東京2020オリンピック聖火リレーを盛り上げる

「コカ・コーラ」ブランド代表の聖火ランナー決定

綾瀬はるかさん、菅田将暉さん、リトグリかれんさん、

志尊淳さん、南明奈さん、高橋みなみさん、

スケートボード選手の西村詞音・碧莉姉妹、

SASUKEさんをはじめとした全国で活躍する熱き情熱を持った

ティーン15名が日本各地で聖火をつなぐ!

2019年12月26日

 東京2020オリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナーである日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京、代表取締役社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)は、「コカ・コーラ」ブランドの代表として、一緒に東京2020オリンピック聖火リレーを盛り上げる聖火ランナーを決定しました。
 当社は、本年6月17日から約3カ月間「東京2020オリンピック 応援キャンペーン」の一環として東京2020オリンピック聖火ランナーを募ったところ、数多くの応募をいただきました。応募にあたっては、「キミ色で、走れ。」をテーマに、「今、自分自身が熱心に取り組んでいること、それがきっかけで誰かが喜んでくれたエピソード」を記入いただき、そのエピソードも踏まえて選ばれた聖火ランナーが続々と発表されています。
 今回発表するのは、「コカ・コーラ」ブランドの代表として走る聖火ランナーです。熱いハートを持った「コカ・コーラ」ブランドに縁の深い方や「コカ・コーラ」好きな方、そしてSASUKEさんをはじめとした情熱を持って何かに熱く取り組んでいるティーン15名が選ばれました。そのメンバーは、綾瀬はるかさん、菅田将暉さん、Little Glee Monster かれんさん、志尊淳さん、南明奈さん、高橋みなみさん、スケートボード選手の西村詞音(ことね)・碧莉(あおり)姉妹、そして全国各地で輝いているティーン15名です。この15名は、スポーツや文化活動などを通じて日本各地で活躍し、その熱い姿勢で情熱を仲間や周りに伝播しているティーンになります。
 「コカ・コーラ」ブランドは、情熱を持って活動している熱い方々を応援し、その熱さを聖火と共に日本各地へつないでいき、東京2020オリンピック聖火リレーを盛り上げていきます。

コカ・コーラ社 東京2020オリンピック 聖火ランナー公募
キャンペーン発表会 北島康介さんと綾瀬はるかさん

コカ・コーラ社 東京2020オリンピック 聖火ランナー公募
キャンペーン発表会 トーチを持った綾瀬はるかさん

 

■「コカ・コーラ」ブランド代表の聖火ランナーの紹介
※(1)~(9)の方の走行日・走行エリアなどの詳細は決定後改めて発表します。

(1)綾瀬はるかさん 女優

広島県出身。「海街diary」(2015年6月)、「今夜、ロマンス劇場で」(2018年2月)などの映画やNHK大河ドラマ、「八重の桜」(2013年)で主役を務めるなど、映画・テレビで活躍中。2019年は主演した「義母と娘のブルース」が大ヒットし(2020年1月2日21:00より謹賀新年スペシャルが放送)、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」では多くの話題を呼んだ。第70回NHK紅白歌合戦で3度目となる司会を担当する。2020年6月には、2017年のヒットドラマ「奥様は、取り扱い注意」の映画が公開予定。

 

(2)菅田将暉さん 俳優

大阪府出身。2018年日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、芸術選奨映画部門 文部科学大臣新人賞など数々の賞を受賞。2019年は主演ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」で多くの話題を呼び、映画「アルキメデスの大戦」、「タロウのバカ」、舞台「カリギュラ」にも出演。2020年には主演映画「糸」、「花束みたいな恋をした」が公開予定。

 

(3)Little Glee Monster かれんさん 歌手

静岡県出身。研ぎ澄ました歌声で人々の心に爪痕を残すことをテーマに結成された、女性ボーカルグループ「Little Glee Monster」のメンバー。力強い歌声と高度なアカペラをも歌いこなす透き通ったハーモニーを武器に、2014年「放課後ハイファイブ」でメジャーデビュー。2019年リリースのアルバム「FLAVA」がオリコンランキング、Billboardチャートで1位を獲得。NHK紅白歌合戦に3年連続で出場。

 

(4)志尊淳さん 俳優

東京都出身。2018年度文化庁芸術祭の放送個人賞を受賞したNHK「女子的生活」、連続テレビ小説「半分、青い。」、主演ドラマ「潤一」、映画「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」(2019年8月)など多くの話題作に出演。野田秀樹演出のNODA・MAP 第23 回公演 「Q:A Night At The Kabuki」に出演するなど舞台でも活躍。2020年3月29日放送のNHK BS プレミアムドラマ「金魚姫」(青山真治監督)で主演を務める。

