ヨーロッパNo.1カフェブランド「コスタコーヒー」のテイクアウト専門店
秋冬にぴったりの「コスタコーヒー 原宿駅店」限定メニュー
日本初となる「ホットデザートラテ」3種
「チョコチップクッキーラテ」、「ベリーベリーラテ」、「アップルパイラテ」
10月23日(土)から発売開始

2021年10月20日

 

 コカ・コーラシステムは、ヨーロッパNo.1※1カフェブランド「コスタコーヒー」のテイクアウト専門店「コスタコーヒー 原宿駅店」で日本初となる「ホットデザートラテ」メニュー3種「チョコチップクッキーラテ」、「ベリーベリーラテ」、「アップルパイラテ」を2021年10月23日(土)より発売します。

※1 アレグラ社 2021年ワールドコーヒーポータル調査

 

 「コスタコーヒー 原宿駅店」は、今年7月、原宿駅前という利便性の高い立地にて、バリスタが丁寧に一杯一杯手淹れした「コスタコーヒー」の高品質なコーヒーを楽しめるテイクアウト専門店としてオープンしました。バリスタが手淹れしたコーヒーを店頭で待つことなく飲んでいただけるようモバイルオーダーを導入し、「コスタコーヒー」を象徴する代表メニュー「フラットホワイト」や「コルタード」、そして原宿駅店ならではの日本初の限定メニューとして夏にぴったりの「フロスティーノ」、「アフォガート」など、こだわりのコーヒーをたくさんの方にお楽しみいただいています。
 そして今年の秋冬シーズンには、「コスタコーヒー 原宿駅店」限定メニューとなる日本で初めて「ホットデザートラテ」3種として「チョコチップクッキーラテ」、「ベリーベリーラテ」、「アップルパイラテ」を発売します。コーヒー豆や製法、ミルクのすべてにおいてこだわっている「コスタコーヒー」ならでは深みのあるしっかりとしたコーヒーの味わいと人気デザートそれぞれの食感を同時にお楽しみいただける贅沢な「ホットデザートラテ」メニューです。
 これから寒さが増し、温かくて甘い飲み物が欲しくなるシーズンになります。仕事帰りのご褒美やおやつ代わりとして、人気の「フラットホワイト」や「コルタード」だけではなく、「チョコチップクッキーラテ」、「ベリーベリーラテ」、「アップルパイラテ」でほっとおいしい冬をお過ごしください。

 

【ホットデザートラテ3種】
「コスタコーヒー 原宿駅店」限定の日本初となる「ホットデザートラテ」のメニューは3種あります。いずれも、贅沢に抽出した芳醇な香りのエスプレッソに、濃厚な生クリームの上にチョコチップクッキー、アップルパイ、ミックスベリーなどの人気デザートが合わさった、見た目も食感も楽しめるメニューです。

 

【「コスタコーヒー」の代表的メニュー】
「コスタコーヒー 原宿駅店」では、限定メニューの他にも「コスタコーヒー」を象徴する代表的なメニュー「フラットホワイト」や「コルタード」をはじめとした、さまざまなメニューを展開しています。

 

■コスタコーヒー原宿駅店について
 「コスタコーヒー 原宿駅店」は、「コスタコーヒー」が目指す高品質なコーヒーを一杯一杯バリスタが丁寧に手淹れする、テイクアウト専門のコーヒー店です。「コスタコーヒー」は、いつでもどこでもお客様にクイックかつスマートにこだわりのコーヒーをご提供できるように、原宿駅店のようなテイクアウト専門店まで、さまざまな店舗業態で展開しています。
 本店舗は、テイクアウト専門店にもかかわらず、バリスタが手淹れした高品質のコーヒーを待つことなく飲んでいただけるよう、モバイルオーダーを導入しました。スマートフォンから事前にテイクアウト注文し、スムーズにオーダー商品を受け取っていただけます。通勤・通学途中やランチの合間にスマートフォンであらかじめ注文しておけば、駅前に到着後すぐに淹れたてのコーヒーをピックアップし、店頭で待つことなくお楽しみいただけます。
 モバイルオーダーは下記URLもしくは、下記の二次元コードよりご利用いただけます。
(モバイルオーダーURL:https://costa-coffee.oderapp.jp/#/

