2014年「ジョージア」新キャンペーン

「世界は誰かの仕事でできている。」

1月27日(月)より始動

演技派俳優・山田孝之さんがCMで一人8役に挑戦!
1TV-CMマニフェスト」篇 (30秒) 127日(月)から全国で放映開始
日本初!缶を媒介にした新しいカタチのスマホ・マガジン!
飲みながら読むジョージア -「週刊ジョージア127日(月)創刊!

2014123


 缶コーヒー市場 売上本数シェアNO.1※1 ブランド「ジョージア」は、ひたむきに働く日本の男たちを応援する新キャンペーン「世界は誰かの仕事でできている。」を、2014年1月27日(月)から実施します。
 新キャンペーンのイメージキャラクターには、俳優の山田孝之さんを起用。シリーズ第1弾TV-CMとして、「マニフェスト」篇(30秒)を1月27日(月)から全国で放映開始します。
 また、キャンペーンの一環として日本で初めての、缶を媒介とした“飲みながら読むスマホ・マガジン「週刊ジョージア」”を株式会社KADOKAWAの協力により創刊(発行:KADOKAWA)。“「ジョージア」を片手に「週刊ジョージアを読む」”というスマホ時代にぴったりの新たな缶コーヒーブレイクを提案します。
 週刊ジョージア創刊にあわせ、エメラルドマウンテンブレンドシリーズ(「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド キレの微糖」「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド ブラック」 「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド カフェオレ」)の缶側面で、週刊ジョージア告知デザインを展開。1月27日(月)から発売します。
 本キャンペーンでは、TV-CM、スマホ・マガジンに加え、「ジョージア」ホームページ、ソーシャルアカウント、屋外広告やプレゼントキャンペーンなどで統合的なコミュニケーションを展開し、すべての働く男たちを応援する「ジョージア」のメッセージを訴求します。

1インテージMBI 缶コーヒー市場 20131月‐12月 全国・手売りチャネル 売上本数ベース

20140123-2-1

新キャンペーン「世界は誰かの仕事でできている。」キービジュアル


■2014年「ジョージア」新キャンペーン「世界は誰かの仕事でできている。」

 「ジョージア」は、2014年の新キャンペーンを1月27日(月)から展開してまいります。今回は「世界は誰かの仕事でできている。」というキーメッセージのもと、俳優の山田孝之さんをイメージキャラクターに起用。山田さんが鳶職やたこ焼き屋、営業マンなどの職業人に扮し、TV-CMなどを通じて、さまざまな職業の人たちの仕事によって、この世界が成り立っていることを表現すると同時に、働く男性一人ひとりをヒーローとして応援します。
 また、缶コーヒー市場 売上本数シェアNO.1 ブランド「ジョージア」が、エンターテインメントコンテンツ界のビッグネームKADOKAWAの協力のもと、今までにない新たなチャレンジとして、「ジョージア」を片手に“飲みながら読むスマホ・マガジン「週刊ジョージア」”を1月27日(月)に創刊します。「週刊ジョージア」では、情報誌やエンタメ雑誌、コミックなど幅広いコンテンツを保有するKADOKAWAの協力で、現場の最前線で活躍する男を取り上げるドキュメンタリー「働キング」や、働く男を勇気づける名作マンガ、スマートフォンでの操作に最適化された新しい形でのグラビアなど、働く男性が仕事の合間の休憩時に楽しめる魅力的なコンテンツを毎日提供。仕事の合間の5分間で元気を与える、働く男のための“読むサプリメント”として、年間を通じて発行します。各号の内容に合わせて、山田孝之さん扮する職業人が表紙を飾ります。
 またエメラルドマウンテンブレンドシリーズ(「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」、
ジョージア エメラルドマウンテンブレンド キレの微糖」、「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド ブラック」「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド カフェオレ」)の缶側面では、「ジョージア」のメッセージをデザインした告知缶も1月27日(月)から発売します。
 その他にも、屋外広告やトレインジャック、プレゼントキャンペーンなど、さまざまなコミュニケーションを展開します。

