難病支援自動販売機

難病支援自動販売機
 自動販売機の清涼飲料購入1本当たり1~5円が支援金として「新潟県難病相談支援センター」を運営するNPO法人「新潟難病支援ネットワーク」に贈られる仕組みです。長岡市に本拠地を置く「ピーコック社」の発案により、三国CCBCが設置を進めています。

2009年7月より本格的に開始し、2010年4月現在までに県内で130台を超え支援金額も累計で80万円までに至っており、設置先としては半数が県立高等学校。その他としては大学病院・一般企業などです。
自動販売機を通じた社会貢献活動として設置先数が拡大しています。