広報ブログ インデックス

transparent-1x1.png

循環する資源から生まれる感動 アーティストの本間ますみさんが語るPETボトルの可能性

LEDライトの光に輝く魚や鳥、草木、花など実寸大のアート作品。ガラスのような透明感が特徴ですが、実はこれらの材料はすべてPETボトルです。この「PETボトルソフィスティケイティドアート」を考案し、創作している本間ますみさんは、自然の美しさをPETボトルで表現した作品の展示を通じて、「PETボトルのポイ捨てをやめよう」というメッセージを10年に渡って発信し続けています。『Coca-Cola Journey』編集部は、そんな本間さんに、環境に対する想いや、PETボトルの資源としての可能性についてお話を伺いました。 文=『Coca-Cola Journey』編集部 写真=中山文子   ■自然に情景を楽しんで欲しいからリアルを追求する ──本間さんの考案した「PETボトル ソフィスティケイティドアート」はPETボトルを使って自然の姿をジオラマのように表現した作品ですが、材料はPETボトルのみ、なんですよね? PETボトルアーティストの本間ますみさん   本間 はい。材料はPETボトルだけで、道具ははんだごてとはさみくらい。作品そのものもリサイクルできるよう、接着剤や塗料は使っていません。 ──PETボトルと一口に言っても製品ごとに形や厚さが違いますが、それらをどのように使い分けていらっしゃるんですか? 本間 たとえば、「アクエリアス」のボトルはトンボの羽などをつくるのに適しているんです。「コカ・コーラ」は真ん中の部分でアジサイの葉や花びらを、上部では花茎をつくります。硬く厚い下の部分では、バラの花びらをつくったりします。あと、薄手の「爽健美茶」のボトルは小鳥の羽ですね。 お茶製品のPETボトルは鳥の羽を表現するのに最適だそう

続きを読む

「廃棄物ゼロ社会」の実現に向け、地域に根差した活動を推進 日本コカ・コーラ株式会社およびコカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 社員総勢約750名が参加 千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸を含む全国9か所で清掃活動を実施

「廃棄物ゼロ社会」の実現に向け、地域に根差した活動を推進 日本コカ・コーラ株式会社およびコカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 社員総勢約750名が参加 千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸を含む全国9か所で清掃活動を実施 2019年11月19日    日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)およびコカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:カリン・ドラガン)の従業員は、海岸清掃ボランティア活動として、2019年11月18日(月)に千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸など全国9か所にて清掃活動を実施しました。  このうち千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸における海岸清掃活動には、日本コカ・コーラ株式会社代表取締役社長ホルヘ・ガルドゥニョならびにコカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 代表取締役社長カリン・ドラガンを含む約250名(日本コカ・コーラ株式会社:150名、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社:100名)の社員が参加し、コカ・コーラシステムが目指す「World

続きを読む

[日本コカ・コーラ オリンピック専門チームの仕事の流儀 第2回]「オリンピック」の価値をどうプロモーションで伝えていくか

日本コカ・コーラでは、来る東京2020オリンピックに向けて専任のチームが組織され、開催に向けた取り組みを進めています。このオリンピック専門チームの取り組みを追う連載の第2回では、コマーシャルプランニング部にフォーカス。コマーシャルプランニング部は、ボトラー社であるコカ・コーラ ボトラーズジャパンからの出向メンバーで編成されています。そのミッションは、オリンピックアセットを活用して、コカ・コーラシステムの本業である飲料市場を成長させ、ビジネスを拡大、そして1つでも多くのレガシーを残すアクションプランを企画すること。“TOKYO2020”ではなく、“JAPAN 2020”として考えていくことを目指す、今回の東京2020オリンピック専門チームを象徴する部門です。今回は、その取り組みを紐解くべく、11月11日からスタートしているプロモーションに携わっている渡邉真琴と草間梢子、そして、プロモーションのパートナーであるパナソニックから、東京2020オリンピック・パラリンピック推進プロジェクトでBtoB事業担当の巻田友和さん、家電などBtoC事業担当の古長亮二さんの4名による鼎談を行いました。 文=『Coca-Cola

続きを読む

個人の成長を束ねチームの成長を促す。イノベーションを起こすための組織づくりとは?

