摂取量によっては、カフェインが軽い覚醒作用をもたらすことが知られています。人によっては、この作用により眠れなくなる場合があるでしょう。また、妊娠中や授乳中の人は、カフェインの摂取を控えるべきともいわれています。しかしながら、健康な成人であれば、1日あたり3~5杯分のコーヒーに相当するカフェインを摂取しても、身体に悪影響はなく、およそ3~4時間で体外に排出されてしまうことが知られています。このように、カフェインの食品としての安全性は、欧州やオセアニアを含む世界各国で認められています。


安全性
カフェインは米国食品医薬品庁(Food and Drug Administration:FDA)、欧州連合食品科学委員会(Scientific Committee on Food:SCF、2003年に欧州食品安全機関〈EFSA〉から移行)、オーストラリア・ニュージーランド食品基準機関(Food Standards Australia New Zealand:FSANZ)を含む世界中の140以上の規制当局により、食品への適量使用において安全性が認められています。摂取量によって、カフェインは軽度の覚醒作用をもたらすことがありますが、カナダ保健省によると、成人が1日あたり400~450mg(レギュラーコーヒー3~5杯分に相当)を摂取しても、身体に悪影響はありません(妊娠または授乳中の人を除く)。

代謝
カフェインは、体内に蓄積されることはなく、健康な成人の場合、個人差はあるものの通常3~4時間以内に排泄されます。また、カフェインの感受性は個人差が大きく、摂取頻度や摂取量、体重や健康状態などにも左右されます。例えば、夜遅くにカフェイン入りの食品や飲料を摂取しても睡眠に影響しない人もいれば、少量のカフェインで眠れなくなる人もいます。カフェインを過剰摂取した場合、焦燥感、不眠、不安やイライラの原因となり、頭痛や不整脈、またはその他の問題を起こす場合もあります。しかし、自分の体質に合ったカフェイン量を知っている人も多く、カフェイン摂取で不調になったことのある人は、摂取を控える傾向があります。

専門家は「小児、妊娠または授乳中の人、カフェインの感受性の高い人などは、カフェインの摂取を制限するかまたは避けるべき」と提言しています。カフェインの感受性は、妊娠や加齢により変化することがあるため、カフェイン摂取に関して、妊娠中、授乳中、妊娠希望の人は、医療従事者の助言に従う必要があります。

カフェインと健康
適切なカフェイン摂取量は、成人の場合、1日にコーヒー3~5杯、またはカフェイン入り炭酸飲料8缶程度と考えられており、この程度では健康上の問題を引き起こすことはありません。しかし、普段からカフェインを大量に摂取している人が、突然摂取をやめると頭痛やその他の軽い症状が起こることがあります。

近年、特定の嗜好性食品を楽しむことに対して「依存症」という言葉が使われるようになり、このことがカフェインを含む食品や飲料には依存性があるという憶測を生んでいます。カフェインには軽度の覚醒作用があると考えられていますが、カフェインを好んで摂取している人を薬物依存者と同等に扱うのは正しくないと、世界保健機関(World Health Organization:WHO)は指摘しています。本当の意味での「依存症」であれば、減量や中止により重篤な心理的または身体的な問題がみられるはずです。しかし、カフェインの場合、こうした問題はみられないことが研究によって示されています。

カフェインの適量な摂取は、身体的活動および精神的活動のどちらにおいても良い効果があることが示されています。研究によれば、カフェインを適量摂取することで、一時的ではあるものの記憶力や論理的思考力が向上することが明らかになっています。さらに最近では、カフェインの適量摂取が、運動能力および持久力に良い影響を与えることも示唆されています。

カフェインが小児の多動症や注意欠陥障害の原因になるとの意見もありますが、科学的根拠はありません。しかし、小児に対しては、その体格に合わせたカフェイン摂取量が望ましいと考えられます。

カフェインが骨に対して悪影響を及ぼすのではないかとの懸念があります。しかし、コーラ飲料などに含まれるカフェインは、カルシウムの体内動態にほとんど影響しないことが研究で示されています。骨の健康にとって最も重要なのは、カルシウムとビタミンDを十分に含む栄養バランスの良い食事をとることと、定期的に体重負荷運動を行うことです。国際骨粗鬆症財団(International Osteoporosis Foundation:IOF)も、カルシウムを十分に摂取していれば、適度なカフェイン摂取が骨の健康に害を与えることはないとの見解を発表しています。詳しくはこちらから。

カフェインには軽度の利尿作用があるため、カフェイン入り飲料が体内の水分補給に影響するのではないかという疑問ももたれています。しかし、米国医学研究所(Institute of Medicine:IOM)は、カフェイン入り飲料を含めたすべての飲料は、水分補給をサポートすると述べています。詳しくはこちらから。

FDAが1987年に発表したレビューでは、清涼飲料水に含まれるカフェインが健康に悪影響を与えるという報告は確認されていません。

一般的な食品・飲料のカフェイン含有量

飲料*

240 mL(8 fl. oz.)あたりの

カフェイン量(mg)

コカ・コーラ 23 mg
ダイエットコカ・コーラ、コカ・コーラ ライト、
コカ・コーラ ゼロ
23~31mg
バークス・ルートビア 16 mg
スプライト 0 mg
ファンタオレンジ 0 mg
コーヒー(ドリップ抽出) 65~120 mg(通常85 mg)
エナジードリンク 70~85 mg(ブランドにより異なる)
紅茶(米国) 0~90 mg(通常40 mg)

 

食品 30 g(1oz.)あたりのカフェイン量(mg)
ココアパウダー 3~32 mg(通常6 mg)
ミルクチョコレート 1~15 mg(通常6 mg)
ダークチョコレート 5~35 mg(通常20mg)

 

* The Coca-Cola Companyは、カフェイン入り、カフェインなしなど、消費者のニーズに合わせ、カフェイン無添加のコカ・コーラ、ダイエットコカ・コーラ、コカ・コーラ ライトをはじめとした、さまざまな種類の飲料を提供しています。