 

■「コスタコーヒー」の50年続くこだわりの味わい
 誕生から50年間、コーヒーの本場・ヨーロッパで愛されるカフェブランド「コスタコーヒー」は、コーヒー豆の選定、焙煎、抽出、ミルクのすべてにおいてこだわっています。贅沢にブレンドした厳選豆をじっくりと丁寧に焙煎し、熟練したバリスタが抽出した味わいは、誕生からずっと、創業家の血筋を引く“コーヒーマスター”によって守られています。
 また、「コスタコーヒー」は、味わいだけでなく、社会・経済・環境の持続可能性の強化につながる方法で生産されたものだけが与えられる「レインフォレスト・アライアンス」認証のコーヒー豆を100%使用しています。この認証の水準は高く、認められるコーヒー豆は全世界で生産されているコーヒー豆のわずか5%になります。
 日本では、トータルコーヒーブランドとして、おおよそ600 拠点以上(2021年9月末時点)で卓上マシンやエクスプレス(無人カフェマシン)、テイクアウト専門店など、全国展開しています。今年4月にはPETボトルコーヒー「コスタ ブラック」、「コスタ カフェラテ」を発売し、10月には「コスタ ブラック」、「コスタ カフェラテ」のホット製品に加え、コスタコーヒーの定番メニュー「フラットホワイト」をイメージしてつくられた「コスタ ラテ エスプレッソ」を発売し、手淹れ品質のコーヒーをお客様にお届けしています。

●公式サイト https://c.cocacola.co.jp/costacoffee/
●公式Instagram https://www.instagram.com/costacoffeejp
●公式LINE https://line.costacoffee.jp/invite?from=rtdpr

 

■コスタコーヒーについて
 「コスタコーヒー」は、イタリア人のコスタ兄弟、セルジオとブルーノ が1971年にロンドンで創業。現在は世界41ヵ国で事業を展開しており、カフェはイギリス&アイルランドで2,700店舗以上、その他25ヵ国で1,100店舗以上運営しています。「コスタコーヒー」は、11年連続(2010~2020年)でアレグラ・ストラテジーズの「英国およびアイルランドで最高のブランド・コーヒーショップ・チェーン」に輝いています。
 また、地域社会への貢献もコスタが大切にしている活動の一つです。「コスタコーヒー」では、コーヒー栽培地域の子どもたちが安全で品質の高い教育を受けられるよう支援することで、子どもたちの人生の可能性を広げることを目的とする公認慈善団体、「コスタ・ファンデーション」を設立。今年の計画も入れると、100以上の学校設立プロジェクトに資金を提供し、100,000人以上の子どもたちの人生を支えてきました。また、イギリス全体で展開しているコミュニティ・プログラムでは、「コスタコーヒー」チームが地域の慈善活動にボランティアとして参加したり、コミュニティグループに向けて店内のウェルカムスペースの開放などを行っています。
「コスタコーヒー」は2011年にコーヒー・ネイションを買収し、ブランド名を「コスタ エクスプレス」に変更しました。エクスプレス(無人カフェマシン)は現在、世界で13,000台以上を展開しています。人気のシグネチャーブランド豆など、ミルクを使ったコーヒーを店舗と同じクオリティで提供しています。
 「コスタコーヒー」の製品は、家庭用コーヒー豆、容器入りコーヒーなども含めすべておいしさにこだわってつくっています。また、コーヒー豆は100%「レインフォレスト・アライアンス」認証を受けており、その調達方法も倫理基準を満たしています。
 2019年、「コスタコーヒー」は、コカ・コーラ社の一員となりました。