新型コロナウイルス感染症拡大へのザ コカ・コーラ カンパニーの対応

*以下はザ·コカ·コーラ カンパニーが2020年3月23日(米国時間)に発表したもの
https://www.coca-colacompany.com/news/how-the-coca-cola-company-is-responding-to-the-coronavirus-outbreak)の抄訳になります。

 

新型コロナウイルス感染症拡大へのザ コカ・コーラ カンパニーの対応
2020年3月23日(米国時間)

2020年3月23日

 

世界中で新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けている方々にお見舞いを申し上げます。すべての人にとって試練の時ではありますが、134年の歴史を持つザ コカ・コーラ カンパニーが一つだけお約束できることがあります。それは、当社とその従業員、そして私たちと共にあると胸を張って言える地域社会には、世界各地のあらゆる災害から復興を遂げてきた実績があり、この困難からも必ず立ち直れるということです。私たちは、さらに強くたくましく、いっそう一丸となって、立ち向かっていけるはずです。

コカ・コーラは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に貢献する責任を果たしつつ、お客様やお取引先、従業員、地域社会のニーズを支えています。

私たちはこれまで、人々の健康、安全、安心を第一に考えてきました。そしてこれからもその姿勢を貫いていきます。全社的な目標に沿って行動し、地域社会や当社の職場で働く人々のために変化をもたらす取り組みを続けていく方針です。

状況は目まぐるしく変化しており、当社は常にその動きを注視しています。引き続き政府および保健当局の指示に従い、必要に応じて世界中での当社の取り組みや対応を調整していきます。

この困難に際して、従業員を守りつつ、地域社会とお取引先にサービスを提供するために当社が行っている取り組みを、以下にご紹介いたします。

 

従業員の健康確保
私たちは、コカ・コーラシステム従業員の安全を第一に考えています。世界各地のチームが、オフィス、製造・物流拠点、小売店で働く人々の健康と安全を守るため、保健当局の指示を遵守しています。

 

製造・流通拠点の安全の最優先
当社の製造・流通拠点は、地域社会で必要とされる飲料の製造を続けられるよう活動を継続しながら、すべての人の安全と健康を守るためにその活動を調整してきました。

新型コロナウイルス感染症が拡大してからは、人の手が頻繁に触れる場所に重点を置いて清掃と消毒対策を強化し、製造・流通拠点への訪問者を制限する措置を講じています。

一部地域では、配送ドライバーがトラックを下りないようにすることで、人との接触を減らしています。また、一部の製造工場では、勤務者同士の接触を避けるため、交代勤務に切り替えました。

従業員向けの衛生・曝露ガイドラインも強化しました。従業員の体調不良や、新型コロナウイルス感染者との直接的または間接的な接触が判明した場合は、直ちに隔離と消毒のプロトコルを実施し、地域の保健所の指導に従って必要な隔離手順を開始します。

 

リモートワークの推進
ザ コカ・コーラ カンパニーは、大規模会合の削減とソーシャル・ディスタンシングの強化という勧告に従い、オフィス勤務者の大半にリモートワークへの移行を要請しました。その対象として、アトランタのグローバル本社と世界各地の拠点の従業員が含まれます。

 

出張の制限
現時点で、ほとんどの出張を中止しています。海外出張と国内出張の両方が対象となっています。

 

お客様やお取引先へのサービス提供
新型コロナウイルス感染症が拡大してから、当社製品を必要とされる店舗や地域社会に安全にお届けできるよう配慮する一方で、従業員の健康を守るために細心の注意を払っています。

地域の食料品店、小売店、飲食店の方々は、この困難な時期にあっても、人々が必要な食料品、飲料、日用品を入手できるよう、懸命に働いてくださっています。私たちは、そうした店舗とそのお客様を支えられるよう、全力を尽くしています。

 

製品の安全性確保と供給継続
当社は製品の安全性と品質を最優先しており、安全な製品の提供に自信を持っています。米国食品医薬品局(FDA)によると、食品または食品容器包装を媒介した新型コロナウイルスへの感染は確認されていません。

私たちはまた、製品が製造拠点からお取引先の店舗に届くまでのすべての段階で衛生的に扱われるよう、いっそうの注意を払っています。例えば、従業員へのアルコール除菌シートや消毒液などの供給、一部オフィスおよび製造拠点での検温、感染拡大地域における健康観察手順の導入などが挙げられます。こうした措置は、お客様やお取引先だけでなく、当社の従業員を守ることにもつながります。

製品の供給を続けるため、サプライチェーンで問題が発生した際に対処できるよう、事業継続計画(BCP)も備えています。

 

地域社会の支援
コカ・コーラシステムと当社の慈善団体であるコカ・コーラ財団は、中国、イタリア、米国、カナダでの救援活動を支援しています。また、マーケティング支出の大部分を、感染が拡大している地域社会での救援プログラムや医薬品および医療機器の供給に充てるとともに、最も深刻な打撃を受けた市場の復旧と平常回復に向けて必要な措置を準備しています。

地域社会の支援を目的とする当社からの寄付は総額1億2,000万ドルを超える見込みであり、これ以外にもさまざまなプログラムを準備中です。

私たちの安全を守り、ケアを提供し、私たちが食料品や医薬品をはじめとする生活必需品を入手できるよう働き続けてくださっている世界中の方々に、お礼を申し上げます。

私たちが今でも必要なサービスを受けられるのは、医療従事者、警察官、救急隊員、配達員、スーパーマーケット店員、薬剤師、介護職員、公務員、保健機関職員など、サービスを維持するために尽力されているたくさんの方々のおかげです。その中には、お客様やお取引先のために飲料を製造し、配送している、多くの当社従業員も含まれています。そうした方々の多大なる貢献に、心から感謝申し上げます。

コカ・コーラ 公式アカウント

回再生