日本コカ・コーラ、技術・サプライチェーン本部の乙黒慧は、入社17年目の生え抜き社員。家では3人の子どもの母親でもある。育ち盛りの子どもを持ちながらも、しっかりとキャリアを重ねてこられた背景には、会社の文化や制度、さらには同僚との助け合いがあった。

「お母さん、早く早く!」

山の急斜面を一気に駆け上がる3人の子どもたちが、下にいる母親を呼び寄せる。

「そんなに高い所まで行けないわ。こっちから投げてみるから、ちゃんと受け取ってね」

母親が手に持つのは木の苗。親子はこの山に、木を植えようとしていた。

「大きく育つといいね」

土まみれになった親子は、自分たちが植えた木が育った様子を想像しながら、しばらくそれを見つめていた――。
山に植樹をする親子(群馬・丸沼高原)
山に植樹をする親子(群馬・丸沼高原)

2015年5月のある土曜日、群馬県片品村の丸沼高原に、多くの新しい苗木が植えられた。日本製紙と日本コカ・コーラの協働プログラム、「森とスマイル」の一環として行われた植樹イベントによるものだ。

「休日にこうやって、子どもたちといっしょに外で過ごすのが何よりも楽しみなんです」

イベントに親子で参加した乙黒慧は、日本コカ・コーラの社員である。この日は活発な子どもたちを温かく見守る3人の母親として温和な表情を見せていたが、会社の中では一転、引き締まった表情を見せる。
乙黒は現在、技術・サプライチェーン本部の、コマーシャリゼーションマネジャーという立場で仕事をしている。いったいどんな仕事なのか。

「新しい製品が開発されたら、その特徴やブランド戦略などを、製品を製造・販売するボトラー社さんと共有する必要があります。これなくしての製品化はありえません。どの工場でどのように製造するかなど、商業生産に向けて、ボトラー社さんや部署間の調整をするのが私の仕事です」
技術・サプライチェーン本部の乙黒慧(左)
技術・サプライチェーン本部の乙黒慧(左)

新しく開発された製品が世に出るために奔走する。彼女はいわば、「新製品の道先案内人」でもある。
乙黒は社内でそのような重要な仕事を任されているが、家庭では3人の子どもを持つ母親だ。会社ではそんな様子を微塵も見せずにしっかりと仕事をこなしているが、育児と仕事の両立は本来、とても難しいはずである。いったい彼女のワークライフバランスに、どんな秘密が隠されているのだろうか。
「私は特別な人間ではないし、自分の力で両立できているとは全く思っていませんよ。この会社だから、育児をしながら仕事を続けられたんだと思います」

それは乙黒が16年間、日本コカ・コーラ一筋で仕事を続けてきたことが証明している。産休や育児休暇の期間があっても、彼女はキャリアを中断することなく3度の職場復帰を果たしている。

「中2の長女は物静か、小5の次女は社交的、小2の長男がまたシャイなんですよ」

3人の子どもの特徴をそう話す乙黒は、入社4年目で長女を身ごもった際に、仕事を続けていけるかどうか、大いに悩んだのだという。
笑顔の絶えない仲の良い親子
笑顔の絶えない仲の良い親子

「私にとって出産は初めての経験だし、当時の世の中はまだ、出産・育児と仕事の両立について今ほど語られていませんでした。休むことで職場の仲間に迷惑をかけてしまうと思い、申し訳ない気持ちで一杯で……」

しかし乙黒が悩んでいたことは杞憂だった。自分が子どもを授かったこと、そして産休を取りたいということを上司に報告した際、こんな言葉が返ってきた。