文=エレナ・ジャーマン


冷蔵庫は、プロポーズをするのに最適な場所とは言えないかも知れません。でも、スコットランドのテインに住むドニー・マクギルブレイ(Donnie McGilvray)氏は、恋人の名前が「コカ・コーラ」のボトルに書かれているのを知ったとき、“完璧な”恋人へのプロポーズ方法を思いついてしまったのです。いったいどんなプロポーズだったのか? そこには、コカ・コーラが深く関わっていました……。


彼女の名前入りボトルを探せ!

エロイーズ(Eloise)は店に入ると、自分の名前がついた『コカ・コーラ』の“ネームボトル”がないかどうか、いつも在庫をチェックしていましたが、いまだ見つけたことはありませんでした。僕は『Eloise』という名前入りのボトルが存在することを知っていたので、彼女のためにも、勤め先のスーパーに入荷したボトルはすべてチェックしていたんです」と、ドニーは語ります。
#ShareaCokeでのプロポーズを世界中が祝福!
#ShareaCoke Marriage Proposal Goes Viral

ただ、残念ながら、ドニーは自分の勤め先で彼女の名前の入ったネームボトルを見つけられませんでした。そこで方針を転換して、ウェブサイト(mycoca-cola.com)にアクセスすることにしました(ヨーロッパ10ヵ国の消費者は、自分の名前がラベルにプリントされたオリジナルネームボトルを、このサイトからオーダーすることができるのです)。

「彼女の名前がついたネームボトルを小道具に使ってプロポーズをしたらきっと喜んでもらえるだろうと思っていたので、ドキドキしながらボトルを探しましたね」と、ドニー

「彼女の名前を探しながら、すぐに『Will』と『Mhairi』も使ったらどうかと思いつきました。『Mhairi』はスコットランド人の名前ですが、『Marry(結婚する)』に発音が似ているからです。そしたら、Mと入力しただけで、『Marry』と出てきて、欲しかった他の言葉もすべてそろったのです」
#ShareaCokeでのプロポーズを世界中が祝福!
#ShareaCoke Marriage Proposal Goes Viral

ボトルが自宅に到着すると、彼女に見つからないようにガレージに隠し、婚約指輪を選びに出かけました。ドニーは指輪を、「コカ・コーラ」のグラスの中に入れられた氷に見立てようとしたのです。

そして、いよいよ、その日がやってきました。ドニーエロイーズに「ミルクを冷蔵庫にしまってほしい」と頼み、彼女は言われた通り、ミルクを冷蔵庫にしまおうとします。そのとき、そこに待ち受けていたものは彼女にとって思いがけないものでした。冷蔵庫の中には6本の「コカ・コーラ」のネームボトルが並べられ、「Beautiful Eloise Will You Marry Me(美しいエロイーズ、僕と結婚してください)」とラベルに書かれていたのです。さらに、花束の隣に置かれた「コカ・コーラ」のグラスには、指輪が隠されていました。

冷蔵庫のドアを開けてそのメッセージを見た瞬間、エロイーズは言葉につまりながらも、喜びの悲鳴を上げました。

「『私の名前を手に入れたのね!』。そう、エロイーズは叫んだんです。僕はすぐにエロイーズにグラスから指輪を取り出してもらって、あらためてプロポーズしました。エロイーズは目に涙を浮かべ、にっこりとほほ笑んで、『イエス!』と言ったのです」とドニーは運命の日を振り返ります。


「いいね!」が100万件に

二人はすぐに婚約したことを家族にも知らせ、その数日後にはドニーのユニークなプロポーズの模様を収めた写真をコカ・コーラのFacebookに投稿しました。 

その後二人に起こったのは、感動の嵐でした。ドニーのプロポーズは、すぐにインターネット上で大きな反響を呼び、ありとあらゆるメディアで紹介され、100万件を超える「いいね!」を獲得したのです。
#ShareaCokeでのプロポーズを世界中が祝福!
#ShareaCoke Marriage Proposal Goes Viral

「とにかく反響の大きさにびっくりしました。これほどまで多くの人たちの心を捉えたのは驚きです。私たちは本当に幸せ者。感謝の意味も込めて、このニュースをコカ・コーラ社にも伝えたら面白いだろうと思ったのです」とドニーは語ります。
世界中から続々と届く祝福のメッセージに、二人は、ただ感激するばかりです。

コカ・コーラ社が私たち二人を祝福する写真を投稿してくれたり、イギリスで「Share a Coke」のラベルを印刷しているIntervino社のCEOの方が連絡をくださったり、とても感動しました。そうした出来事で、私たちの婚約はさらに特別なものになりました。今でも反響に驚いています!」 

ドニーいわく、「Share a Coke」のボトルは記念品として大切に保管してあるそうです。ちなみに、二人の結婚式は2016年夏に予定されています。 

英国コカ・コーラ社は、この二人の婚約を記念して「Share a Coke」の製品やロマンティックなディナーのクーポンを贈り、世界一幸せなカップルを祝福したそうです。