コカ・コーラ」ボトル生誕100周年

2015年は年間で“サイコー!”キャンペーン

コカ・コーラ」は、これまでの100年、そして
これからの100年もあなたの“サイコー!”の瞬間のそばに

1月26日(月)からキャンペーン第一弾“Heritage”スタート

2015年1月19日


 2015年、「コカ・コーラ」ボトル誕生から100年を迎えます。1886年に米国ジョージア州アトランタで誕生した「コカ・コーラ」。1915年に誰もが簡単に「コカ・コーラ」だと識別できるように“コンツアーボトル”と呼ばれるボトルが開発されました。この独特の形をしたボトルによって、100周年を迎える今も「コカ・コーラ」は世界でも、日本でも、数多くの人々に愛され続けています。
 コカ・コーラシステムでは、「コカ・コーラ」ボトル誕生から100周年を祝し、2015年は“サイコー!”をコンセプトにしたキャンペーンを通年で展開します。キンキンに冷えた「コカ・コーラ」を飲んだとき、その爽快感から思わず出てくる一言で、ハッピーな時や特別な瞬間を体験した時を表した言葉です。2015年1月26日(月)から、その第一弾として“Heritageヘリテージ)”キャンペーンをスタート。“Heritage”とは、英語で伝統や財産を意味し、「コカ・コーラ」ボトルが愛されてきた100年の歴史として訴求していきます。マリリン・モンローエルヴィス・プレスリーなどの往年のスターから現代の私たちまで飲んでいるというストーリーを布石に、これからの100年も「コカ・コーラ」が愛され続けるように消費者との絆を紡いでいきます。
20150119-001

■100年の歴史をもつ「コカ・コーラ」ボトルとは
 「コカ・コーラ」は、1886年に誕生以来、ソーダファウンテン(薬局と喫茶店、お菓子屋をひとつにした当時の独特の店)でグラス売りされていましたが、その後びん詰めで販売されるようになり、ビジネスの可能性が広まりました。しかし、人々の生活の一部に欠かせないものとなっていく一方、模倣品が増えたため、1915年に「暗闇で触ったときにもそれが、『コカ・コーラ』のボトルとわかるもの」をコンセプトに、新しい形状のボトルを誕生。それが、“コンツアーボトル”と呼ばれる「コカ・コーラ」独自のボトルです。
 “コンツアー(Contour)”とは、「輪郭」と訳され、「コカ・コーラ」で意味するコンツアーとは、“コカ・コーラ独特の曲線や形状を表す輪郭・姿”ということです。
 「コカ・コーラ」ボトルは、カカオ豆のイラストからヒントを得てデザインされました。また、緑色がかったガラスが特徴的で、この色は、ザ コカ・コーラ カンパニーの本社が所在するジョージア州の森にちなんで、“ジョージア・グリーン”と呼ばれるようになりました。
 「コカ・コーラ」ボトルの形状は、100年経った今でもほとんど変わることなく、おいしさと爽快感をはじける炭酸といっしょに詰めて、世界中の人々の特別な瞬間に最高の笑顔を届けています。
■2015年の“サイコー!”キャンペーン第一弾は“Heritage
 2015年は“サイコー!”をテーマに、一年間かけて「コカ・コーラ」ボトル生誕100周年を盛り上げていきます。この年間キャンペーンには、これまで長く愛されてきた「コカ・コーラ」が、これからも世界や日本の人々の“サイコー!”の瞬間のそばで、たくさんのハッピーと“サイコー!”の笑顔を届けていくというメッセージが込められています。
 その第一弾として立ち上がるのは、「コカ・コーラ」がもつ歴史に焦点をあてた“Heritage”キャンペーンです。これまで100年もの間、多くの人たちに愛され続けてきた「コカ・コーラ」ならではの歴史をTVCMや広告で表現し、参加型のデジタルコンテンツや駅貼り広告の展開で消費者を巻き込んでいきます。広告に登場するマリリン・モンローエルヴィス・プレスリー三浦知良さん、そして笑顔の人たちは時代も世代も異なります。そんな彼らが“サイコー!”の笑顔で手にするのは「コカ・コーラ」。「コカ・コーラ」ならではの過去から現代のコラージュで、今後の100年も長く愛される「コカ・コーラ」への期待感を高めていきます。
■「マリリンも、エルヴィスも、みんな『コカ・コーラ』を飲んでいた」TVCMをオンエア
 1月26日(月)からは新TVCM「Heritage」篇(15秒/30秒)を全国で放映開始します。マリリン・モンローエルヴィス・プレスリーなど、誰もが知っているスターたちも愛した「コカ・コーラ」。TVCMでは、彼らが「コカ・コーラ」ボトルを手にしている写真や日本のタレントとして初めて「コカ・コーラ」のTVCMに出演した加山雄三さんの映像を交えながら、「コカ・コーラ」ボトルの100周年を祝福します。さらに、サッカー選手の三浦知良さん、水泳選手の北島康介さん、そして  「コカ・コーラ」とともに“サイコー!”の瞬間を味わっている多くの人たちの様子を過去から現在へと切り取っていきます。
 100年という時間が経過しても、「コカ・コーラ」は、変わらず多くの人たちに愛されている。そしてこれから愛されていくだろう。そんな「コカ・コーラ」のアイデンティティを印象的に表現したストーリーになっています。
三浦知良さん、北島康介さんのインタビュー
 今回のTVCMで新たに撮りおろした三浦さんと北島さんに長く愛されている「コカ・コーラ」についてそれぞれの思いをお伺いしました。
Q.「コカ・コーラ」ボトルには、100年もの歴史があります。それぞれに思い入れがあると思いますが、三浦さん、北島さんの「コカ・コーラ」の思い出をお聞かせください。
A.三浦さん
「ブラジルでプレイしているときの話ですが、ブラジルでは、有名なチームも、サントスや他のチームも、半分以上のチームが『コカ・コーラ』をスポンサーに付けていました。自分もその『コカ・コーラ』のユニフォームを着て、ブラジル選手権に出たときに、プロになった実感がすごく湧いてうれしかったです。ブラジルには、『コカ・コーラ』が食卓に常にありましたし、多くのブラジルのサッカー選手が『コカ・コーラ』を飲んでいたので、僕も当時よく飲んでいました。練習が終わってからチームメイトと一緒にバールで飲んだり。ブラジルでは毎日お肉が食べられるので、『コカ・コーラ』を一緒に飲んでいたので生活の一部でもあったと思います」
A.北島さん
「僕と『コカ・コーラ』の付き合いは、物心ついたときからです。プロの水泳選手として所属させてもらったのもコカ・コーラ社で、もう10年近くの付き合いになります。やっぱり、一番の思い出は『コカ・コーラ』のジャージを着て、アメリカで試合に出たときに、子どもたちや向こうの選手たちが『すげぇかっこいいじゃん!なんで、北島それ着てんだ?』っていうような反応をしてくれたのがすごく嬉しくて、一番の思い出です。
コカ・コーラ』はいつもおいしくて、食事するときはもちろん飲みますし、練習終わった後に炭酸(飲料)を飲みたいなと思ったら、やっぱり『コカ・コーラ』を飲みます」
コカ・コーラ」Youtube公式アカウント(https://www.youtube.com/cocacolapark)でも、たくさんの貴重な映像がご覧いただけます。
20150119-002