多様な働き方が広がる中、個々の社員の成長を促し、それを会社の成長にもつなげるためにはどうすればいいのか。今、多くの企業で、人事戦略の見直しが迫られています。かねてより多様さを重視してきた日本コカ・コーラでも、新しい行動指針「Growth Behavior」を掲げ、さまざまなイノベーションにつなげています。Growth Behaviorとはいったいどんな行動指針なのか。自らも多様なキャリアを歩んできた、人事本部副社長のエリコ・ターリーが解説します。 文=『Coca-Cola Journey』編集部 写真=村上悦子   ■気持ちよく働くには「尊重」が大事 ──エリコさんはこれまで、さまざまな企業でHR(人事)に携わる仕事をされてきました。いつ頃からHRの仕事をされているのでしょうか? ターリー アメリカの大学を卒業後、サンフランシスコの伝統ある大きなメーカーに就職しました。その会社でHRの仕事に就いて以来、これまでずっとHRの仕事をしています。最初の会社で巡り合った上司に、福利厚生から給与のことまでいろいろなことを教えてもらいました。この最初の会社で学んだことが、その後転職を重ねてもずっと生かされています。 ──サンフランシスコのメーカーの後は、インターネット関連のスタートアップ、Amazon、Facebookを経て日本コカ・コーラに至ります。エリコさんご自身、どの段階で多様性の重要性に気づかれましたか? 日本コカ・コーラ株式会社

続きを読む

「ファンタ よくばりミックス ミックスベリー」11月18日(月)から期間限定で全国新発売

「ファンタ よくばりミックス」シリーズ第4弾は ボジョレヌーボー解禁の季節に合わせた、ベリーフレーバー! ポリフェノールやビタミンEをよくばりに配合した 「ファンタ よくばりミックス ミックスベリー」 2019年11月18日(月)から期間限定で全国新発売 2019年11月5日    コカ・コーラシステムは、ティーンを中心に愛され続けているフルーツ炭酸飲料カテゴリーNo.1※1「ファンタ」ブランドから、ポリフェノールとビタミンEを配合した「ファンタ よくばりミックス ミックスベリー」を、2019年11月18日(月)から全国で期間限定発売します。  「ファンタ よくばりミックス」は、「ファンタ」ならではのフルーティーなおいしさを楽しみながら、フルーツにちなんだ健康サポート成分とビタミンを取ることができる、カラダにうれしいシリーズです。  「ファンタ よくばりミックス」シリーズの第4弾「ファンタ よくばりミックス ミックスベリー」は、冬に人気の高まる※2ベリーフレーバー※3を採用。11月に解禁するボジョレヌーボーの季節に合わせて、ポリフェノール(健康サポート成分)やビタミンEを“よくばり”に配合した、ただおいしいだけでなくカラダにもうれしい「ファンタ」です。  パッケージの正面には「ファンタ」のロゴと、「ファンタ