■キャンペーン第1弾TV-CM「マニフェスト」篇

 1月27日(月)から全国でオンエア開始する第1弾TV-CM「マニフェスト」篇では、ひたむきに働く日本の男たちの代表として、鳶職、たこ焼き屋、営業マン、配達業者、警察官、道路誘導員、ラーメン屋といった7種類の職業人が登場。これに子供の父親役を含めた一人8役を山田さんが演じています。CMの舞台は、賑やかな商店街。自動販売機で「ジョージア」を買おうとした父親(山田さん)が、小さな息子から「この世界は誰が作ってんのぉ?」と思わぬ質問をされるところから物語がスタートします。唐突な質問に父親が戸惑っていると、「俺だ!」、「俺ですね」、「俺でしょう」などと、商店街で働くあちこちの職業人から次々と声があがり、ついには彼らに刺激を受けた父親自身までもが「いや…俺だ…」と宣言する、コミカルかつ骨太のストーリーを通して、「世界は誰かの仕事でできている。」というキーメッセージを印象的に訴求していきます。

新TV-CM「マニフェスト」篇(30秒) ストーリー

商店街の片隅の自動販売機前にて
「ジョージア」を買おうとしているお父さん(オフのワーカー)に、子供が素朴な疑問をぶつけます。
「世界は誰が作ってんのぉ?」
唐突な質問にどう答えていいのか分からず、「誰って…」と言葉に詰まるお父さん。
すると、近くの建設現場にいた鳶職人がいきなり「俺だ!」と声をかけます。
「えっ」と驚いたお父さんが振り向くと、今度はラーメン屋が「いや、俺だ…」。
続いて、通りすがりの営業マンが「俺ですね」と、次から次へと声をかけていきます。
戸惑うお父さんをよそに、警察官が「いやいや俺だって」、たこ焼き屋が「俺でしょう」、
配達業者が「俺だよ」、道路誘導員が「俺忘れてねぇ?」と、続けざまに声をかけていきます。
さまざまな職業の人々による自信満々のコメントに触発され、負けじと声をあげるお父さん。
「いや…俺だ…」と「ジョージア」を握りしめて、自分に言い聞かせるように呟きます。
『世界は誰かの仕事でできている。 「ジョージア」』というナレーションが流れ、
「ジョージア」をひと口飲んで気持ちが昂ぶっているお父さんに、「いや、僕だ!」と声をかける子供。
画面に「週刊GEORGIA 1/27創缶。」のタイトルが映し出されます。

▼新TV-CM「マニフェスト」篇(30秒) ストーリーボード
20140123-2-2

CM撮影エピソード

 撮影は12月上旬、京王線下高井戸駅周辺にて、下高井戸商店街の全面協力により行われました。当日は冬晴れの空に恵まれるロケ日和になったものの、早朝はまだ気温が低く、セッティング中のスタッフの頬を何度も冷たい風が撫でていきます。「マニフェスト」篇で山田さんが演じる職業・役どころは、子供の父親をはじめ、鳶職、たこ焼き屋、営業マン、配達業者、警察官、道路誘導員、ラーメン屋の8種類。このうち、メインの父親のシーンを商店街の途中にある自動販売機前で数カット、それ以外を線路をはさんだ北口と西口に伸びる商店街のメインストリートでワンカットずつ撮影します。本番前の最終確認で、監督の「それぞれの登場人物に共通することは、“この世界は俺が作ってんだ!”と、自分の仕事に誇りを持っている点です」という言葉に深く頷いた山田さん。事前に何度も監督やスタッフと打ち合わせを重ね、各職業のインサイトについて自分なりにどう演じるのかを熟考してから現場入りしていたこともあり、顔の表情や仕草、口調などを職業ごとに演じ分け、衣装が変わると、身にまとう雰囲気、キャラクターさえもガラリと違って見えてくるほど、抜群の演技力を披露していきます。
 
