コカ・コーラ社が世界20カ国以上で展開する
本格派“ハードセルツァー”ブランド
「トポチコ ハードセルツァー」
9月20日(月・祝)から関西エリアのコンビニやスーパーなどで限定発売

2021年9月7日

 

 コカ・コーラシステムは、世界20ヵ国以上で展開する海外で人気のお酒“ハードセルツァー”の新ブランド「トポチコ ハードセルツァー」を2021年9月20日(月)より関西エリアの二府二県※を中心としたコンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストア、ディスカウントストア、量販店などで限定発売します。
 “ハードセルツァー”とは、アルコールが入っていることを意味する「ハード」に、炭酸水を差す言葉「セルツァー」を組み合わせたアルコール入りスパークリングウォーターで、スッキリとした飲みやすさや、グルテンフリー、低カロリー、低糖質などが魅力で、米国を中心に世界の若者の間で人気が高まっています。
 「トポチコ ハードセルツァー」は、2020年9月に南米から、現在世界20ヵ国以上で発売されている新感覚の本格派アルコール入りスパークリングウォーターで、コカ・コーラ社が世界に向けて展開するアルコール初のグローバルブランドとなります。


 

 「トポチコ ハードセルツァー」は、お酒に求める価値観や楽しみ方が多様化している日本の若者に、「決めつけないのがルール」をキーメッセージに、これまでとは違った新しいお酒の価値を提案します。グルテンフリーでカロリーや糖類を抑えた、スッキリとしたのど越しが楽しめる爽やかな味わいで「アサイーグレープ」、「タンジ―レモンライム」、「パイナップルツイスト」の3種類をラインナップしました。
 今年7月以降、従来の価値観や既成概念にとらわれず、お酒を自由に楽しみたい若者に向けて、さまざまな活動を通じてこの次世代のお酒の魅力を発信してきた「トポチコ ハードセルツァ―」。今後はこの海外で人気の本格派ハードセルツァーブランドの限定発売に合わせて、関西エリアの二府二県を中心に、TVCMやWEB施策などを展開し、市場を盛り上げていきます。

※ 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県

 

■世界で注目の“ハードセルツァー”ブランド「トポチコ ハードセルツァ―」
 “ハードセルツァー“はお酒の選び方が変化している米国の若者を中心に、カロリーの低さやグルテンフリー、スッキリした飲みやすい味わいなどが話題となり、世界で注目が高まっているアルコール入りスパークリングウォーターです。
 「トポチコ ハードセルツァー」は、125年の歴史を持つメキシコ生まれのスパークリングウォーターブランド「トポチコ」から誕生した“ハードセルツァ―”で、コカ・コーラ社のアルコール初のグローバルブランドです。2020年9月の南米での発売を皮切りに、現在では、米国、オーストラリア、英国、フランス、スペインなど世界20ヵ国以上で展開され、大変ご好評いただいています。


 

■「決めつけないのがルール」をコンセプトに若者に新しいお酒の楽しみ方を提案
 若者のお酒に求める価値観や楽しみ方は、日本でも多様化しています。そうした若者に向けて、「トポチコハードセルツァー」は、これまでとは違った新しいお酒として、グルテンフリーで、カロリーや糖類を抑えた、スッキリとしたのど越しと爽やかなフレーバーをお楽しみいただけます。炭酸水のようにスッキリとした飽きのこない味わいが特徴で、「アサイーグレープ」、「タンジ―レモンライム」、「パイナップルツイスト」の3種類のフレーバーをスタイリッシュでスリムな355ml缶で味わえます。
 また、「トポチコ ハードセルツァー」は、従来の価値観や既成概念にとらわれず、お酒を自由に楽しみたい若者向けの次世代のアルコールブランドとして、「決めつけないのがルール」をキーメッセージに、さまざまな施策に取り組んでいます。今年7月からアパレルショップやレコード店などのカルチャースポットでのサンプリングやラジオ番組「Topo Chico Hard Seltzer presents Syndicate Radio」、渋谷エリアでのアートプロジェクト「TOPO CHICO SHIBUYA ART GALLERY」などを実施。今後、関西エリアの二府二県を中心とした限定発売を機に、TVCMやWEB施策などで、さらに「トポチコ ハードセルツァ―」を盛り上げます。