 

(5)南明奈さん タレント

神奈川県出身。小学校6年生でスカウトされて芸能界に入り、中学2年生でモデルとして、デビュー。その後バラエティ番組を中心に“アッキーナ”の愛称でブレイク。NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」をはじめとする数多くのドラマ・映画に出演するなど多方面で活躍。2018年5月、濱口優(よゐこ)さんと結婚。

 

(6)高橋みなみさん タレント

東京都出身。2005年にAKB48の第1期メンバーとして活動開始。2009年にAKB48チームAのキャプテンに。2012年には、総勢300人以上のメンバーをまとめるAKB48グループ総監督に就任。2015年12月、キャプテンと総監督の経験を1冊の本『リーダー論』(講談社)にまとめ、これまでに累計11万部発行。2016年4月、活動10周年をめどに、AKB48から卒業。卒業後は、テレビ・ラジオの出演や歌手としてライブを行うなど幅広くマルチに活動中。

 

(7)西村詞音(ことね)さん スケートボード選手

東京都出身。学生時代にスケーターだった父の影響で10歳から姉と妹と共にスケートボードを始める。その後、日本国内で行われていたスケートボード大会に出場し、わずか5年後にはその当時日本国内で行われていた最大級の大会である全日本スケートボード選手権の女子部門で見事優勝。現在は妹でスケーターである碧莉と共にトレーニングを行い、東京2020オリンピックへの出場とメダル獲得を目指す。

 

(8)西村碧莉(あおり)さん スケートボード選手

東京都出身。7歳からスケートボードを始め、小学5年生の時にはすでに日本スケートボード協会主催の全国大会にて優勝を果たし、2017年に行われた日本選手権の初代王者として輝く。また、日本国内のみならずスケートボードの本場であるアメリカでの大会にも出場し、エクストリームスポーツの最高峰であるX-Gamesのストリート種目にて日本人初の優勝を成し遂げる。東京2020オリンピックのスケートボード・ストリート種目の優勝候補として注目。

 

(9)SASUKEさん ミュージシャン

愛媛県出身。14歳のときに原宿で披露したフィンガードラムの路上パフォーマンスをきっかけにさまざまなメディアに取り上げられ話題となる。ダンスから楽曲制作までマルチな表現手法で多くの人々を魅了し、2018年12月に「インフルエンザー」でメジャーデビューした。さまざまな企業とのコラボやラジオ番組のシングルなども多数手掛け、SNSを通じて海外、国内からオファーが殺到するほどの活躍ぶりを見せるトラックメイカー。

 

(10)佐藤暖日(さとう はるひ)さん 福島県いわき市・福島県立湯本高等学校 フラダンス部
走行日:2020年3月26日(木) 走行エリア:福島県
いわき市で誕生したフラガールは、地域のたくさんの人々や子どもたちに勇気や希望、元気を与え、地域の活性化に貢献している存在です。湯本高等学校フラダンス部は、2018年、2019年のフラガールズ甲子園でも大活躍し、福島県のみならず全国に笑顔を届けています。その中でもキャプテンとして活躍している佐藤さんには、東京2020オリンピック聖火リレーを通じてフラダンスにかける熱い想いを全国に届けていただきます。

 

(11)田中一葉(たなか かずは)さん 岐阜県岐阜市・岐阜県立岐阜商業高等学校 応援部
走行日:2020年4月5日(日) 走行エリア:岐阜県
春の高校バレーや甲子園常連の強豪校を支える応援部は、男性だから、女性だから、といった固定概念に縛られず、熱い気持ちを持って素晴らしい活動に取り組んでいます。地域イベントなどにも参加し、応援部の枠を超えてさまざまな方へ情熱を届けています。その応援部を代表し、東京2020オリンピック聖火ランナーとして田中さんには、アスリートを応援し、東京2020オリンピックを盛り上げていただきます。

 

(12)柏倉萌々子(かしくら ももこ)さん 大阪府豊中市・箕面自由学園高等学校 チアリーダー部
走行日:2020年4月14日(火) 走行エリア:大阪府
日本選手権大会でも毎年好成績を残すチアリーディング部のチアリーダーとして影響を与えていることはもちろん、見る人の心を動かす圧巻のパフォーマンスは元気や希望まで広めています。東京2020オリンピック聖火ランナーとして、チアリーディングの素晴らしさを伝えながら、東京2020オリンピックを盛り上げていただきます。

