プラントボトルTM※1を採用し、しぼれる国内最軽量※218gを実現

『い・ろ・は・す(I LOHAS)』 1,020ml PET新発売

— 2010年6月7日(月)から全国で発売開始 —

「い・ろ・は・す」520ml PETに新採水地を追加(宮崎県えびの市)

コカ・コーラシステムは、「おいしい」と「環境にいい」を両立させたミネラルウォーターブランド
「い・ろ・は・す(I LOHAS)」の新ラインナップとして、1,020ml PETの発売を2010年6月7日(月)より全国で開始いたします。


「い・ろ・は・す」1,020ml PETは、520ml PET同様に1,000mlクラスでは国内最軽量となる18gを実現いたしました。さらに、植物由来素材を一部(5〜30%)使用した次世代型PETボトルプラントボトル™を採用しています。飲用後には軽い力で“しぼって”つぶし、既存のPETボトルリサイクル工場で100%リサイクルが可能です。


また、好調な「い・ろ・は・す」の6つ目の採水地として、本年5月下旬より、宮崎県えびの市が新たに加わります。南九州コカ・コーラプロダクツ株式会社(本社:宮崎県えびの市大字東川北字有留 1321-1 代表者:代表取締役社長執行役員 藤久保 義人)の、えびの工場にて、新型の高性能ラインを稼動し、天然水「い・ろ・は・す」520ml PETの製造を開始いたします。


common-imgs-news-news_20100513_01.jpg


プラントボトル™を採用した「い・ろ・は・す(I LOHAS)」 1,020ml PET

※1)素材の一部(5〜30%)を植物由来とすることで、非再生資源である石油への依存を低減し、かつ、100% リサイクルが可能な、革新的なPETボトルです。

※2)2010年3月時点/国内製造品1,000mlPETボトル対象/日本コカ・コーラ社調べ

common-imgs-news-news_20100513_02.gif

国内最軽量※318gペットボトルを採用!

「い・ろ・は・す」1,020ml PETは、1,000mlクラスにおける国内最軽量18gのPETボトルを採用いたしました。これは、当社従来水製品に比べ約55%の大幅な樹脂使用量の削減となります。

※3)2010年3月時点/日本コカ・コーラ社調べ

common-imgs-news-news_20100513_02.gif

開発背景

2009年9月22日ニューヨークで開催された「国連の気候変動に関する首脳級会合」で、鳩山首相が「2020年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減する」という目標を掲げました。政府による環境配慮型社会への働きかけが本格化し、ますます企業の積極的施策が求められるように なっています。

こうした動きの中、2009年5月の発売以来、各方面から高い評価をいただいている「い・ろ・は・す」の地球環境に配慮する新たな取り組みとして、2010年4月にプラントボトル™を採用いたしました。また、1日の飲用量が1,000mlを超えるお客様からは、従来の280ml, 520mlよりも大型容量を望む声をいただいております。こうしたお客様のニーズから、今後も成長が期待できる1,000ml市場に、このたび新ラインナップとして1,020ml PETを導入いたします。「日本生まれの天然水を、おいしく飲み、しぼって(つぶして)※4、リサイクルする」という、おいしい水を飲むだけでできる、簡単なエコアクションの輪を、今後もみなさまと共に広げて参ります。

※4)自治体の空容器の分別回収方法に従って下さい。

common-imgs-news-news_20100513_02.gif

プラントボトルTMについて

■概要

プラントボトル™は、植物由来の素材を一部(5〜30%)に使用した国内製造のPETボトルです。サトウキビから砂糖が精製される工程の副産物である糖蜜(廃糖蜜)などを、PET樹脂の構成成分に転換して使用しています。素材の一部を植物由来とすることで、非再生資源である石油への依存を低減します。従来のPETボトルと形状、重量、強度の違いはまったくなく、飲用後は今までと同様にPETボトルリサイクル工場で100%リサイクルが可能です。

