こんにちは、広報の森野です。今日はレトロな自動販売機を紹介したいと思います。
ウェブマガジン型の企業サイト「コカ・コーラジャーニー」の取材の一環で、スーパー大学生のTehuくんと、コカ・コーライーストジャパンプロダクツの茨城工場を訪れました(取材記事はこちら)。茨城工場は、国内のコカ・コーラの工場で全国一(2013年の生産量)という規模なんです。
そんな全国一の生産量を誇る茨城工場には、とても珍しい自動販売機が保存されています。それがこちら!
img-5358

なんと今から半世紀近く前の自動販売機なんです。左から1963年、1966年、1970年の年式のものとなっています。コカ・コーラが140円というところが、時代を感じさせてくれますね。工場の人に聞いたところ、全国見渡しても、これだけ古いコカ・コーラの自動販売機が保存されているのは珍しいんだとか。茨城工場にお越しの際は、ぜひ見学していってくださいね。