突然ですが皆さん、2014年は何の年かご存知ですか?

そう、楽しみにしている人も多いでしょう、FIFA ワールドカップブラジル大会開催の年です!優勝はどの国か、日本代表はどんな感動を私たちに届けてくれるのか、今から6月が待ち遠しいですよね。

そんなFIFA ワールドカップの象徴である、あの“トロフィー”が今、世界中を飛び回っていることをご存知でしたか?実は、コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアーといって、20139月から20144月まで、トロフィーが90ヵ国を巡っているんです。その飛行総距離は約149,000キロメートル、なんと地球を約3.7周する距離だそうです!日本には410日(木)に、89カ国目として来訪します。

待ち遠しいトロフィーの来日ですが、トロフィー滞在期間中のスケジュールや予定されているプログラムに関する発表会を32日(日)に行いました。

報道陣が集まるなか、発表会に登場したのは……「ゴン中山」こと、中山雅史さん!

中山雅史さん

実は、中山さんはトロフィーの来日中に行われる「東北トロフィープロジェクト」の応援隊長を務めてくださるんです!

「東北トロフィープロジェクト」は、コカ・コーラと岩手県立高田高等学校の協同プロジェクト。『東北から元気を、世界に発信』するため、トロフィーが412日(土)に陸前高田市を来訪し、東北の今・元気を伝えるプロジェクトとなっています。震災以降途絶えていた陸前高田市の伝統芸能である「チャオチャオ踊り」の復活や、中山さんが参加する元プロサッカー選手を中心としたドリームチームとのサッカーの試合など、高田高等学校の生徒たちが真剣に企画したイベントが行われる予定です。

中山さんは、「陸前高田市に実際に赴いて、復興の実現がなされていないと感じ、色々な支援と行動が必要だと思っています。高校生が、支援を受けているだけでなく、元気を世界に発信したい、行動に移したいと考えて、このイベントを通してそれを実現させようとしている姿を見て心が動かされました!このプロジェクトが成功したらコカ・コーラで乾杯しましょう!」と、応援隊長にふさわしい、熱い思いを語ってくれました。

発表会には、高田高等学校から生徒会会長の藤原奈々さんと副会長の菅野樹希さんも、中山さんと一緒に参加。たくさんの報道陣に囲まれ、さぞかし緊張していると思いきや……

会場の様子

記者の方たちもびっくりの、見事な受け答え!

彼女たちは、震災後に様々な取材や支援を受けてきました。けれども、今度は自分たちから世の中に発信をしていきたいという思いから、この「東北トロフィープロジェクト」に取り組んでいます。「多くの方々が関心を寄せるトロフィーツアーという機会を活かし、東北を代表して、逆に世界に東北の今、東北の元気を伝えたいと思っています。」と、落ち着いた様子で、立派に「東北トロフィープロジェクト」への意気込みを語ってくれました。

でも、発表会では淡々と受け答えをしていた彼女たちも、やっぱり高校生。発表会が終わった後には、元気にはしゃいでいたのはここだけのヒミツです(笑)

このプロジェクトがきっかけとなって、震災を乗り越えた元気な彼女たちの思いが、世界に伝わると良いですよね!

「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」、日本には410日(木)から13日(日)までの4日間滞在します。11日(金)には渋谷ヒカリエホール ホールAにて一般公開され、なんと、トロフィーと一緒に写真撮影もできるんです!金色に輝くトロフィーと並べば、あなたもFIFA ワールドカップ優勝国メンバーの気分!?皆さん是非、トロフィーを見に来てくださいね!