●新TVCM「Heritage」篇(30秒)
20150119-003

■あなただけのオリジナルポスターが作れるデジタルコンテンツ“Coke & Me”を展開
 「コカ・コーラ」のWEBサイトでは、“Heritage”キャンペーンの一環として1月26日(月)からユーザーの皆さんに「コカ・コーラ」ボトルの長い歴史を体験してもらえるデジタルコンテンツを展開します。
 パソコンやスマートフォンで「コカ・コーラ」のWEBサイト(http://cocacola.jp)にアクセスし、あなたが「コカ・コーラ」を飲んでいる“サイコー!”の瞬間の写真をアップロードして、名前を入力してください。すると、WEB上で“Heritage”キャンペーンの広告ビジュアルと同じデザインフォーマットで、あなたの写真が入った、世界でひとつだけのオリジナル広告ポスターを作成することができます。しかも、「コカ・コーラ」のブランドカラーと同じ、赤色部分のみ浮き上がる特殊なポスターです。作成したポスターはfacebookやTwitter、LINEなどのSNSですぐに友達にシェアすることが可能。SNSのアイコンとして使える画像サイズにも変換することができます。また、タグをつけることで仲間同士のグループ画像も閲覧することができます。
 「コカ・コーラ」ボトル100周年キャンペーンのデジタルコンテンツ“Coke & Me”は、「コカ・コーラ」ボトル100年の歴史に、みんなが参加することを呼びかける、「コカ・コーラ」を飲む人みんなが主役のコンテンツです。
20150119-004

20150119-005

■全国に「コカ・コーラ」が溢れる! 全国各地でスペシャルグラフィックを展開
 “Heritage”キャンペーンの広告が全国の駅などで大きく展開されます。世界でも、日本でも、100年間多くの人々に愛されてきた歴史を物語るマリリン・モンローエルヴィス・プレスリーなどのスターが、「コカ・コーラ」ボトルを手にしたグラフィックが、全国各地に溢れます。
 東京メトロ丸ノ内線新宿駅のメトロプロムナードでは、1月26(月)から2月1日(日)までの期間、14メートルにもおよぶ大型ポスター広告が2面掲出されます。その一部に大型モニターが設置され、1月26日(月)に開催される撮影イベントに参加された方の写真がこの大型モニター面に映し出されます。掲出初日となる1月26日(月)の正午(予定)から、「コカ・コーラ」を飲んで“サイコー!”な瞬間を味わっているあなたの姿を撮影します(イベントのご参加者には「コカ・コーラ」ボトルを無料配布します)。
 この撮影会に参加することで、マリリンエルヴィスと並んで、あなたが“Heritage”キャンペーンの大型ポスター広告の中に仲間入りし、「コカ・コーラ」ボトルの歴史の一部となります。
 ※1月26日(月)に撮影した写真が2月1日(日)まで繰り返し流れます。
 ※撮影イベントのご参加者には肖像権に関する同意書にご署名いただきます。
 ※「コカ・コーラ」ボトルは撮影会のご参加者に無料でお楽しみいただけます。
 ※製品が無くなり次第、イベント終了とさせていただきます。
20150119-006

<製品概要>
製品名 コカ・コーラ
品名 炭酸飲料
原材料名 糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン
栄養成分表示(100ml当り):
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
45kcal 0g 0g 11.3g 0mg
パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税別):2.0LPET/340円、1.5LPET/320円、
1.25LPET/275円、1.0LPET/232円、500mlPET/140円、300mlPET/115
発売日 2015年1月26日(月)
販売地域 全国

製品名 コカ・コーラ ゼロ
品名 炭酸飲料
原材料名 カラメル色素、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、
アセスルファムK、スクラロース)、香料、カフェイン
栄養成分表示(100ml当り):
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム 糖類
0kcal 0g 0g 0g 7mg 0g
パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税別):2.0LPET/340円、1.5LPET/320円、
1.25LPET/275円、1.0LPET/232円、500mlPET/140円、300mlPET/115
発売日 2015年1月26日(月)
販売地域 全国
20150119-007