 最初の鳶職とたこ焼き屋は、山田さんの無精髭を活かしたメイクで撮影。商店街の空き店舗にセットを組んだたこ焼き屋のシーンでは、まずはお手本とばかりに、たこ焼きを作ってみせるスタッフの様子を、山田さんが間近でじっと観察し、本番ではたこ焼きをひっくり返す手つきや仕草もすっかり様になっています。続く営業マンのシーンでは、もみあげ、あご、口の周りなどを覆っていた無精髭を剃って、スッキリした顔つきに。「俺ですね!」という台詞も爽やかに聞こえます。ちなみに、監督が重きを置いていた撮影ポイントのひとつは、山田さんが扮するさまざまな職業の人たちが、誇りをもって仕事に向き合っていること。そういった意味では見た目や仕草はもちろん、台詞の言い方も重要な要素になります。そこで、山田さんはそれぞれのキャラクターの違いを出しつつ、台詞の語尾を伸ばしたり、強弱をつけたりして、自分なりにアレンジ。時には「ここは『ですよ』ではなく、『ですね』と言う方がしっくりきます」などと、その場の状況に合うように台詞を変えたりして、独特のニュアンスを加えます。
 
 父親のシーンでは、小さな男の子との共演ということで、すっかりパパの優しい顔になる山田さん。とてもリラックスした表情が印象的で、子供の手を引いて、仲良く現場へ向かいます。「いや、ボクだ!」と子供が叫ぶシーンでは、山田さん自ら「こうすると大きな声が出るよ、真似してみて」と子供に直接指導する場面も。また、飲みカットはまさに豪快そのものといった感じで、監督曰く「今までのコーヒーCM史上、稀に見る力強い飲みっぷり」とのこと。「感情が高ぶっていく感じも表現してほしい」という監督の指示には、目線の高さの違いで、自分の中の前向きな気持ちを表すなど、表現力豊かなお芝居の連続です。

 配達業者、警察官、道路誘導員は、近隣の学校の通学時間帯や駅のすぐ近くという場所柄、ロケ地の周りに大勢のギャラリーが集結。騒然とした空気に包まれましたが、山田さんは常に高い集中力をキープし、圧巻の演技を披露します。そんな頼もしい姿に、「演技力に秀でた山田さんだからこそ、わずかなテイクでOKが出る。他の人ではこうはいかない」とスタッフも感心しながら見守っていると、監督の口からこの日最後の「OK!」という声が。スタッフとギャラリーから沸き起こった大きな拍手に、山田さんは「ありがとうございます」と笑顔で応えました。

■飲みながら読むスマホ・マガジン「週刊ジョージア」

 「週刊ジョージア」は、働く男に寄り添い、手のひらから応援する「ジョージア」の姿勢を具現化した、「ジョージア」を片手に“飲みながら読むスマホ・マガジン”です。仕事の合間の5分間で元気を与える、働く男のための『読むサプリメント』として、現場の最前線で活躍する男を取り上げるドキュメンタリー「働キング」や、働く男を勇気づける名作マンガ、スマートフォンでの操作に最適化された新しい形でのグラビアなど、大手出版社KADOKAWAの協力のもと開発したさまざまなコンテンツを毎日配信。年間を通じて刊行し、内容に合わせて、山田孝之さんが演じる48種類の職業人が表紙を飾ります。
 アクセス方法は簡単で、スマートフォンから無料の「週刊ジョージア」アプリをダウンロードするだけです。どなたでもコンテンツをお楽しみいただけます。また、アプリでは「ジョージア」の製品、または画像を読み込むことで、特典コンテンツにもアクセスできるようになります。コンテンツをフルに楽しめる 「スマートフォンアプリ版」と、気軽に体験できる 「スマートフォン用Webサイト」の両方で展開します。

20140123-2-3

■「週刊ジョージア」告知デザイン缶

 「週刊ジョージア」の創刊にあわせ、エメラルドマウンテンブレンドシリーズの缶側面で、「ジョージア」からのメッセージを掲載した「週刊ジョージア」告知デザイン缶を1月27日(月)より発売します。味タイプ毎に異なるメッセージは、「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」2種類、「エメラルドマウンテンブレンド キレの微糖」2種類、「エメラルドマウンテンブレンド ブラック」1種類、「エメラルドマウンテンブレンド カフェオレ」2種類の全7種類を用意。今後もさまざまな製品での告知デザインを予定しています。

