20周年の感謝をこめて
高級豆エメラルドマウンテン豆100%使用プレミアムコーヒー
「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」
5月26日(月)から全国で数量限定発売

山田孝之さん主演「世界は誰かの仕事でできている。」シリーズ
新TVCM「商品開発者」篇(15秒)
5月27日(火)から全国で放映開始!

2014年5月19日


缶コーヒー市場売上本数シェアNo.1※1ブランド「ジョージア」の「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」は、1994年3月の発売以来20周年を迎えました。
そこで、20年間のご愛飲に感謝を込めて、FNC (コロンビアコーヒー生産者連合会)が認定した希少な高級豆「エメラルドマウンテン豆」を贅沢に100%使用した「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」を、数量限定で5月26日(月)から全国で発売します。

これにともない、「世界は誰かの仕事でできている。」キャンペーンのイメージキャラクターを務める俳優・山田孝之さん出演の新TVCM「商品開発者」篇(15秒)を、5月27日(火)から全国で放映開始します。

また、“飲みながら読むスマホ・マガジン「週刊ジョージア」”でも、5月26日(月)はエメマン発売20周年記念プレミアム号として、「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」開発秘話など特別企画を配信します。

TVCM、「週刊ジョージア」に加え、「ジョージア」ブランドサイトに「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」20周年特別サイトを開設、ソーシャルアカウント、屋外広告などで統合的なコミュニケーションを通して、すべての働く男たちに向けて「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」20周年の感謝を込めて、キャンペーンを展開してまいります。

※1 (株)インテージ MBI調べ 缶コーヒー市場2013年1月-12月累計 全国手売りチャネル ジョージアブランドシリーズ売上げ本数ベース

20140519-01

「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」キービジュアル


■「ジョージア エメラルドマウンテン ブレンド」発売20周年

1994年3月の発売以来、2014年で20周年を迎えた「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」は、コロンビアコーヒー豆生産量の2~3%※2にしか認証されない希少な高級豆「エメラルドマウンテン豆」を使用している唯一の缶コーヒーです。

2013年末までで累計5億6000万ケースを突破し、多くの方に愛され続けている、名実ともに「ジョージア」ブランドの顔といえる製品です。

※2 当社調べ

■「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」

「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」は、コク、香り、酸味のバランスに優れる「エメラルドマウンテン豆」の中でも、高品質とされるウィラ地区サン・アグスティン村産の豆を中心に、贅沢に「エメラルドマウンテン豆」だけを100%使用したプレミアムな缶コーヒーです。

コーヒーのおいしさを損なうのは「酸素(酸化)」と「熱」による風味の劣化です。上質な香り成分は酸素や熱に弱いため、長時間の加熱殺菌でダメージを受けて減少すると同時に、酸味・苦味が強くなり、飲みにくくなってしまいます。そこで、「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」は製造工程においても「脱酸素いれたてパック製法」を採用し、コーヒー本来の風味を保持しています。酸素を窒素に置換する「窒素置換」を徹底して行うだけでなく、「無菌充填」の実現により「超高温瞬間殺菌(UHT殺菌)」を可能にし、加熱殺菌時間の劇的な短縮に成功。酸素と熱によるコーヒーの香りと味へのダメージを削減しました。

パッケージは、「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」のパッケージでもメインカラーであるブルーを背景に、「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」シリーズのシンボルといえる「山」のイラストとロゴ、製品名を全てゴールドで配しています。プレミアム感をパッケージでもイメージした、上品なデザインとなっています。

「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」は、「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」20周年を記念して、すべての働く男たちへ20年の感謝の気持ちを送ります。

20140519-02

< 製品概要 >

製品名 ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム
品名 コーヒー
原材料名 牛乳、コーヒー、砂糖、香料、乳化剤、カゼインNa
栄養成分表示(100g当り):
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
35kcal 0.8g
0.9g
6g
51mg
カロリー 35kcal
パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税別): 160g缶/115円
発売日 2014年5月26日(月)
販売地域 全国


■「世界は誰かの仕事でできている。」シリーズ新TVCM「商品開発者」篇

5月27日(火)から全国で放映開始する新TVCM「商品開発者」篇(15秒)では、山田孝之さんが新製品「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」の開発に携わった研究者を演じています。製品化されるかどうかが決まる、運命の最終プレゼンに臨む山田さん。「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」を試飲する重役たちから「うまい」「プレミアムだ」との高評価を得ますが、山田さんが言いにくそうに、コストもプレミアムだと告げた途端、周りの顔色が一瞬にして険しくなります。コスト優先のために、自分たちが自信を持って作った、これほどおいしいコーヒーが、まさかこの場でお蔵入りになってしまうのか……。重役たちの反応に気おされつつも、研究者としての矜持をかけて、山田さんは「エメマン豆100%ですから!」と言い放ちます。「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」を開発した研究者たちの思いを背負って、熱いお芝居を繰り広げる山田さんと重厚感のある骨太なストーリーを通じて、「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」発売のニュースを印象的に訴求していきます。

