夏季ピーク時の使用電力を事業活動全体で削減

自動販売機で33%、事業活動全体を通じ25%以上の使用電力削減を目指します

日本のコカ・コーラシステムは業界のリーダーとして、夏季の電力供給不足に対する節電協力として、自主的な使用電力削減を6月から実施いたします。まず自動販売機については、お得意様との緊密な連携を通じて33%の使用電力削減の達成してまいります。工場では、製品の安定供給を確保しながら6月上旬から9月末までの約四か月間、東京電力管内で対前年比25%以上の使用電力削減を達成することをめざします。これらの施策は、東京電力管内にある8つの工場すべてとオフィス約120か所、および自動販売機約25万台を対象とします。自動販売機の施策については、関東4ボトラー社(利根コカ・コーラボトリング株式会社、三国コカ・コーラボトリング株式会社、東京コカ・コーラボトリング株式会社、コカ・コーラセントラルジャパン株式会社)において、実施に向けた準備を来週から開始します。

【自動販売機】
自動販売機を設置いただいている東京電力管内のお得意先様に対し、具体的な節電アクションをご提案することで、ともに節電を実現してまいります。既に実施している照明の24時間消灯や、ピークカット機能による13時から16時までの全台の冷却運転停止に加え、10時から21時までのピーク時間帯に、3つのグループに分けた自動販売機の冷却運転を輪番で停止いたします。この施策により、10時から21時のピークタイムにおいては、どの時間帯においても必ずコカ・コーラシステムの自販機においては、常に3台に1台が冷却のためのコンプレッサー機能が停止している状態となります(イラスト参照)。そうすることで、夏場に必要な水分補給のための飲料提供を継続しながらも、ピーク時間内における使用電力を33%削減いたします。輪番による冷却運転の停止は6月上旬より順次開始し、9月末まで実施する予定です。

【33%削減プランのイメージ】

33%削減プランのイメージ

【工場】
東京電力管内の8工場は、従来から導入を進めてきたコージェネレーションシステムの使用に加え、3つのグループに分け平日に輪番で製造ラインを休止することで、25%以上の使用電力削減を達成いたします。さらにすべての工場において5日連続の生産を行うことから、合算で使用電力を削減しながらも安定した供給を継続いたします。さらに、製造ラインを休止する日にも市場への製品出荷は継続し、夏期の水分補給ニーズにしっかりと応えてまいります。
*8工場:コカ・コーライーストジャパンプロダクツ株式会社(CCEJP)茨城工場、イトシア株式会社五霞工場、CCEJP埼玉工場、CCEJP岩槻工場、三国アセプティック株式会社 本社工場、CCEJP 多摩工場、CCEJP海老名工場、白州ヘルス飲料株式会社 白州工場

【オフィス】
東京電力管内におけるコカ・コーラシステム各社のオフィスにおいて、従来からの温度管理の強化やクールビズなどの継続に加え、施設内の節電策や就業体制の変更などの追加活動プランを検討中です。