2010年4月12日(月)から、「い・ろ・は・す」280ml, 520ml PETに、2010年6月からは「い・ろ・は・す」1,020ml PETに採用となります。

common-imgs-news-news_20100513_02.gif

宮崎県・えびの工場概要

季節ごとに美しい自然の彩を見せる霧島連山。「い・ろ・は・す」の新しい採水地・えびの工場は、この豊かな自然にあふれる霧島連山のふもとに位置します。

■正 式 名 称 :南九州コカ・コーラプロダクツ株式会社 えびの工場

■所 在 地 :宮崎県えびの市大字東川北字有留1321-1

■代 表 者 :代表取締役社長執行役員 藤久保 義人(ふじくぼ よしと)

■主な事業内容:清涼飲料水および乳飲料の製造

■生産能力(ラインスピード):520ml:600BPM

common-imgs-news-news_20100513_03.jpg

【宮崎県・えびの工場外観】

common-imgs-news-news_20100513_02.gif

その他採水地

毎日の飲用に適した「おいしい水」にこだわり、日本生まれの鉱水を使用しています。「い・ろ・は・す」は、宮崎県えびの市大字東川北字有留の他に、山梨県北杜市白州町、富山県砺波市東保、北海道札幌市清田区、静岡県駿東郡小山町、鳥取県西伯郡伯耆町の5箇所の、自然に育まれた、全国各地の名水地から採れる天然水を採用しています。

common-imgs-news-news_20100513_04.jpg

common-imgs-news-news_20100513_02.gif

「い・ろ・は・す(I LOHAS)」について

2009年5月に発売された「おいしい」と「環境にいい」の両立を実現したミネラルウォーターブランドで、すでに累計販売本数が3億本(520ml PET)を突破しています※5。また、導入翌月(2009年6月)以降、ミネラルウォーター小型No.1製品となっています※6。「い・ろ・は・す」520ml PETのパッケージには国内最軽量※712gのPETボトルを採用しており、当社従来水製品に比べた場合、520ml PETボトル3億本で、3,800トン※8のCO2削減効果が見込まれます。

また、1本あたりの容器原材料(PET樹脂)の使用量を削減することで環境への負荷を軽減するだけでなく、飲用後に軽い力でしぼって(つぶして)※9コンパクトにすることが可能なため、家庭内などにおける空容器保管時のスペース確保につながることも期待できます。「い・ろ・は・す」を選び、飲んだ後にしぼって(つぶして)、リサイクルする、という簡単なアクションを通じて消費者が環境活動に参加できることを提案しています。

「い・ろ・は・す」の環境への取り組みは各方面から高い評価を頂いており、発売からこれまでに、環境省主催「容器包装3R推進環境大臣賞」の製品部門にて『最優秀賞』、フジサンケイグループ主催「地球環境大賞」にて『環境大臣賞』など、国内外で多くの賞を受賞しております。


※5)出荷ベース、日本コカ・コーラ社データ

※6)2010年3月時点/インテージMBI調べ。ボリュームベースシェア/手売りチャネル

※7)2010年3月時点/国内製造品550ml以下PETボトル対象/日本コカ・コーラ社調べ

※8)3億本分のPET樹脂使用量削減分のCO2排出量削減効果。PET樹脂1トン製造時のCO2排出量をベースに算出
出典:「PETボトルのLCIデータ分析調査 報告書<更新版>」(PETボトル協議会)(2009年3月)

※9)自治体の空容器の分別回収方法に従ってください

common-imgs-news-news_20100513_02.gif

「い・ろ・は・す」ラインナップ 製品概要

■製 品 名:「い・ろ・は・す (I LOHAS)」

■品  名:ナチュラルミネラルウォーター

■原材料名:水(軟水)

■カロリー:0kcal/100ml

■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税込):1,020ml PET/178円、520ml PET/126円、
280ml PET/100円

■発 売 日:1,020ml PET/2010年6月7日(月)、520ml PET/280mlPET 2010年4月12日(月)

■販売地域:全国(沖縄を除く)

■製品名の由来:「い・ろ・は・す」のネーミングは、日本古来の「いろは歌」の最初の三文字と、健康と環境を志向するキーワード「LOHAS (ロハス)」を掛け合わせています。やわらかな語感のひらがなの名で国産の天然水であることを表現するとともに、消費者に対して環境への配慮が具体的な行動となるきっかけを提案していく ブランドになるようにとの思いが込められています。