コカ・コーラ黎明期

1886年 │ 「コカ・コーラ」初の新聞広告が登場
1886年 │ 「コカ・コーラ」初の新聞広告が登場

『アトランタ・ジャーナル』誌(1886年5月29日付)に掲載された広告では、
“コカ・コーラ、おいしく!さわやか!軽やかに!元気はつらつ!
(Coca-Cola,DELICIOUS!
REFRESHING!
EXHILARATING!
INVIGORATING!)”と、
「コカ・コーラ」の特徴がアピールされた。

1891年 │ 販促カレンダーや宣伝ポスターの制作開始
1891年 │ 販促カレンダーや宣伝ポスターの制作開始

まずは「コカ・コーラ」のおいしさを味わってほしいと考えたペンバートン博士は、
無料試飲クーポンを開発、広く配布して販売促進に努めた。
1893年│「コカ・コーラ」の名称を合衆国特許局に登録する
1893年│「コカ・コーラ」の名称を合衆国特許局に登録する

もっとも重要な資産のひとつである「コカ・コーラ」の名を保護するため、
商標登録をする(写真は1905年製の屋外看板)

 

“いつでも、どこでも、だれにでも”

1899年│大規模なびん詰め工場(ボトリング工場)が誕生
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_04

テネシー州チャタヌーガに、「コカ・コーラ」のびん詰めを行う大規模なボトリング工場を建設。
以降、全米各地にボトリング工場が誕生する。(写真は初期のボトリング工場)
1915年│現在のボトルデザイン(コンツアーボトル)が誕生
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_05

ココア豆をモチーフに、暗やみでもわかるようにと考案された独特のデザイン。 そのガラスの色は、ジョージア州の豊かな自然を思わせる緑色。
1925年│「コカ・コーラ」初の大型看板広告が登場
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_06

米国の自動車ブーム到来にあわせて、沿道にはさまざまに趣向をこらした看板広告が掲げられた。
1929年│「コカ・コーラ」初の大型ネオン看板を、ニューヨーク、タイムズ・スクエアに設置
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_07

マンハッタンの中心タイムズ・スクエアに、「コカ・コーラ」初の大型ネオンサインが設置され、多くの人々を楽しませた。
1933年│シカゴ万国博覧会に、初の自動式ディスペンサーを出展
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_08

「発展の世紀」と名付けられシカゴの万国博覧会に、機械化の時代にふさわしい自動式ディスペンサーを出展した。
1945年│愛称コーク(Coke)を商標名として合衆国特許局に登録
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_09

多くの人々から親しまれ、1941年には広告にも登場した「コカ・コーラ」の愛称「Coke」を商標登録した。
 

世界に広がるコカ・コーラ

1957年│日本コカ・コーラ(日本飲料工業)設立
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_10

東京都港区に設立。翌年、日本コカ・コーラ(株)に社名変更。
1960年│コンツアーボトルを商標として米国特許局に登録
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_11

ボトル自体がトレードマークと判定される、非常にまれなケースとなった。
1971年│I'd like to buy the world a Coke”(世界中の人々にコークを)の広告が大反響となる
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_12

世界30ヵ国の民族衣装を着た若者たちが登場するテレビCMは、あらゆる世代に愛と平和について語りかけ、各地で評判となった。
 

コカ・コーラ 新世界と未来

1978年│FIFAワールドカップ™のオフィシャルパートナーとなる
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_13

1930年第1回ウルグアイ大会からFIFAワールドカップ™を支援。
1978年アルゼンチン大会からはオフィシャルパートナー契約を交わし、2022年までの支援が決まっている。
1985年│スペース・シャトルとともに「コカ・コーラ」が宇宙へ旅立つ
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_144

スペース・シャトル「チャレンジャー」号に乗った「コカ・コーラ」スペース(宇宙)缶は、無重力を体験した初めての清涼飲料となった。
1990年│ジョージア州アトランタに「ワールド オブ コカ・コーラ」誕生
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_15

「コカ・コーラ」の過去、現在、未来を伝えるミュージアムを開設。2007年5月にリニューアルオープン。
2005年│オリンピックのスポンサーシップを2020年まで更新
年表から見るコカ・コーラの歴史【広告の歴史】_16

国際オリンピック委員会とのパートナー契約を2020年まで更新。
企業としては、もっとも長期間にわたるパートナー契約を結んでいる。
【関連コンテンツ】
コカ・コーラにまつわる話
[コカ・コーラとオリンピック
]