──もし、宇多丸さん「ファンタ」CMソングを手がけることになったら、どんなラップにしますか?

宇多丸 うーん、僕だったらもう少し分かりやすくライミング(韻を踏むこと)して、一度聴いたら誰でも歌える感じにするかもしれないですね。「ファンタ」に限らず、最近のCMで使われているラップって意外と口ずさめないものが多い。CMソングなんて歌えてなんぼだし、うまく使えばラップは非常に効果的だと思うんですよ。でも、きっちり韻を踏んじゃうと、昔っぽい印象を与えてしまう可能性もあるので、難しいところですね。特に「ファンタ」は、若者に人気のある製品ですから。だから、今回に関しては、多少分かりにくくても、“イケてる”ラップの方を採用したっていう意図があると、僕は思います。

ライムスター・宇多丸さんが解説。日本コカ・コーラ社2016年“傑作”CMの見どころ聴きどころ

 

■ミニマムな画像にも注目──「ヨーグルスタンド」「アクエリアス ビタミン」CM

──続いては、昨年4月に発売された「ヨーグルスタンド」です。これは、日本コカ・コーラにはめずらしい乳性飲料の新ブランドです。

宇多丸 まず画面がすごく整理されていますよね。パッケージで使われているネイビー、水色、黄色、緑、白以外の色味が画面からほとんど排除されている。文字情報もかなり整理されていますね。これを見ても、何がどうヘルシーなのかってことはほとんど分からないですもん。でも、新製品だからそれでいいんです。情報量が多すぎると、結局何も頭に入ってきませんから。じゃあ、そこまで情報を絞った上で、このCMでは何を一番訴えたいのかといえば、製品名ですよ。だからこそ、この歌が効いてくるんです。とにかく製品名だけを連呼して、「名前だけでも覚えて帰ってねー」ってことですよね。

──最後は昨年の10月にリニューアルした「アクエリアス ビタミン」の「ZINGY LEMON」篇です。ちなみに、CM中に登場するレモンのキャラクターは「レモミン」と言います。

宇多丸 「アクエリアス」というとスポーツのイメージが強いですが、「アクエリアス ビタミン」に関しては健康志向的な飲料って位置付けなんですね。このCMではそんなメッセージを、分かりやすく表現しているんでしょうね。映像では、ちょっとラテン感のあるEDMが流れる中、OLの体に栄養の象徴であるレモン、「レモミン」でしたっけ(笑)、がぶつかってくるんですよ。そして、これも「ヨーグルスタンド」と同じく、画面の整理のされ方は見事です。色味としては白っぽいスペースを舞台に黄色、緑、オレンジを基調にしていますよね。

あ!? よく見ると、背景の街路樹にレモンの実みたいなのが付いていますね。おそらくこれは編集段階で付け足したんじゃないですか? だって、こんなオフィス街の街路樹にレモンってないですよね? うわー、すごいな。色味以外にグラフィカルな要素も整理されていますね。たとえば、最後に出てくる「アクエリアス ビタミン」のロゴ。これは背景の車道と平行になるようにレイアウトされています。その際に登場する商品ボトルの傾きも女の子が飲んでいるボトルのそれと同じ。まぁ、CMっていうのはたった15秒しかありませんから、計算されてない画はないってことですね。

──というわけで、5本のCMを見ていただきましたが、いかがでしたか?

宇多丸 やっぱりCMって面白いですね。特にコカ・コーラ社のはどれも垢抜けている。今回は製品のリニューアルに合わせたものが多かったので、リニューアル前のものと見比べてみると、より楽しめると思いますよ。CMは作品を「点」で見るより、その製品CMの歴史全体を俯瞰した「線」で見た方が断然、面白いので。

ライムスター・宇多丸さんが解説。日本コカ・コーラ社2016年“傑作”CMの見どころ聴きどころ

うたまる / ラッパー、ラジオ・パーソナリティ。1969年東京都生まれ。89年の大学在学中に、ラップ・グループ「ライムスター」を結成。日本語ラップ方法論の模索からはじめ、ライブを中心とする活動で道を開き、多くのフォロワーをうみながら、ライムスターはいまだに第一線で驚異的な活躍をみせている。また2007年にTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』がスタートすると、ラジオ・パーソナリティとしてもブレイク。第46回ギャラクシー賞でDJパーソナリティ賞を受賞した。アイドル、映画、人生相談など多岐にわたるテーマで連載を持ち、著作も多数ある。
http://www.rhymester.jp

 

≪前のページ 「1」 「2」