■ 賢人3人目。リンジー・ハイドBaroo創業者・CEO)

「仕事と人助けを両立させましょう」

3人の賢人がアドバイス!
あなたのキャリアをレベルアップさせる方法
Navigating the Real World: Advice From 3 Coca-Cola Scholars
リンジー・ハイド


──ご自身の仕事とBarooについて教えてください。

リンジーBarooはペットサービス専門のコンシェルジュです。大型集合住宅のデベロッパーと提携して、住民コミュニティを対象とするペット関連のサービスを提供しています。犬の散歩から猫のトイレの掃除まで、さまざまな現場のニーズに応えます。

私はベンチャー企業のCEOとして、何でも率先して取り組んでいます。新しい提携に向けてデベロッパーを探すこと、販促キャンペーンの展開、ペットの飼い主の方たちとの交流まで、あらゆることをこなしています。

──「コカ・コーラ」奨学生としての経験は、社会人生活の中でどのように役立っていますか?

リンジー最大の収穫の一つは、「コカ・コーラ」奨学生のコミュニティの一員となれたことです。アドバイスや励ましの言葉がほしいときに会いに行ける仲間と巡り合うことができて、本当に幸運でした。この仲間は、自分たちの住む街や世界全体に変化を起こそうと本気で取り組んでいる同志でもあります。このような素晴らしい集団の中で親しい友人をつくれたことは、私自身の強みになっていると思います。

──充実したキャリアを築くためには何が必要ですか?

リンジー仕事の中でいちばん充実感を覚えるのは、人と人の信頼関係がきっかけになって、コミュニティに良い変化を起こすことができたときです。若い人たちには、今の自分の仕事が、キャリアアップを望む自らの野心にどのようにつながっているのか考えてみることをおすすめします。そして、同時に、どうすればその仕事を通じてコミュニティに恩返しできるかということも。今日、多くの若者が仕事をすることと人を助けることの両立を重視していると感じますが、これはとても素晴らしい傾向だと思います。