水を確保するために、"森を守ることがいかに大切か"を実感
登山途中、珍しい生物や植物に遭遇すると、山本先生の解説が入ります。例えば倒木の多い箇所などでは、なぜこのようになっているかの説明を聞きました。その他、植物と生物の共生、森の状態などを深く知ることができました。
先生の話を通して、森林の保全活動の大切さを実感することができました。この山のような急こう配な場所に植林された木々の多くは、密植となってしまい、放置すると木が成長しないままになります。登山道からそういった状態を実際に見ながら、「太陽が当たらないことで下草が生えず、土が固まり、年々保水力が低下している」という説明を受けました。
2012年度四国コカ・コーラボトリング “採水地を守ろう”+石根小学校緑の少年団 横峰寺登山道清掃活動  08-インストラクター、西条自然学校の山本先生から「植物の堆積」について説明を聞きました。

インストラクター、西条自然学校の山本先生から「植物の堆積」について説明を聞きました。
2012年度四国コカ・コーラボトリング “採水地を守ろう”+石根小学校緑の少年団 横峰寺登山道清掃活動  09-橋の上から川の中の魚(タカハヤ)を発見!

橋の上から川の中の魚(タカハヤ)を発見!
2012年度四国コカ・コーラボトリング “採水地を守ろう”+石根小学校緑の少年団 横峰寺登山道清掃活動  10-珍しいコケを見つけたようです。

珍しいコケを見つけたようです。

四国コカ・コーラボトリング「森まな」リーダーインタビュー

「ハッピー四国」のテーマを掲げて、地域への社会貢献活動に力を

石根小学校緑の少年団の横峰寺登山道清掃活動をお手伝いするようになって、今年で早や4年目になります。今年からはこのイベントに、工場見学プログラムを加えさせていただきました。小松工場では、昨年2月から無菌充填マルチラインを新たに稼動させました。これらの生産システムを通して、石鎚山系の水がどのような形で製品化されるかを、直に子どもたちに見てもらいました。
当社は、世界共通の事業指針である「Live Positively」-世界をプラスにまわそう-という考えのもと、4月から「ハッピー四国」というテーマで活動しています。これは地産地消ビジネスを支えてくれる、四国の人たちに感謝をし、四国が元気になる活動を通じて、四国全体をHAPPY!!にしていこうというものです。
今回のイベントを通して、子どもたちが水の大切さを改めて確認でき、森との共存関係を深く知ることで、自然保護の大切さを強く学べたのではないかと思います。
2012年度四国コカ・コーラボトリング “採水地を守ろう”+石根小学校緑の少年団 横峰寺登山道清掃活動  四国コカ・コーラボトリング 石井さん

四国コカ・コーラボトリング石井さん

Editor's Voice
取材に来て、まず驚かされたのは、山の近さです。目の前は海、後ろには数百メートルの高さの山がそそり立っています。
この活動に同行してショックだったのは、放置された密集林は、土壌の硬化を招き、保水力を下げ、結果として森自体の衰退化につながる、ということでした。次世代にこの森という貴重な財産を受け渡し、守り続けるためにどうすれば良いかを考えさせられました。
同時に参加した次世代を担う子どもたちの笑顔が頼もしく見えた1日でもありました。

2012年度四国コカ・コーラボトリング “採水地を守ろう”+石根小学校緑の少年団 横峰寺登山道清掃活動   Editor's Voice




●過去の活動レポート
【2015年度】
香川県
愛媛県01
愛媛県02
高知県

【2014年度】
香川県
愛媛県01
愛媛県02
徳島県

【2012年度】
愛媛県

【2011年度】
愛媛県

【2010年度】
愛媛県

【2009年度】
活動レポート

【2008年度】
活動レポート

【2007年度】
活動レポート

【2006年度】
活動レポート

●ウェブ写真集
【2011年度】
愛媛県

【2010年度】
愛媛県




1 2