続きを読む

お持ち帰りに最適な新容器サイズ!「コカ・コーラ」 350・700ml PET 2020年1月13日から先行販売

新提案!お持ち帰りに最適な新容器サイズ! いつでもどこでも「コカ・コーラ」ならではのおいしさを! 「コカ・コーラ」 350ml PET・700ml PET 東京都を中心とした一都三県のスーパーマーケット、 ドラッグストア、ディスカウントストアの約8,500店舗 2020年1月13日(月・祝)から先行販売 2019年10月31日    コカ・コーラシステムは、「コカ・コーラ」から新しい容器サイズの350ml PET、700ml PETを2020年1月13日(月・祝)より東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県内のスーパーマーケット、ドラッグストア、ディスカウントストアの約8,500店舗で先行販売します。  近年、少子高齢化が進む日本では、少人数世帯が増加し、家での炭酸飲料の飲用習慣が変わってきています。炭酸飲料は、キンキンに冷えた状態で炭酸の刺激と味わいをお楽しみいただくのがもっともおいしい飲み方です。そのため炭酸飲料にとっては容器が重要になります。そして、容器は飲む場所や人数によって最適なタイプとサイズが異なります。  誕生から130年以上変わらない特別なおいしさが支持されている「コカ・コーラ」は、家に持ち帰ったお客様が「コカ・コーラ」ならではのおいしさをもっとも楽しんでいただけるよう、最適な容器サイズを新たにご提案します。「コカ・コーラ」350ml

続きを読む

コカ・コーラの自動販売機をもっと愛される存在に。10月30日より「笑顔を、ここから。」キャンペーンを開始

コカ・コーラの自動販売機をもっと愛される存在に。 10月30日より「笑顔を、ここから。」キャンペーンを開始 2019年10月30日    日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)と、全国5社のボトリング会社等で構成されるコカ・コーラシステム(※)は、10月30日より「笑顔を、ここから。」をテーマとした自動販売機キャンペーンを開始しました。本キャンペーンでは、自動販売機の周辺で起こる人生の“ちょっとした楽しい瞬間”をCMや各種プロモーションで表現しています。自動販売機が提供する様々な価値や利便性と、「毎日のちょっとした瞬間を笑顔にしたい」というコカ・コーラシステムの想いを発信します。   ■コカ・コーラの自動販売機の周囲で起きている “毎日のちょっとした楽しい瞬間”をCMで表現  日本に初めて清涼飲料用自動販売機が登場してから半世紀以上になり、今や全国に約88万台あるコカ・コーラシステムの自動販売機は、消費者の皆様の生活の中に当たり前のように存在し、自動販売機をご利用いただく皆様の日常の中の“ちょっとした瞬間”をそっと見届けてきました。  11月4日(月)から放送を開始する新CMでは、「毎日のちょっとした瞬間を笑顔にしたい」というコカ・コーラシステムの想いを自動販売機にまつわる4つのストーリーで表現しました。 キャンペーンコンセプト: 「笑顔を、ここから。」 コカ・コーラの自販機は、単なる飲み物を販売する機械としてではなく、人々の毎日を見守る存在として、日本全国津々浦々に立っています。寒い時期には温かいホット製品を含むバリエーション、豊かな品揃え、手ごろな価格、利便性の高いキャッシュレス、急いでいるときでも短時間で買う事ができるなど、コカ・コーラ自販機ならではのいろいろな価値の提供を通じて、人々の笑顔が生まれる瞬間を提供していきます。 友達と、同僚と、親子で、一人でも、ボタンを押せば、「ガコンッ」の音の数だけ、笑顔が溢れ出す。 コカ・コーラ自販機は、「笑顔が生まれる場所」へ。 各CMの概要は以下の通りです。   ■「コーヒーの場所」篇 (30秒) ロケ地:石川県 輪島市 毎日の幼稚園のお迎えの帰り道に、 自販機でドリンクを買うパパと幼い娘。 娘に「コーヒーってさ、なんで下の方にあるか知ってる?」と聞かれ、 「なんでだろ?」と不思議そうに考えるパパ。 娘が「ここなら私もパパにコーヒーを買ってあげられるんだよ」と 答えを言い、「パパ、ピッして」とパパに買ってとせがむ。 娘のひとことにうれしくなるパパ。 キャッシュレスで買える利便性と、 日常の中の親子の心温まる笑顔の瞬間を描きます。   ■「世界一のカフェ」篇 (30秒、90秒) ロケ地:石川県 輪島市 毎日一緒にバス通学をしている女子高生のひかりとさくら。 学校帰りの、海辺のバス停で、なんだかいつもと様子が違う。 少しの沈黙の後、 「東京にするわ、大学。」と ひかりが東京の大学へ進学することを切りだすと わかっていたさくらは、「ほうけ」とさみしさを隠して冷静に答える。 手ごろな価格とともに、 二人の女子高生が笑顔になる瞬間を描きます。   ■「あったかい投資」篇 (30秒、60秒) ロケ地:東京都 千代田区神田 会社のビルの裏の自販機の前。 若手男性社員が一息ついているところへ、 先輩女性社員がやってくる。 季節は秋で外は寒くなっている。 先輩「サボってるな」 後輩「働き方改革ですよ」 そこへ後輩が 「会社をやめようと思って。起業でもしてみようかなって」 と切り出すと、 先輩があたたかい「ジョージア」を渡し、 「投資。数億円にして返してね」と言い、後輩の起業を応援する。 後輩は、「飲みにくくなりましたね」と笑いながら、2人一緒に飲む。 寒い季節に身も心もあたたまるホット製品がある事と、 仕事の合間の休憩シーンの中での 先輩後輩の心の交流を描きます。   ■「ありがとうの意味」篇 (30秒) ロケ地: 神奈川県 伊勢原市桜台 とある一軒家の前。引っ越しトラックが止まっている。 娘が結婚を機に実家を出ていく日。 もう出発しようとする時に、 不器用な父が「すぐ戻る」といって出ていく。 その父を追いかける娘。 娘は父がいつも行く近くの自販機に行くのを知っていた。 「やっぱりここか」 父が「道中長いだろ」と言って、ドリンクを2本買って娘に渡す。 娘はドリンクを受け取ると、「ありがとう、、、今までずっと」とそれを きっかけに今まで育ててくれたお礼を言う。 不器用な父が笑顔になる。 娘は父と気持ちが通じてうれしくなって小走りにかけていく。 急いでいるときもすぐに買う事ができる利便性とともに、 不器用な父と、 結婚を機に家を出ていく娘の笑顔になる瞬間を描きます。   またキャンペーンの一環として、以下のプロモーションを順次実施します。 ■「#自販機ストーリー」 Twitter投稿キャンペーン 11月12日からTwitter投稿キャンペーン「#自販機ストーリー」を実施します。 日本コカ・コーラのTwitterアカウント@CocaColaJapanをフォローし、自動販売機にまつわる思い出のエピソードや写真に