 

(13)長山凜(ながやま りん)さん 高知県高知市・高知中央高等学校 ダンス部
走行日:2020年4月21日(火) 走行エリア:高知県
県内外の数々のイベントやコンテストで圧巻のパフォーマンスを披露することで地元の人々や将来の入部生など、たくさんの方々に熱い姿勢とダンスの魅力を広めています。ダンスの可能性を信じ、夢に向かっている長山さんには、その熱い想いを地元や国内外など多くの方に伝播すべく、東京2020オリンピック聖火リレーを走っていただきます。

 

(14)森川愛梨(もりかわ あいり)さん 愛媛県四国中央市・愛媛県立三島高等学校 書道部
走行日:2020年4月22日(水) 走行エリア:愛媛県
もともと三島高等学校が地元の活性化のために始めた書道パフォーマンスは、日本国内で書道ブームを巻き起こし、今ではたくさんの高校が参加する全国大会が開催されるまでに成長しました。その書道部代表として東京2020オリンピック聖火リレーを走ることで、森川さんには書道の素晴らしさや書道にかける情熱を、日本、そして世界に発信していただきます。

 

(15)吉留大夢(よしどめ たいむ)さん 鹿児島県鹿児島市・鹿児島実業高等学校 男子新体操部
走行日:2020年4月28日(火) 走行エリア:鹿児島県
数々の全国大会でそのユニークな演技が高く評価され、笑いと新体操の融合で新しい価値を広めている男子新体操部。県のPR動画にも出演するなど高い人気を誇り、鹿児島県だけにとどまらず、日本全国、さらには海外からも注目されています。その男子新体操部を代表し、東京2020オリンピック聖火ランナーとして吉留さんには、新体操を通じて得た経験と勇気を全国にも拡散していただきます。

 

(16)宮根帆音(みやね ほの)さん 沖縄県石垣市・沖縄県立八重山高等学校 郷土芸能部
走行日:2020年5月2日(土) 走行エリア:沖縄県
巧みに三線(さんしん)をつま弾きながら、朗々と島唄を響かせ、U-18島唄者コンテストで最優秀賞を受賞した宮根さんは同世代や周囲の大人たちに元気を与えるだけでなく、地元文化の継承にも貢献しています。宮根さんには東京2020オリンピック聖火リレーを通じて、伝統芸能や地元への熱い気持ちを、全国そして次世代へつないでいただきます。

 

(17)佐倉涼太(さくら りょうた)さん 岡山県新見市・岡山県共生高等学校 eスポーツ部
走行日:2020年5月21日(木) 走行エリア:岡山県
学校内のゲーム好きの友人やeスポーツに理解のある留学生に声を掛けてチームを結成し、全国高校eスポーツ選手権で好成績を収めたこと、さらには生徒会長としても活躍する姿は、部活動のメンバーにとどまらず、学校全体に良い影響を与えています。eスポーツに出合ったことで新しい未来の扉が開いた佐倉さんの熱い想いを、東京2020オリンピック聖火リレーを通じてさらに広めていただきます。

 

(18)岩本将成(いわもと しょうせい)さん 兵庫県神戸市・神戸市立原田中学校 トリッキング
走行日:2020年5月25日(月) 走行エリア:兵庫県
武術とダンス、アクロバットや体操をミックスさせた「トリッキング」という新しい競技を、高い技術力と魅力的なパフォーマンスを通して広める姿は日本人代表の枠を超えて、世界の人々に影響を与えています。トリッキングに熱中し、トリッキングが世界的スポーツになるよう取り組んでいる岩本さんには、トリッキングがさらに広まるように、東京2020オリンピック聖火ランナーとして発信いただきます。

 

(19)齊藤詠太(さいとう えいた)さん 福井県勝山市・福井県立勝山高等学校 日本文化部
走行日:2020年5月31日(日) 走行エリア:福井県
勝山高校 日本文化部は、太鼓甲子園の強豪校として日本が誇る太鼓の技術を持ち合わせています。日本文化部の、チームワークを通してみんなで頑張る熱い姿は学校の枠を超えて周りのあらゆる人に元気を与えています。その代表として、部長である齊藤さんには、長年お世話になった地元の地域活性化につながるよう、和太鼓への想いと地元愛を胸に東京2020オリンピック聖火ランナーとして走っていただきます。

 

