新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の
感染拡大防止に向けた対応

The Coca-Cola Foundationによる
医療従事者支援のための寄付について

2020年7月2日

 

 このたびの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された方々にお見舞い申し上げます。また治療や感染拡大防止のために日夜努力されている医療従事者の皆様、政府・自治体・公共機関の皆様、そしてこの困難な状況において日々の生活必需品の流通に携わられている皆様に、あらためて最大限の敬意と感謝を表します。

 米国The Coca-Cola Foundation は、日本における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組む個人・団体・事業者・医療機関・自治体を支援するため、公益財団法人東京コミュニティー財団に対し100万ドル(約1億700万円)を寄付したことをお知らせします。このたびの寄付金は、医療機関等へ医療器具(防護服・マスク・フェイスシールド・人工呼吸器など)を提供する事業への助成金として使用される予定です。

公益財団法人東京コミュニティー財団について
 東京コミュニティー財団は、米国のコミュニティー財団の仕組みに学び2008年12月に設立され、その後2009年6月に公益認定を受けました。東京コミュニティー財団は、寄付者とNPO(非営利団体)をつなぐプラットフォームとして寄付者とNPOの間に立ち、冠基金やテーマ別基金を通じて、寄付者の方々からお預かりした想いと寄付、NPOの方々からお預かりした感謝の気持ちと活動報告を双方に届けています。また現在はクラウドファンディング・サイトを活用した寄附募集を行うなど、新たな仕組みづくりにも取り組んでいます。

The Coca-Cola Foundationについて
 The Coca-Cola Foundationは、ザ コカ・コーラ カンパニーの世界的慈善事業部門です。1984年の設立より、当財団は世界各国の持続可能な地域社会イニシアチブを支援するために10億ドル以上を助成してきました。The Coca-Cola Foundationの詳細については、www.coca-colacompany.com/our-company/the-coca-cola-foundation をご覧ください。

 ザ コカ・コーラカンパニーは毎年、前年度営業利益の1%を社会に還元できるよう努めており、The Coca-Cola Foundationによる活動や自社からの寄付を通じてそれを実践しています。2019年には財団と共に1億2,400万ドル以上を拠出し、134を超える国と地域の300に及ぶ組織が直接その助成を享受しました。

Refresh Japan こんなときこそ、コカ·コーラにできること
 日本のコカ·コーラシステムは、日常生活に必要不可欠な飲料を製造販売する企業群として、新型コロナウイル スの感染拡大防止と、お客様、従業員、お取引先様の健康の確保に必要な措置を講じながら、安心・安全な製品 の安定供給に努めております。引き続きその責任を果たしながら、「Refresh the World. Make a Difference. (世 界中をうるおし、さわやかさを提供すること。前向きな変化をもたらすこと。)」の事業目的にのっとり、地域社会にとって必要とされる支援を継続的に検討・提供してまいります。

 コカ·コーラシステム従業員一同、一日も早い事態の終息と、活気ある日常が戻ることを願っております。私たちの取り組みについては、以下のサイトをご参照ください。
https://www.cocacola.co.jp/press-center/covid-19-actions

コカ・コーラシステムについて
コカ・コーラシステムは、ザ コカ・コーラ カンパニーの日本法人で、原液の供給と製品の企画開発をおこなう日本 コカ・コーラと、全国5 社のボトリング会社(コカ・コーラボトラーズジャパン、北海道コカ・コーラボトリング、みちのくコカ・コーラボトリング、北陸コカ・コーラボトリング、沖縄コカ・コーラボトリング)などで構成されています。コカ・コーラシステムが国内で取り扱う製品は50 以上の炭酸飲料および非炭酸飲料ブランドにおよび、世界で最も高い評価を得ているブランドである「コカ・コーラ」をはじめ、「コカ・コーラゼロ」「コカ・コーラゼロカフェイン」「ファンタ」「スプライト」などのグローバル・ブランドのほか、「ジョージア」「アクエリアス」「い・ろ・は・す」「綾鷹」など、日本市場のために開発されたブランドが含まれます。コカ・コーラシステムは、持続可能な地域社会の構築を目指してたゆまぬ努力を重ねており、事業活動による環境負荷の削減、社員のための安全で開かれた職場環境の構築、事業を展開する地域社会における経済発展の促進といった取り組みに力を注いでいます。