20140123-2-4

■その他のキャンペーン施策
 「週刊ジョージア創刊記念 タフな男の7つ道具をゲット!」

 2014年2月末発売の「Play Station®4 ジェット・ブラック」や「週刊ジョージア」を読むのにも便利な「ジョージアオリジナルタブレット」、アウトドアでも「週刊ジョージア」を楽しめる「ジョージアオリジナル 防水スマホケース」などが、抽選で期間中合計3万名様に当たるプレゼントキャンペーン「週刊GEORGIA創刊記念 タフな男の7つ道具をゲット!」プレゼントキャンペーンを、2014年1月27日(月)から2014年3月16日(日)まで、全国で実施いたします。
 本キャンペーンは、どなたでも気軽にご参加いただけます。対象の「ジョージア」製品についている1ptシールを集めて、PC/携帯/スマートフォンから専用WEBサイトにアクセスし、好きな賞品を選んで抽選に応募できます。毎週変わるプレゼント賞品は、毎週月曜日10時に発表となります。
○実施期間 :2014年1月27日(月)10時~2014年3月16日(日)24時
○対象製品 :1ptシールのついている「ジョージア」製品
※ 誠に勝手ながら、シールのついていない製品は対象外とさせていただきます。
○参加方法 :パソコンまたは携帯電話・スマートフォンから、「ジョージア」専用WEBサイト
http://georgia.jp)にアクセスし、「ジョージア」製品についているキャンペーンシールの裏面に記載された16桁のシール番号を入力。必要ポイントをためて、好きな賞品を選んで抽選に応募し、当選すると応募時に選択した賞品を手に入れることができます。
○賞  品
<「週刊ジョージア」コース>
・3pt応募<1月27日(月)~> :「ジョージア」オリジナル缶型加温・冷温機(エメマンブラックデザイン)+
「ジョージア エメラルドマウンテンブレンドブラック」1ケース(185g缶×30本入り)付き 2,500名様
※2月3日(月)~、2月10日(月)、2月17日(月)~、2月24日(月)~、3月3日(月)~の週替わり賞品は各週月曜日の10時にキャンペーンサイトで発表いたします。
・25pt応募(3/10~) :スマホ連動「Play StationR4 ジェット・ブラック」 300名様
<共通コース>
・1pt応募 : 「ジョージア」 オリジナル防水スマホケース 7週間合計26,700名様
・10pt応募: 「ジョージア」 オリジナルタブレット 7週間合計700名様
○お問い合わせ先 :「ジョージア」キャンペーン事務局0120-084-509
 (平日10時~18時 /土・日・祝日を除く)
20140123-2-5

プレゼントキャンペーンキービジュアル


【ご注意】
ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
賞品は、予告無く内容・仕様が変更になる場合があります。
インターネット通信料・接続料はお客様の負担となります。
通信の際の接続トラブルにつきましては、責任を負いかねますので、ご了解ください。
コカ・コーラ社の社員および関係者はご応募できません。
その他、応募に関する注意事項は応募WEBサイト(http://georgia.jp)にてご確認ください。
本キャンペーンは日本コカ・コーラ株式会社が企画主催しています。ご入力いただきましたお客様の個人情報は、日本コカ・コーラ株式会社により管理させていただきます。キャンペーンの抽選及び賞品の発送、個人を特定しない形でのマーケティングデータ以外の目的では使用いたしません。
なお、景品表示法の関係上、重複当選を避ける目的のために、当選者リストを当該別キャンペーン主催者と参照することがあります。
その他の個人情報の取り扱いに関しては、日本コカ・コーラ社ホームページのプライバシーポリシーをご参照ください。

ブランドサイト 体験型コンテンツ「シゴトライアル」

 ブランドサイト(http://georgia.jp)では、「世界は誰かの仕事でできている。」というメッセージを、より身近に感じていただくための体験型コンテンツ「シゴトライアル」を展開いたします。
 もしあなたの仕事が「●●」だったら、というテーマのもと、さまざまな職業の1日を一人称視点でリアルに体験することができます。ユーザーがより理解・共感しやすくなるように、性格に関する質問など事前のアンケートによって、文章や掲載画像がその人向けにカスタマイズされるのも特徴です。職種は全部で24種類。隔週で新しい職種が追加されていきます。
 「シゴトライアル」での体験はFacebookやTwitterを通じて友達と共有することもできます。

屋外広告およびトレインジャックについて

 通勤や仕事の移動時に利用する、全国3都市(東京・大阪・名古屋)の主要駅に1月27日(月)より1週間、今回の広告キャンペーンの大型ポスターを展開。さらに、2月3日(月)~2月17日(月)までの期間、東京・山手線のトレインジャックを展開します。