あなたの投票で、東京・大阪に続く最後の訪問地が決まる!

コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」

候補地は「静岡県静岡市清水区」、「大分県日田市中津江村」、
「福島県楢葉町・広野町(Jヴィレッジ)」の3候補地が決定!!

3月5日(月)からいよいよ投票スタート

毎日投票して、豪華賞品を当てよう!
東京・大阪会場のペアご招待が当たる「Coke ON」キャンペーンも同日から実施!

2018年2月28日

 

 コカ・コーラ社は、FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーが世界を巡回する一大プロジェクト「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」の日本でのスケジュールを発表しました。今回は 3ヵ所を訪問し、4月28日(土)は東京、4月29日(日)は大阪で開催。最終日となる4月30日(月・祝)の訪問地は、広く一般からの投票によって決定します。そしてこのたび、候補地となる3カ所が出揃いました。

 FIFA ワールドカップとの長きにわたるパートナーシップを誇るコカ・コーラ社は、2018 FIFA ワールドカップロシアを記念した「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」を開催しています。同ツアーは、7月に優勝国へ授与される、FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーを間近に見ることができる貴重な機会を世界中のファンに提供するイベントです。2017年9月から11月はロシア国内、そして2018年1月22日(月)にはイギリス・ロンドンから世界ツアーに向けて出発し、最終的には世界6大陸、51ヵ国91都市を巡回します。

 「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」は、2006年の第1回から日本でも開催され、回を重ねるごとに大きな反響を呼んでいます。今回は日本開催初の試みとして、FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーの最後の訪問地を一般投票で選ぶ“FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーを呼ぼう”キャンペーン※1を実施します。本キャンペーンは、東京、大阪に続く最後の訪問地をみなさまの投票により3候補地の中から決定するものです。

 “FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーを呼ぼう”キャンペーンは、3月5日(月)に投票受付を開始し、3月31日(土)までの投票期間中は「コカ・コーラ」ブランド公式サイト、Twitter公式アカウントで候補地の様々な情報を日替わりで紹介し、みなさまからの投票を呼びかけます。投票された方の中から抽選で、旅行券や3候補地のお菓子詰め合わせをプレゼントします。世界的イベントの開催地が、あなたの投票で決まりますので、ぜひご参加ください。また同日から、「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」へのペアご招待(東京会場・大阪会場各3,000組、計6,000名様)が当たる「Coke ON」キャンペーンも実施します。

※1 本キャンペーンはコカ・コーラ社テレビ朝日の共同プロデュースにより実施しています。

詳細はこちらをご確認ください。

 

3候補地が決定!いよいよ投票へ!

“FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーを呼ぼう”キャンペーン※1の1つ目の候補地として、サッカー王国として知られた静岡市こそトロフィーの訪問地としてふさわしいと静岡市清水区が発表されたのは2月11日(日)。続いて2月18日(日)に2つ目の候補地として大分県日田市中津江村が発表。2002 FIFA ワールドカップでカメルーン旋風に沸いた、あの小さな村が再びサッカーのビッグプロジェクトにチャレンジします。そして2月25日(日)に3つ目の候補地として発表したのが、Jヴィレッジ(サッカーのナショナルトレーニングセンター)がある福島県楢葉町・広野町です。再始動する日本サッカーの聖地が復活ののろしを上げます。

 

訪問候補地からのメッセージ

■静岡県静岡市清水区

静岡市長 田辺 信宏 様

「日本一のサッカーのまちにFIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーを!」

サッカー王国として知られた静岡市こそ、FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーの訪問地としてふさわしいまちです。清水は少年サッカー発祥の地、静岡市をホームタウンとする清水エスパルスはJリーグ唯一の市民クラブとして発足した地域密着型チームです。日本一のサッカーのまちと自負する市民一同、ぜひともトロフィーを招致したいと考えています。富士山をバックに輝くトロフィーをどうぞ見に来てください。