▽新TVCM「商品開発者」篇(15秒) ストーリー
舞台は緊張感漂うオフィスのプレゼンテーションルーム。
重役たちによる新製品「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」の試飲会が行われていて、
外国人役員の一人が「Tastes good!(うまい)」
「This is premium.(プレミアムだ)」と絶賛しています。
高評価にホッとした表情を浮かべる山田さんら研究員たち。
その中で山田さんが言いにくそうに、「ただ、原料コストもプレミアムです」と発言します。
次の瞬間、サッと顔色が変わる重役たち。
先ほどの外国人役員の表情も険しくなります。
それでも「エメマン豆100%ですから」と何とか気持ちを伝えようとする山田さん。
エメマンプレミアム 限定発売」というナレーションと商品カットに続いて、
プレゼンが成功した山田さんが、安堵の表情で「プレミアム」を飲んでいます。

▽CM撮影エピソード

撮影は4月下旬、都内近郊にあるオフィスビル高層階の円卓会議室で行われました。今回のキャストは、役員側が外国人役員3名と通訳を含む40~60代の男女11名、研究者側が山田さんと、同僚の30代男女各1名ずつの計14名です。山田さんはワイシャツ、ネクタイの上に作業服、下はスラックスという衣装で登場。「おはようございます」と旧知のスタッフと挨拶を交わし、監督との打ち合わせに臨みます。まずは、自分以外のキャストが参加するオールテストの様子を見守り、ストーリー全体の流れを把握する山田さん。同時に、監督が要求する「不器用だけど、プレゼン中の表情や仕草、言葉から製品化したいという熱い思いが伝わってくるキャラクター」について、頭の中でイメージを膨らませます。

居並ぶ重役たちの前で「ただ…原材料費(原料コスト)もプレミアムです」と申し訳なさそうに発言するシーンでは、「ただ…」という台詞の後、どのぐらい間を空けるかにこだわる監督に対して、「2秒半から3秒半の間ですね。分かりました」と頷いた山田さん。長すぎても短すぎてもNGになる繊細なタイミングの台詞に、目線を落ち着きなく動かしたり、眉間に少しシワを寄せたりといったアドリブをつけていきます。その場の雰囲気に気おされながらも、意を決して発言しようとする主人公。その心の動きが目に浮かぶような抜群の演技に、周りのスタッフの視線も釘付けです。

今回のCMの山場となるのが、山田さんが「エメマン豆100%ですから」と言い放つ場面。監督が「この台詞がポイントになる」と語る大事なシーンだけに、セッティング中も何度も練習して、言い回しを確認します。ところが、ひと息で言うのがとても難しい台詞のため、さすがの山田さんも、本番一発目は台詞の途中で噛んでしまい、一瞬恥ずかしそうに後ろを向いた後、「あっ、ごめんなさい。もう一回お願いします」と、この日初のNGテイク。
さらに、次のテイクもなかなかスムーズにいかず、「ダメですね」と今度は悔しそうにうつむきます。それでも「このくらい勢いがある方がいいですよね?」と、監督に尋ねて同意を得ると、あとは台詞を噛まないように極限まで集中力を高め、立て続けにOKテイクを連発。勢いに乗って、「20周年ですから」という台詞違いもあっという間に監督からOKが出ます。

飲みカットでは、事前に監督から「飲み終わりの“ハッ”というため息にすべての感情を込めてください」という指示を受ける山田さん。プレゼンが成功した安堵感を、一瞬の表情や仕草でいかに表現できるか、信頼を寄せる監督とワンテイクごとに話し合い、細かいニュアンスを加えていきます。そして、静寂の中に響き渡る山田さんの安堵のため息に、じっと耳を傾けるスタッフ一同。監督のOKを聞いて、嬉しそうに微笑んだ山田さんの表情が、今回の撮影の成功を物語っていました。


▽新TVCM「商品開発者」篇(15秒) ストーリーボード

20140519-03


■エメマン発売20周年記念!「週刊ジョージア」プレミアム号


株式会社KADOKAWAの協力により今年1月末に創刊した、「ジョージア」を片手に“飲みながら読むスマホ・マガジン” 「週刊ジョージア」では、「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」発売20周年を記念した特別号“プレミアム号”を配信します。この号では、現場の最前線で働く男を取り上げるドキュメンタリー「働キング」に「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」の開発担当者である日本コカ・コーラ株式会社の社員が出演、開発秘話を語るほか、「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」の20年間のブランドヒストリーやパッケージデザインの変遷なども紹介します。さまざまな業界の第一線で活躍している方たちが成功するまでの道のりを語る「ほろ苦インタビュー」では、今年活動20周年を迎えたロックバンドGLAY・TAKUROさんのインタビューを紹介します。また、読者世代の心に響く懐かしのものをピックアップする新連載「オレのコレクション」では、「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」が発売された1994年当時に流行っていたものを紹介。「プレイステーション」や「10.8決戦」など、あの頃、アツかったものを紹介します。

20140519-04

■20周年特別サイト開設

ブランドサイト(http://georgia.jp)では、「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」20周年特別サイトを開設します。1994年の「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」発売当時から時系列に「エメマン」と働く男たちが歩んだ20年間を紹介するほか、「エメマンヒストリー」として、歴代「エメマン」のパッケージデザインの変遷を紹介。また、「エメマン」のおいしさの秘密をひもとく「エメマン豆秘話」や「ジョージア エメラルドマウンテン プレミアム」の紹介などを展開していきます。