い・ろ・は・す

 製品情報 い・ろ・は・す

 関連記事

clear_soft_drink_article_top.png
[コカ・コーラ社の製品開発 サプライズ!?篇]「爽健美水」「い・ろ・は・す ライチティー」の担当者に聞く お茶ブランドが水、水ブランドがお茶を出す理由とは?
6月4日、「い・ろ・は・す」ブランドから初となる、お茶フレーバーの「い・ろ・は・す ライチティー」が発売されました。“水”のブランドから“お茶”フレーバーが出たという驚きが冷めやらぬ中、本日25日にはなんと、「爽健美茶」ブランドから、新しいタイプの清涼飲料水として「爽健美水」が発売されます。今度は“お茶”のブランドから“水”が出るというサプライズ連続の背景には、いったい、どんなマーケティング戦略があるのでしょうか? そこで本記事では、両ブランドの担当者のインタビューを実施。マーケティング本部 ウォーターグループ マネジャーの銭高明と、同じくマーケティング本部 爽健美茶TMグループ マネジャーの元木麻由に話を聞きました。 文=小山田裕哉 写真=村上悦子   ■トレンドの「デトックスウォーター」から着想を得た ──まずは、発売されたばかりの「爽健美水」についてうかがいます。なぜ、“お茶”のブランドから“水”を出すことになったのでしょう? 元木 「爽健美水」の着想のもとになったのは、「デトックスウォーター」です。お水にカットした果物やハーブ・野菜などの植物素材を入れた飲料で、ここ数年、感度が高い方たちの間でブームになっています。もともと「爽健美茶」は“爽やかに、健やかに、美しく”をコンセプトに、植物素材をブレンドしてつくったブレンド茶として誕生しました。「爽健美水」は「これらの植物素材をお茶としてではなく、水に溶け込ませたらどうなるのだろう?」と考えたところから開発が始まっています。

コカ・コーラ 公式アカウント

回再生