「トポチコ ハードセルツァー アサイーグレープ」 355ml 缶
(高解像度画像はこちら)

「トポチコ ハードセルツァー タンジーレモンライム」 355ml 缶
(高解像度画像はこちら)

「トポチコ ハードセルツァー パイナップルツイスト」 355ml 缶
(高解像度画像はこちら)

■関西エリアでTVCM『トポチコ登場』篇が放映
 9月20日(月・祝)から関西エリアでTVCM『トポチコ登場』篇が放映されます。荒野を疾走する一台の黄色いピックアップトラック。それを丘の上から見つめる馬上の男。次々にインサートされる“ト・ポ・チ・コ”と口ずさむ、多種多様な若者たちのポートレイト。突然のスパークリングなシズルカット。そして見る側の“何コレ?”という反応に応えるような、挑戦的な眼差しの女性と「決めつけないのがルール」というメッセージ。
 CMではあえて説明的なアプローチをせず、観た人が感覚的に“既成の枠にハマらない新世代のお酒”と感じてもらえる表現を目指しています。


 

全国でも「トポチコ ハードセルツァー」を味わえるTwitterキャンペーン
 全国でも「トポチコ ハードセルツァ―」をお試しいただけるチャンスです。9月13日(月)18:00より、公式Twitterアカウントをフォローし、対象投稿をリツイートしていただくと、「トポチコ ハードセルツァー 3本セット」がその場で当たる「ハロー!トポチコキャンペーン」を開催します。詳しくは公式サイトや公式Twitterをご参照ください。


 

●公式サイト https://www.topochico.jp/
●Twitter https://twitter.com/TopoChico_JP
●Instagram https://www.instagram.com/topochico_jp/

 

■関西エリアでもラジオ番組Topo Chico Hard Seltzer presents 「Syndicate Radio」がスタート
 8月からInterFMでスタートした、ラジオ番組Topo Chico Hard Seltzer presents 「Syndicate Radio」が10月7日(木)からFM802でも始まり、関西エリアの皆様でもお聞きいただけるようになります。
Topo Chico Hard Seltzer presents 「Syndicate Radio」は、「決めつけないのがルール」を合言葉に、若者たちの既成概念にとらわれない自由な価値観を応援し、世の中をたのしくして仲間を広げるラジオ番組です。さまざまなカルチャーシーンを盛り上げる多彩なゲストとともに、ラジオ番組の枠にとらわれない新しい試みを仕掛けていきます。MCとゲストが織りなす貴重なトークと、ゲストの選曲をお楽しみください。詳しくは公式サイトをご参照ください。

●番組公式サイト https://www.interfm.co.jp/lp/topo_chico_syndicate/

 

<製品概要>
■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税別): 355ml 缶/150円
■販売地域 関西エリア(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県)を中心
■販売チャネル コンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストア、ディスカウントストア、量販店など

 

■製品名 「トポチコ ハードセルツァー アサイーグレープ」
■品名 スピリッツ(発泡性)(1)
■原材料名 スピリッツ(国内製造)、砂糖/炭酸、香料、酸味料、塩化Mg、塩化K
■アルコール分(%) 5%
■果汁率(%) 0%
■栄養成分表示(100ml当たり):
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
31kcal 0g 0g 0.7g
(糖類0.5g)
0g

 

■製品名 「トポチコ ハードセルツァー タンジーレモンライム」
■品名 スピリッツ(発泡性)(1)
■原材料名 スピリッツ(国内製造)、砂糖/炭酸、香料、酸味料、塩化Mg、塩化K
■アルコール分(%) 5%
■果汁率(%) 0%
■栄養成分表示(100ml当たり):
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
31kcal 0g 0g 0.7g
(糖類0.5g)
0g

 

■製品名 「トポチコ ハードセルツァー パイナップルツイスト」
■品名 スピリッツ(発泡性)(1)
■原材料名 スピリッツ(国内製造)、砂糖/炭酸、香料、酸味料、塩化Mg、塩化K
■アルコール分(%) 5%
■果汁率(%) 0%
■栄養成分表示(100ml当たり):
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
31kcal 0g 0g 0.7g
(糖類0.5g)
0g