(20)長谷川理央(はせがわ りお)さん 青森県つがる市・青森県立木造高等学校 相撲部
走行日:2020年6月11日(木) 走行エリア:青森県
一時期は休部もしていた相撲部の復活にも貢献し、自身の活動を通して女子相撲の魅力を広めるべく日々熱心に取り組んでいる姿は部員や学校の生徒、そして数々の相撲ファンに勇気と希望を与えています。相撲を通じてお世話になった方々への感謝の気持ちを忘れない長谷川さんには東京2020聖火ランナーとして、相撲への熱い想いを全国へ発信していただきます。

 

(21)中村天音(なかむら そらね)さん 北海道札幌市・北海道札幌国際情報高等学校 美術部
走行日:2020年6月15日(月) 走行エリア:北海道
美術部に所属し、「さっぽろ雪まつり」など、日々熱心に創作活動に取り組みながら素晴らしい作品を残している中村さん。全道を含めた多くの方をインスパイアし、地域の盛り上げに貢献している中村さんには、東京2020オリンピック聖火ランナーとして、美術の素晴らしさや美術に対して抱いている熱い想いを伝えていただきます。

 

(22)河合来夢(かわい らむ)さん 神奈川県川崎市・神奈川県立百合丘高等学校 ダンス
走行日:2020年7月1日(水) 走行エリア:神奈川県
女性ブレークダンサーとして世界を舞台に活躍するその姿は、圧巻のテクニックやパフォーマンスで見る人を魅了するだけでなく、日本、そして世界に向けて競技の発展にまでも貢献しています。河合さんには、東京2020オリンピック聖火リレーを通じて、ブレイクダンスへの熱い想いを発信し、すべてのアスリートを応援いただきます。

 

(23)西えりか(にし えりか)さん 埼玉県川越市・星野高等学校 百人一首部
走行日:2020年7月9日(木) 走行エリア:埼玉県
日本伝統文化とスポーツが融合した競技かるたが大好きで、かるたクィーン称号獲得へ高い目標を持ちながら活動する熱い姿勢は、周りの部員だけでなく、競技に関わるあらゆる人が応援したくなる魅力的な存在として周りに影響を与えています。西さんには、東京2020オリンピック聖火ランナーとして、競技かるたへの情熱を世界へ発信していただきます。

 

■コカ・コーラ社とオリンピック聖火リレー
 コカ・コーラ社は、アムステルダム1928年大会以来、90年以上にわたりオリンピックを支援し、ファンや選手にとってオリンピックの体験がかけがえのない思い出として残るよう、パートナーシップを結んできました。バルセロナ1992大会から初めて公式にオリンピック聖火リレーへ参加し、これまでオリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナーを11回務めてきました。この間、コカ・コーラ社によるオリンピック聖火リレーの総距離は408,768km、総人数126,231人、総日数1,152日に上ります。東京2020オリンピックで12回目のプレゼンディングパートナーとなります。

■東京2020オリンピック聖火リレーについて
 聖火リレーとは、1936年から始まり、平和、平等、融合、結束、友愛、統合、共有といった人類共通の理想のビジョンを伝える、オリンピックの精神の象徴となるリレーであり、オリンピックを代表するイベントです。ギリシャのオリンピアで採火された火が開催国に運ばれ、国中に希望の火をともしながら、来るオリンピックの開催への期待を全国に届けるリレーです。
 東京2020オリンピック聖火リレーは、聖火の光が多くの人々にとって希望の道を照らし出すものになるよう「Hope Lights Our Way/希望の道を、つなごう」というコンセプトを掲げています。東日本大震災から 10年目の被災地を訪れ、新しい時代の希望のオリンピック聖火リレーとして、復興に力を尽くしている方々にも、元気や力を届けます。また、震災当時世界中から寄せられた支援や励ましに対し、震災から10年目の日本の姿を感謝の気持ちと共に発信し、困難を乗り越える人々の力・不屈の精神を伝えます。

開催期間 2020年3月26日(木)〜7月24日(金)
スタート地点 福島県 ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ
ゴール地点 東京都庁(東京都の聖火リレーゴール地点)
総日数 121日間(移動日含む)
開催場所 47都道府県(ギリシャでの採火式などを除く)

 

「コカ・コーラ」に関する最新情報は下記アカウントをご参照ください。
公式サイト https://www.cocacola.jp
Twitter https://twitter.com/CocaColaJapan
Facebook https://www.facebook.com/cocacolapark
LINE https://page.line.me/cocacolajapan
Instagram https://www.instagram.com/cocacola_japan/