りにしたレモンと【1】と【B】をボウルに入れてよく和える。

■レシピその2 「カナダドライ ジンジャーエール」に合う「メキシカンタコス弁当」

お弁当箱に詰められた具材をトルティーヤに挟んで食べるスタイルが正解!
 「カナダドライ ジンジャーエール」片手に、わいわいパーティ気分で食事を楽しめます。
コカ・コーラ社製品とぴったりなお弁当レシピ
秋の遠足 篇

コカ・コーラ社製品とぴったりなお弁当レシピ
秋の遠足 篇

・調理時間30分
・材料(2人前)
トルティーヤ(ソフト生地のタコス) 2枚
牛肉(バラ薄切り) 200g
玉ねぎ 1/2個
レタス 1枚
トマト 1/4個
ブルーベリー お好みの量
オレンジ お好みの量
サラダ油 小さじ2

【A】
酒 50ml
ウスターソース 大さじ3
クミン 小さじ1/2
ガラムマサラ 小さじ1
塩 1つまみ
黒胡椒 適量
チリパウダー お好みの量

・つくり方
1. 玉ねぎは縦に5mmの薄切りにしておく。
2. フライパンで油を熱し、中火で玉ねぎを炒める。玉ねぎがしんなりしたら牛肉を入れ、色が変わるまで炒める。
3.【A】のスパイスと調味料をフライパンに加えて、水分がなくなるまで炒めて皿にあげる。
5. 弁当箱にレタスを敷き、【3】とスライスしたトマトを盛り付けて完成。食べる直前にトルティーヤで具を包む。付け合せに、1/8の大きさにカットしたオレンジと、ブルーベリーをミックスしたフルーツをお好みで。

[料理監修者]
コカ・コーラ社製品とぴったりなお弁当レシピ
秋の遠足 篇

山田英季やまだ・ひですえ)/1982年兵庫県生まれ。19歳の時に料理の面白さに目覚め和食、オーガニックレストラン、フレンチ、イタリアンで修行。その後、レストランでシェフを歴任しながらフードプロデューサーとして店舗、書籍、テレビなどにレシピを提供。復数の雑誌連載を抱える人気料理家として活動中。著書に『常備菜、お手軽おかずをのせるだけ!簡単!3色べんとう』(エイ出版)など。