 

■大分県日田市中津江村

日田市長 原田 啓介 様

「小さな村から再び日本中に明るい話題を!」

2002 FIFA ワールドカップで、中津江村はカメルーン代表のキャンプ地として有名になりました。人口800名ほどの小さな村ですが、日本中から応援をいただき、キャンプを成功させた地域です。その中津江村民の、そして日田市民のパワーを結集して、もう一度日本中に明るい話題を提供したいと考えています。ぜひ、この日田市中津江村にFIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーを、よろしくお願いします。

 

■福島県楢葉町・広野町(Jヴィレッジ)

楢葉町長 松本 幸英 様、広野町長 遠藤 智 様

「FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーとともに福島の元気な姿を見てください!」

楢葉町長 松本 幸英 様
楢葉町は2015年に住民の避難指示が解除され、“新生ならは”を目指して日々前進しています。再始動するJヴィレッジにFIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーを招致し、福島の元気な姿を日本中に、そして世界にアピールします。

広野町長 遠藤 智 様
楢葉町と広野町にまたがるJヴィレッジは日本サッカーの聖地として愛されてきました。福島第一原子力発電所の収束に向けて役割を果たしつつ営業を休止していましたが、いよいよ今年の夏に福島復興のシンボルとして再始動します。

ぜひ「楢葉町・広野町にトロフィーを!」よろしくお願いします。

 

“FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーを呼ぼう”キャンペーン
3月5日(月)10時から「コカ・コーラ」ブランド公式サイトなどで投票受付開始

“FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーを呼ぼう”キャンペーンの訪問地を決める投票には、「コカ・コーラ」ブランド公式サイト、スマートフォンアプリ「Coke ON」、Twitter、LINEから参加できます。3月5日(月)10時00分から3月31日(土)23時59分までの投票期間中、何度でも投票でき※2、投票状況は「コカ・コーラ」ブランド公式サイトやTwitterで公開します。3月14日(水)から毎週水曜日に中間発表を行い、投票を盛り上げます。

※2 下記の4つの投票方法があり、それぞれの投票方法につき、1アカウント1日1回の投票となります。

 

「コカ・コーラ」ブランド公式サイトからの投票方法
(1)「コカ・コーラ」ブランド公式サイトの特設ページから投票したい候補地の「見る」をクリック
(2)TwitterまたはInstagramにログイン
(3)賞品(A賞またはB賞)を選んで投票

 

■スマートフォンアプリ「Coke ON」からの投票方法
(1)スマートフォンアプリ「Coke ON」をインストール後、起動
(2)キャンペーン一覧で特設ページのパネルをクリック
(3)投票ページで候補地の「見る」をクリック
(4)賞品(A賞またはB賞)を選んで投票

 

■Twitterからの投票方法
(1)「コカ・コーラ」公式Twitterアカウント(@CocaColaJapan‏)をフォロー
(2)「#FIFAワールドカップ」「#オリジナルトロフィーを呼ぼう」がついた対象投稿に記載されている、投票したい候補地を選択してツイート
(3)ツイートされた後に表示されるリンクから賞品(A賞またはB賞)を選択

 

■LINEからの投票方法
(1)「コカ・コーラ」公式LINEアカウント(@cocacolajapan)をフォロー
(2)「コカ・コーラ」公式LINEアカウントのトーク画面内から投票
(3)投票したい候補地の「~に投票する」ボタンを押した後、賞品(A賞またはB賞)を選択

 

[賞 品]
【A賞】
決定した訪問都市に投票した方で、賞品にA賞を選んだ方の中から抽選で10名様に、4月30日(月・祝)開催の「コカ・コーラ FIFAワールドカップ トロフィーツアー」訪問にご利用可能な旅行券5万円分をプレゼント

【B賞】
投票に参加したすべての方の中から抽選で100名様に、3候補地のおすすめのお菓子を詰め合わせた「ご当地お菓子セット」と、「コカ・コーラ」500mlPET 1ケース(24本入り)をプレゼント

