「森の博士○×クイズ」では森の重要性や地球温暖化から出題され、学習しました
「森の博士○×クイズ」では、今日、学んだ森の動植物のことを中心に、森の重要性や水の大切さ、そして、地球温暖化に関して出題されました。子どもたちや参加者の皆様は、このクイズを通じて、自然がどのように関連しあって森を形成し、水を作り出し循環していくのかを、また地球温暖化を防ぐために森が果たす役割を理解し、あわせて私たちが普段できることを学びました。
2012年度南九州コカ・コーラボトリング 森に学ぼうネイチャリング in 立田山 24-元気よく回答する子どもたち。本当にわかっているかな?

元気よく回答する子どもたち。本当にわかっているかな?
2012年度南九州コカ・コーラボトリング 森に学ぼうネイチャリング in 立田山 25-手を挙るのは子どもたちが多い。パパ、ママもがんばれ!

手を挙るのは子どもたちが多い。パパ、ママもがんばれ!
2012年度南九州コカ・コーラボトリング 森に学ぼうネイチャリング in 立田山 26-元気よく答えてくれた子どもたちに、参加賞が渡されました。

元気よく答えてくれた子どもたちに、参加賞が渡されました

自然の中での「さわやかコンサート」は、参加者の気持ちをリラックスさせてくれました
最後は、恒例の「さわやかコンサート」が行われました。今年はフルート中心の管楽器での演奏会です。演奏曲目はスタジオ・ジブリ系のアニメ映画の主題歌を中心に、子どもたちもよく知っているポピュラーソングでした。自然の中でのコンサートは、屋内での演奏と違って反響音がほとんどなく、楽器本来の音を堪能することができました。

保護者の皆様は、散策の疲れを取りながら、じっくりと演奏に耳を傾けていました。しかし子どもたちはテンポのいい曲では、体を揺すってノリノリでした。このコンサートは、電気を一切使わないエコ・コンサートとして、自然への影響を考慮して行われました。野鳥の鳴き声、風に揺れた木々の奏でる音とフルートの音色のコラボレーションは、参加者の記憶の中に優しい暖かさとともに残り続けることでしょう。
2012年度南九州コカ・コーラボトリング 森に学ぼうネイチャリング in 立田山 27-森の中に美しい旋律が流れます。

森の中に美しい旋律が流れます。
2012年度南九州コカ・コーラボトリング 森に学ぼうネイチャリング in 立田山 28-演奏者の皆様。

演奏者の皆様。
2012年度南九州コカ・コーラボトリング 森に学ぼうネイチャリング in 立田山 29-リラックスしながら演奏を楽しんでいる参加者です。小さな子どもには、子守唄かも?

リラックスしながら演奏を楽しんでいる参加者です。小さな子どもには、子守唄かも?

南九州コカ・コーラボトリング 「森まな」リーダーインタビュー

自然の中で家族一帯になり、五感を通して森を体験

私ども南九州コカ・コーラボトリング(株)は、宮崎県えびの市と熊本県熊本市の周辺を中心に、コカ・コーラ「森に学ぼう」プロジェクトの活動を展開しています。このエリアには私どもの採水地はありませんが、飲料水メーカーの当社としては、森を守り、水を守ることに関して積極的に取り組んでいます。「ネイチャリング in 立田山」は熊本の経済紙、タウン情報誌を発行する(株)地域経済センター様の主催イベントです。私どもは、当初より協賛・協力をさせていただいており、今回で12回目となります。このイベントは、ご家族で参加いただき、保護者の皆様には自然への関心を思い起こしていただき、子どもたちには“自然を守る大切さを自発的に感じてもらえる”ことを目的としています。自然の中で家族一体となった活動を通じて、このイベントが大切な思い出となり、家に帰っても自然保護について語りつないでいただければと思います。
少し、ぐずついた天候にもかかわらず23組の家族、総勢74人の方にご参加いただきました。実施したプログラムを通じて、自然をさらに好きになり、「自分の大好きなものだから大切にしたい」という気持ちを育てていただいたことと思います。このイベントの開催にご協力いただいた皆様に深くお礼を申し上げます。今後ともご支援をよろしくお願いいたします。
2012年度南九州コカ・コーラボトリング 森に学ぼうネイチャリング in 立田山 南九州コカ・コーラボトリング(株) 中村さん

南九州コカ・コーラボトリング(株) 中村さん

Editor's Voice
熊本市の飲料水の水源は阿蘇山周辺の地下水でまかなっているということです。したがって夏場の渇水期にもほとんど水に困ったことはない、ということでした。しかし恵まれているからといって、「水資源」や「自然」に無関心というわけではもちろんなく、今回の会場である「立田山憩の森」の成り立ちや現在の管理状態を見れば、この地域の環境保護意識の高さを感じることができました。今回、お世話になった講師の方々の所属する「熊本県森林インストラクター会」は、現在112名の会員を有し、毎週、数名のインストラクターが交代でこの森の自然の説明を行っているということです。自然や自然保護に関する啓蒙活動のベースがしっかりと作られています。
今回のイベントには多くの家族が集まりました。家族が一緒に楽しめることもテーマになっており、参加いただいた家族は、自然の中でたくさんの共有する思い出を作り上げていました。当然のことながら、自然保護の意識も家族のつながりの中で受け継がれていくことでしょう。家族が一緒になって笑いあいながら、自然にふれている姿を見て、そう思いました。

2012年度南九州コカ・コーラボトリング 森に学ぼうネイチャリング in 立田山  Editor's Voice

立田山憩の森の自然観察コースの遊歩道


●過去の活動レポート
【2015年度】
熊本県
滋賀県
広島県
鳥取県
兵庫県
宮崎県01
宮崎県02
京都府
佐賀県

【2014年度】
熊本県01
滋賀県
熊本県02
広島県
熊本県03
鳥取県
兵庫県
宮崎県01
宮崎県02
京都府
佐賀県

【2012年度】
鳥取県
熊本県

【2011年度】
京都府、広島県、鳥取県
熊本県

【2010年度】
岡山県
熊本県

【2009年度】
活動レポート

【2008年度】
活動レポート

【2007年度】
活動レポート

【2006年度】
活動レポート

●ウェブ写真集
【2011年度】
京都府、広島県、鳥取県
熊本県

【2010年度】
岡山県
熊本県




1 2 3