続きを読む

「この日々が楽しいから、続けてこられた」 2020年、世界の頂点を目指す上地結衣選手の挑戦。

東京2020パラリンピックで、活躍が期待される選手の一人、女子車いすテニスプレーヤーの上地結衣さん。2012年、ロンドン2012パラリンピックに初出場し、ベスト8入賞。2014年の全豪オープンダブルスではグランドスラムを達成し初優勝、そして同年5月には世界ランキング1位に輝いています。リオ2016パラリンピックでは女子車いすテニスで日本人初の銅メダルを獲得という快挙を達成しましたが、3位決定戦では悔し涙を見せ、東京では金メダルを、と語りました。いよいよ、東京2020パラリンピック開幕まであと300日。彼女は、今、大会を見据えて何を思うのでしょうか? ツアーで世界中を転戦する忙しい毎日を送る上地選手を、スポーツライターの細江克弥さんが訪ね、その思いを聞きました。 文=細江克弥 写真=村上悦子   ■涙を流したリオデジャネイロ大会から、3年 2016年9月、上地結衣は地球の反対側にいた。 ブラジルの首都リオデジャネイロ。自身2度目のパラリンピック。車いすテニス・シングルス準決勝のコートに立った彼女は、2時間46分に及ぶフルセットの激闘の末、オランダのアニク・ファンクートに敗れた。 その直後、マイクを向けられた上地は、溢れ出そうになる涙を必死にこらえていた。 「小さい頃から『かわいそう』とか『大変そう』と思われてしまうことが多くて、やっぱりそれが悔しくて、ずっと涙は見せないようにしてきたんです。応援してくれる人がいるんだから、しっかりしなきゃダメだって。パラリンピックは準決勝で負けても3位決定戦があるので、気持ちをどう整理すればいいのかわかりませんでした。でも、とにかく『ここで泣いたらダメ』という気持ちだけで話していました」 女子車いすテニス