 

東京・大阪会場でFIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーが見られるチャンス!
スマートフォンアプリ「Coke ON」「コカ・コーラ」製品を買って当てよう!
コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」にペアでご招待※3※4

3月5日(月)10時00分から4月23日(月)23時59分までの期間中、スマートフォンアプリ「Coke ON」を起動し、「スマホ自販機®」に接続して「コカ・コーラ」製品をどれでも1本購入する毎に、「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」へのペアご招待※5やワイヤレスマイクロイヤホンが総計1万名様に、その場で当たる抽選に参加できます。抽選は「Coke ON」にログイン後、3つの賞品(下記)から選んで応募でき、期間中はお一人で何回でも参加いただけます※6

 

■賞品
●「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」 4月28日(土)
東京会場ペアご招待:3,000組6,000名様
●「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」 4月29日(日)
大阪会場ペアご招待:3,000組6,000名様
●「ワイヤレスマイクロイヤホン」:4,000名様

尚、賞品の詳細はスマートフォンアプリ「Coke ON」をご参照ください。

※3 会場までの交通費・宿泊費などは当選者様のご負担となります。
※4 当選者ご本人様とご同行者様の2名様がご招待の対象となります。
※5 お使いのスマートフォンアプリ「Coke ON」がチケットになります。4月26日(木)にご招待チケットを配信します。
※6 ただし当選は、賞品毎に1回限りです。

 

コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」について

コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」は、コカ・コーラ社とFIFAのパートナーシップにより誕生した地球規模のビッグイベントです。第1回は2006 FIFA ワールドカップドイツに向けて2006年に28カ国31都市を3ヵ月かけて巡回。世界にただ1つしかないFIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーを間近に見ることができる貴重な機会として注目を集め、2010 FIFA ワールドカップ南アフリカに向けて行われた第2回では84カ国を巡りました。2014 FIFA ワールドカップブラジルに向けた第3回は90カ国を訪れ、日本では2014年4月に東京と東北・陸前高田の2ヵ所を巡りました。
 今回の「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」は、2017年にロシア国内16都市を訪問後、2018年1月22日にイギリス・ロンドンを出発。最終的には世界6大陸、51ヵ国91都市を巡回します。日本には世界ツアーの最後となる51カ国目の訪問地として来訪し、その後再びロシア国内を巡ります。

イギリス・ロンドンで開催された「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」出発式の様子

 

世界ツアー訪問都市(2018年2月26日~4月30日)

2月26日~27日 ナイロビ(ケニア) 4月1日~2日 ロサリオ(アルゼンチン)
28日 マプト(モザンビーク) 3日~5日 ボゴタ(コロンビア)
3月1日~2日 ヨハネスブルグ(南アフリカ) 6日 パナマシティ(パナマ)
3日 ケープタウン(南アフリカ) 7日~8日 サンホセ(コスタリカ)
5日~6日 カンパラ(ウガンダ) 9日~10日 グアダラハラ(メキシコ)
7日~8日 アブジャ(ナイジェリア) 11日~12日 モンテレイ(メキシコ)
9日~10日 ラゴス(ナイジェリア) 13日~15日 メキシコシティ(メキシコ)
11日~12日 ダカール(セネガル) 16日 ニューヨーク(アメリカ)
13日~14日 アビジャン(コートジボワール) 17日 マイアミ(アメリカ)
15日~16日 カイロ(エジプト) 18日~20日 ロサンゼルス(アメリカ)
17日 ローマ(イタリア) 22日 フランクフルト(ドイツ)
17日~19日 ナポリ(イタリア) 23日 ウランバートル(モンゴル)
20日~21日 パリ(フランス) 25日 北京(中国)
22日~23日 ケルン(ドイツ) 26日 上海(中国)
24日 トースハウン(フェロー諸島) 27日 東京(日本)
25日 レイキャビク(アイスランド) 28日 東京(日本)
27日~28日 トゥクマン(アルゼンチン) 29日 大阪(日本)
29日 ベラサテギ(アルゼンチン) 30日 候補地(日本)
30日~31日 ブエノスアイレス(アルゼンチン)

