ザ コカ・コーラ カンパニー、新型コロナウイルス感染症と最前線で戦う医療従事者を支援するグローバル特番「One World: Together At Home」に協賛

*以下はザ·コカ·コーラ カンパニーが2020年4月12日(米国時間)に発表したもの
https://www.coca-colacompany.com/news/coca-cola-supporting-one-world-together-at-home-global-special-to-help-healthcare-workers-on-covid-19-front-lines)の抄訳になります。

 

ザ コカ・コーラ カンパニー、新型コロナウイルス感染症と最前線で戦う医療従事者を支援するグローバル特番「One World: Together At Home」に協賛
2020年4月12日(米国時間)

2020年4月12日

 

今週末、世界のトップミュージシャンやエンターテイナーが集結するオンラインコンサート「One World: Together At Home」が開催されます。これは、Global Citizenが世界保健機関(WHO)と協力し、新型コロナウイルス感染症と戦う人々の支援を目的として主催するグローバルなクロスプラットフォームの特別プログラムです。

ザ コカ・コーラ カンパニーがGlobal Citizenのパートナーとして協賛するこの番組は、現地時間4月18日(土)午後8時より各国の主要放送局で放送されるほか、デジタルプラットフォームでもライブ配信されます。ジミー・ファロン、ジミー・キンメル、スティーブン・コルベアのほか、多くのミュージシャンがレディー・ガガとのコラボレーションで登場し、世界中の数百万人の視聴者と共に、この世界的な危機の最前線で人命救助に当たっている勇敢な医療従事者たちを称えます。

ザ コカ・コーラ カンパニーのシニアバイスプレジデント兼コミュニケーション/広報/サスティナビリティー/マーケティングアセット最高責任者であるビー・ペレス(Bea Perez)は次のように述べています。「世界中にさわやかさをお届けし、前向きな変化をもたらすというザ コカ・コーラ カンパニーの企業理念が、これほどまでに重要な意味を持ったことはありません。そうした理念を、Global Citizenなどとの有意義なパートナーシップを通じて影響力のある形で共有することで、それぞれが強い心を持ち、連帯感を高めます。他の人と直接集まれないという前例のないこの状況においては、オンライン上で一致団結し、自宅にとどまることを宣言して、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えることの方が大切です。このような画期的なイベントで当社も一翼を担えることを誇りに思います。」

数時間にわたる「One World: Together At Home」のデジタル放送中、ザ コカ・コーラ カンパニーは今回のために制作した30秒のメッセージを流します。そこでは、出演者以外のミュージシャンのパフォーマンス、著名人のメッセージ、医療現場で奮闘する人々の姿などを取り上げます。

支援者やザ コカ・コーラ カンパニーのような企業パートナーによる貢献は、最前線で働く世界中の医療従事者にマスクや防護服などの必要不可欠な物資を供給するWHOのCOVID-19連帯対応基金(COVID-19 Solidarity Response Fund)や、支援を最も必要とする人々に食料品、保護施設、医療を提供する活動を行っている各地の慈善団体で役立てられます。

「One World: Together At Home」の視聴と、自宅にいることを誓い感染拡大を止める方法について、詳しくはhttps://www.globalcitizen.org/en/connect/togetherathome/をご覧ください。

コカ・コーラ 公式アカウント

回再生