続きを読む

「ぷるんぷるんQoo(クー) おいしい乳酸菌」11月4日(月)から全国で新発売

お子さまの体調管理が気になる冬におすすめ シールド乳酸菌®とマルチビタミンが入ったすっきりヨーグルト味のゼリー飲料 「ぷるんぷるんQoo(クー) おいしい乳酸菌」 11月4日(月)から全国で新発売 2019年10月28日    コカ・コーラシステムは、お子さまの元気な毎日を応援するとともに、親子がいっしょに過ごす大切な時間をより良いものにすることを目指すブランド「Qoo」から、シールド乳酸菌®とマルチビタミンが入った、すっきりヨーグルト味のゼリー飲料「ぷるんぷるんQoo おいしい乳酸菌」を、2019年11月4日(月)から全国で発売します。 「ぷるんぷるんQoo おいしい乳酸菌」キービジュアル (高解像度画像はこちら)   すっきりとしたヨーグルト味を楽しみながら、シールド乳酸菌®とマルチビタミンを摂取。 お子さまの体調管理に気を付けたい冬にぴったりのゼリー飲料。  「ぷるんぷるんQoo おいしい乳酸菌」は、お子さまの健康をサポートする成分としてシールド乳酸菌®とビタミンB6、パントテン酸、ナイアシンなどのマルチビタミンを配合したゼリー飲料です。シールド乳酸菌®と3種のビタミンを同時に摂取できるので、寒さが厳しくなるこれからの季節、お子さまの健康サポートにおすすめの飲料です。また、保存料も不使用ですので安心してお召し上がりいただけます。  すっきりとしてまろやかなヨーグルト味に仕上げており、飲み切りやすい125gのパウチタイプですので、朝食や小腹がすいた時など、さまざまなシーンでお楽しみいただけます。   パッケージには、騎士を気取ったちょっとりりしいQooが登場  製品のパッケージには、とろけるようなヨーグルトを描き、そのまろやかな風味を表現しました。  中央には、配合成分「シールド乳酸菌®」にちなんだ「シールド(盾)」を手に持ち、マントをまとって騎士を気取るQooのイラストを描きました。いつもの愛らしい姿でありながら凛々しく頼もしげな表情を見せるキャラクターを通じ、健康をサポートする成分を配合した本製品の特徴を表現しました。 <製品概要> ■製品名 : 「ぷるんぷるんQoo

続きを読む

インターンシップ・プログラム
(Internship Program)

日本コカ・コーラが実施するインターンシップ・プログラムは、社員の一員として実際の業務やプロジェクトに携わることができる、採用直結型の長期インターンシップです。 【プログラム内容】  どの部署においても実際の業務と関連した内容の課題解決についてのプレゼンテーションを作成、最終日に弊社役員を含めたチームメンバーの前で発表していただきます。 課題への取り組みと同時進行で、ミーティングへの参加や、実務にも関わっていただきます。 プログラム中はマネージャーや人事との面談を通してフィードバックがもらえる他、役員や同年代の社員との交流の機会なども設けています。また、プログラムが実務に近い内容となっておりますので、社員との交流や課題への取り組みを通して、日本コカ・コーラとご自身とのマッチング度合いを図ることができます。 【実施時期】 • 夏季・冬季に実施予定 • 期間:最短4週間・最長12週間 (2019年夏季の実施例:最短4週間・最長6週間) 【ファンクションの仕事内容】 *上記は2019年時点の組織です。 今後変更・追加される可能性があります。 【募集条件】

続きを読む

コカ・コーラ 公式アカウント

回再生