 

世界でたったひとつ!FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーとは

FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーは、高さ36.8センチ、重さ6,142グラム、18カラットの純金製です。土台には2層の準貴石マラカイト(孔雀石)が使用され、トロフィーの下部側面と裏側には1974年以降の優勝国の優勝年と国名が刻まれています。

 1970年、FIFAは1974年の第10回大会より使用する新しいトロフィーを制作する委託会社を募集しました。世界中の25カ国の専門家から53のデザインが提出され、選考の結果、GDEベルトー二社のアートディレクターであったイタリア人彫刻家シルビオ・ガザニガ氏による作品が採用されました。ガザニガ氏は、自ら制作したトロフィーを「土台から生じたラインが螺旋を描きながら上方に伸びていき、世界を支えている。彫刻の小さな本体に満ちたダイナミックな緊張感の中から、感動的な勝利の瞬間を迎えた2人の選手が浮かび上がっている」と説明しています。

 かつて3度優勝することによって優勝国チームに所有権が移っていたFIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーですが、現在トロフィーの所有権はFIFAが保持しています。そのため優勝国チームの表彰式の後、FIFAに戻され、スイス・チューリッヒにあるFIFA ワールド・サッカーミュージアムで保管されています。一方、本物のトロフィーの代わりに優勝国のサッカー協会にはレプリカが贈呈されることになります。つまり、私たちが4年の間で本物のトロフィーを目にすることができるのは、FIFA ワールド・サッカーミュージアム以外ではFIFA ワールドカップの表彰式の時と「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」のたった2回しかないということになります。

 

コカ・コーラ社がFIFAのオフィシャルパートナーとして「2018 FIFA ワールドカップロシア」をサポート

2018 FIFA ワールドカップロシアは2018年6月14日(木)から7月15日(日)にかけて、東ヨーロッパで初めて開催される第21回目のFIFA ワールドカップです。開幕まで4カ月を切り、出場32カ国をはじめ世界中で期待が高まっています。コカ・コーラ社は、世界中の人々を魅了し、これまで以上に今大会を盛り上げていきます。日本では6月14日(木)の開幕戦(ロシアvs.サウジアラビア)を皮切りに、グループリーグと決勝トーナメントの全64試合がNHKと民放で生中継される予定です。

<2018 FIFA ワールドカップロシア概要>
●開催期間: 2018年6月14日~7月15日
●参加国数: 32カ国
●開催都市: 11都市12会場
モスクワ(ルジニキ・スタジアム、スパルタク・スタジアム)、サンクトペテルブルク(サンクトペテルブルク・スタジアム)、カリーニングラード(カリーニングラード・スタジアム)、カザン(カザン・アリーナ)、ニジニ・ノヴゴロド(ニジニ・ノヴゴロド・スタジアム)、サマーラ(サマーラ・アリーナ)、ヴォルゴグラード(ヴォルゴグラード・アリーナ)、サランスク(モルドヴィア・アリーナ)、ロストフ・ナ・ドヌ(ロストフ・アリーナ)、ソチ(ソチ・オリンピックスタジアム)、エカテリンブルク(セントラル・スタジアム)

 

90年近くにわたるコカ・コーラ社とFIFAのパートナーシップ<

コカ・コーラ社とFIFA の強力なパートナーシップの始まりは、90年近く前となる1930年に開催されたFIFA ワールドカップウルグアイ大会です。それ以降すべての大会において、コカ・コーラ社はスタジアム広告の掲出を続け、1978年のアルゼンチン大会時には制度の導入に伴い、FIFA ワールドカップのオフィシャルパートナーとなりました。