おいしい水は美しい森が支える。日本の名水を守り続けてきたのは、森林の保全活動に携わる林業を生業とする人々だった。しかし林業の担い手が減少を続ける中で、森を守り、育てる活動の大切さは忘れられつつある。美しい森を次の世代に受け継いでいくために何ができるのか? 地元の森を愛し、長年にわたって森林保全活動を続ける一人の男性を訪ねた。


毎朝5時に起き、畑を耕す。育てているのはグリーンピース、人参、チンゲンサイ。夜明けにひと仕事終えたあとは重い刈払機を抱え、広大な森林の整備に向かう。険しい山道を1日10 kmは歩く。特に夏場は過酷で、気温が連日30度を超える中、日が暮れるまで草を刈り続ける。慣れない人は数時間で音を上げそうな生活を、今年で78歳を迎えた木野次雄さんは、もう10年以上も続けている。

宮崎県えびの市。霧島連山の麓に豊かな自然が広がるこの町に、木野さんが委員長を務める「麓共有林」はある。麓共有林は市内最大の共有林で、広さは約250ヘクタール。東京ドームに換算すると、約53個分にも上る。

sus2016 world-image1

麓共有林の頂から見たえびの市の眺め。市内を流れる川内川を中心に、平野部分には田んぼや畑が広がる。奥に見えるは霧島連山の一角


この森の歴史は古い。地域の人たちが山の土地を共同で所有することになったのが、今から130年前のこと。現在も森林を“共有”する「株主」は88人おり、何代にもわたって森を守り続けてきた。木野さんも所有権を持つ株主の一人だ。

木野さんたちの主な活動は、株主会で立てた事業計画に則り、木を植え、伐採し、木材として販売すること。しかし、売り物になる質の良い木を育てるためには、日々の手入れが欠かせない。

「苗木を植えてからの数年間は『下刈り』といって、周りの雑草を刈り取る作業をしなければなりません。苗木よりも雑草のほうが成長は早いため、下刈りをしなければ、苗木への日当たりが悪くなり、その成長が阻害されてしまうからです」

大きく育ってからも、植栽木以外の不要な樹木を伐採する「除伐」や、互いに成長を阻害しないように木を選んで伐採する「間伐」など、常に手入れをしていく必要がある。そのようにして長年、木野さんたち株主は麓共有林を守ってきた。

下刈りの作業をする木野さん

下刈りの作業をする木野さん。日光を遮るものがないため、夏場は気温がかなり上昇する。1時間おきのこまめな休憩と水分補給が欠かせない


しかし近年、森林の保全に携わる人は減少し続けている。宮崎県南西部の森林の管理や木材販売を担う西諸地区森林組合の代表理事組合長、平奈緒美さんが言う。

「宮崎県は杉の丸太生産量が日本一であることからも分かるように、林業が盛んな地域でした。えびの市も建築用木材の生産地として評判が高く、高度経済成長期には多くの人が林業に従事していました。私が組合に入った35年前には、山から木材を運び出す馬がたくさんいたことを覚えています。しかし、木材の市場価格が下落したことで、林業の担い手が大幅に減ってしまった。木を切ったあとに森林を保全する費用が払えないから、もう木を植えないという地主さんもいるのです。そのため、裸の山が増えてきています」

木野次雄さんと平奈緒美さん

木野次雄さんと平奈緒美さん。森を守る二人の背筋はピンと伸びている


麓共有林もまさに同じ問題を抱えている。株主の多くは県外におり、保全作業に参加しているのは、木野さんを含めた地元の有志7人のみ。森林組合と協力しながら、なんとか活動を続けているのが現状だ。

「周りからは、『もうトシなんだから、そんな大変なことをしなくてもいいじゃない』と言われます。でも、委員長である私が先頭に立ってやらないと、本当に誰も森を守り、育てることをしなくなってしまう」と木野さんは語る。なぜ、そこまで森を育てることにこだわるのか?

「やっぱり、ここが私の地元だからですね。麓共有林の株主を親父から継いだ時に、森を守っていく責任も引き継いだのだと思っています。親父は農林関係の公務員であり、森を守ることを仕事にしていました。私も、32年間務めた公務員の職を1999年に定年退職してからは農林業を営んでいました。そんな時、麓共有林株主会の前委員長が退任することになり、私に『ぜひ頼む』と。悩みましたが、自分の森は自分で守らなければならないと思い、委員長を引き受けることにしたのです」