ジョージア

 製品情報 ジョージア

 関連記事

coffeebusiness_article_top.png
「ジョージア」は、なぜ世界に誇るRTD(容器入り)コーヒー飲料になったのか
文=ウィット・ウェルズ   ■コカ・コーラ社が誇る日本市場の看板ブランド 日本のコカ・コーラ社は、他に類を見ない製品の独自性と、そのバリエーションの豊富さが際立つ、世界のコカ・コーラ社の中でも異彩を放つ存在です。今年の3月には、「コカ・コーラ」ブランド初のトクホ製品「コカ・コーラ プラス」を発売し、大きな話題となったばかりです。 数ある日本のコカ・コーラ社製品の中でも、大きな成功を収めたもののひとつに、缶やPETボトルなどのRTD(RTD:Ready To Drink、容器入り飲料のこと。 以下、RTD)コーヒー飲料「ジョージア」があります(1975年に発売された『ジョージア』のブランド名の由来は、『コカ・コーラ』が誕生したジョージア州に由来しています)。「ジョージア」はRTDコーヒー飲料として世界一の売り上げを誇ります……というと、海外では「日本といえば緑茶」のイメージが強いだけに、驚く人も少なくありません。 実際、日本で最も消費されている清涼飲料は緑茶ですが、コーヒーの消費量も年々増え続けています。全日本コーヒー協会によると、日本における2015年のコーヒー消費量は46万2,000トンと、4年連続で増加し、過去最高となりました。また、日本のコーヒー消費量は世界のコーヒー輸入国の中で3番目となっています(2012年データ)。日本コカ・コーラ社で原料調達を統括する梶原さんによると、日本のコカ・コーラ社は主にブラジルとコロンビアからコーヒー豆を調達しており、そのほとんどが缶コーヒー飲料の原料として使われています。

コカ・コーラ 公式アカウント

回再生