世界初!(※1) コカ・コーラが自動販売機向けARアプリを導入

〜「コカ・コーラ パーク」で、本日よりデモコンテンツを公開〜

日本コカ・コーラ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長: ティム・ブレット )は、世界で初めて、スマートフォン向けに、自動販売機と連動したARアプリを導入いたします。2013年4月頃より本格的にARアプリの提供を開始する予定です。

コカ・コーラはこれまでも製品のみならず自動販売機においても数々の「心躍る楽しさ」を提供してまいりました。自動販売機の設置場所で自動販売機と連動したARアプリを使うことで、新たなインタラクティブなコミュニケーションが生まれ、一見しただけでは伝わらないさまざまな コカ・コーラ の自動販売機の特徴や製品の世界観を伝えることを可能にします。

ARアプリの導入に先駆け、デモコンテンツを開発ユニット「AR三兄弟」(※2)と共同開発いたしました。本日2013年2月21日(木)より、当社会員向けWEBサイト 「コカ・コーラ パーク」 内で、AR三兄弟自らが出演するデモコンテンツ紹介の動画を公開しております。

コカ・コーラが今年から導入を開始した、日中の消費電力を95%削減できる超省エネの 「ピークシフト自販機」 (※3)にデザインされた 「ポーラーベア」 (※4)がARマーカーになっており、ポーラーベアにARアプリをダウンロードしたスマートフォンをかざすと、 「ポーラーベア」 が笑ったり、くしゃみをしたり、ピークシフト自販機の特徴である『音が全然しない』というプラカードを掲げるなど、愛らしい動きをしながら、ピークシフト自販機の特長を伝えています。
動画URL:http://c.cocacola.co.jp/entertainment/cm/index.htm

また、自動販売機とARアプリとの連動の一環として、全国の コカ・コーラ 自動販売機の製品サンプルをARマーカーにすることで、各種製品ブランドのコミュニケーションへも活用してまいります。第一弾として、ARアプリをダウンロードしたスマートフォンのカメラを 「コカ・コーラ ゼロ」 にかざすと、2月4日より放映中の 「EXILE」 メンバーが出演する 「コカ・コーラ ゼロ」 の新TV-CM『ZERO LIMIT』(ゼロリミット)篇(15秒)を見ることが出来ます。

コカ・コーラは、自動販売機とARアプリとの連動という世界初の画期的な試みを実施することで、自動販売機でいつでも、どこでも、誰にでもおいしい製品をご提供するとともに、心躍る楽しさをお届けしてまいります。

【デモコンテンツ画像】


common-imgs-news-news_20130221.jpg

※1

自動販売機のデザインや商品サンプルをARマーカーとして使用した取り組みとして世界初。日本 コカ・コーラ 社調べ。

※2 AR三兄弟 プロフィール

AR技術を使ったり使わなかったりして、昭和テイストで現実を拡張し続けている開発ユニット。プログラム・テレビ・新聞・雑誌・音楽・アート・広告など、幅広い題材をマッシュアップ、作品として発表している。企画・開発・出演に至るまで全てに関わる活動は、多方面でやまだかつてない反響を呼んでいる。書籍「AR三兄弟の企画書」が、日経BPより発売中。

※3 ピークシフト自販機について

東日本大震災後に新たに発生した社会的課題「ピーク時の消費電力削減」への持続的な対応として開発された コカ・コーラ 独自の 超省エネ自販機です。夏の日中に冷却用の電力を使わず消費電力を95%削減しながら、16時間もの間冷たい製品を提供します。2013年は年間25,000台を全国に順次展開します。前面および側面にはポーラーベアをデザインしています。

※4 ポーラーベアについて

1922年にフランスの広告に登場して以来、世界中でのコミュニケーションに登場してきたキャラクターです。近年、地球温暖化の進行により生息数の減少が心配されているポーラーベアが、冷たい製品を想起させることに加え、ピークシフト自販機が地球にも優しいことをイメージさせます。ピークシフト自販機の特長である、「地球に優しいこと」や「冷えた製品」を、わかりやすく表現するために、ARアプリのデモコンテンツにポーラーベアを使用いたしました。